« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月30日 - 2010年6月5日 »

2010年5月23日 - 2010年5月29日

2010年5月29日 (土)

切符入れ Vol.11 東京北鉄道管理局「旅はあなたが主役」(その4完)

おはようございます。

昨日は早めに寝てしまったので、5時前に目が覚めてしまいました。朝練に行こうと思ったのですが、あまりにも暗いので断念。今日は大人しくしていることにしましょ。

さて、少し時間が開いてしまったのですが、『切符入れ 東京北鉄道管理局「旅はあなたが主役」』の最終回です。

最後は「いい日旅立ち」の時代のものとなります。

※これまでの経緯を知りたい方は、こちらから一覧してください。

Photo

こちらが今回の表です。キャンペーンが「いい日旅立ち」となりました。

谷村新司の曲『いい日旅立ち』を山口百恵が唄い、大ヒットとなったキャンペーン。曲のスポンサーとなった日本旅行と日立製作所のそれぞれの会社名が『いい日旅立ち』『いいち』という話もありますが、作詞作曲の段階でそこまで意識されていたかはかなり怪しいところですね。

この回では、「★指定席券はおでかけの1ヵ月前からの発売」というコピーが入っていますが、その昔、手作業で予約台帳により管理されていた頃は1週間前の発売でしたから、マルス化により指定券の発売が飛躍的に改善されたことが分かりますね。

Photo_2

さて、裏面ですが、これが大どんでん返しの結末です。昭和53年10月以降に印刷されたものらしく、特急列車の形式・形態はそのままですが、ヘッドマークがイラスト化されています。「はくつる」の列車名はそのままですが、ボンネット型の方はなんと「はくたか」に変わってしまいました。

長らくの間、形態的には存在しなかったボンネット型「やまびこ」を6年間も使用し続け、ここに来てやっと形態的に整合する「はくたか」となりました。ただし、「はくたか」には向日町運転所の485系が使用されていたことから、金沢運転所に運用が移管されて489系になってからの整合性ということになります。

「はくつる」もイラストマーク化されましたが、開放型タイフォンは未修正のままです。イレギュラーにより一時期は正しいスタイルとなったものの、このイラストマーク化後にこのスタイルの車両は既に存在していませんので、またも架空の組み合わせとなってしまいました。

Fe4のシービーさんが、これ以外にも同シリーズの切符入れを持っているとのことです。そのうちアップしてくれると思いますので、アップされた時点でトラックバックをしていただくか、ご紹介記事をアップして改めてリンクを貼るなりしたいと思っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
また雨じゃ~!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年5月27日 (木)

昭和な診療所

こんばんわ。

今日も外回りでした。思いっきり日差しを浴びているのに、何故か雨に遭って傘を差して歩きました。ふざけんな!

待ち合わせに時間があったので、街の風景を見ながら歩いていると、昭和を感じさせる看板の診療所を発見。

220527

携帯電話のカメラで撮ったので画像が悪いんですが・・・。

医院ではなく、もちろん病院でもなく、「診療所」っていうのが良いですね。公共機関では町や村の「診療所」っていうのを聞きますが、都市部ではあまり聞いたことがありません。

右側に写っている行灯の看板が絶妙な昭和を感じさせます。良いですねぇ~。

あまりキレイ過ぎて「儲かっている」みたいな医院に比べ、如何にも地域のために開業しているような町医者。学校が近くにもあり、きっと地域に貢献しているのでしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄ネタじゃないけど、よろしくね!

| | コメント (8)

2010年5月25日 (火)

2が並ぶ~~~(その7) 北総鉄道「2並び記念入場券」

こんばんわ。

今さら何を?という題名の記事ですが、これには理由があるんです。

世の中が記念行事的な騒ぎとなった平成22年2月22日。私めのブログにおきましても、

2が並ぶ~~~(その1) キハ2222

2が並ぶ~~~(その2):記念入場券セット『釧網本線の旅』

2が並ぶ~~~(その3) 地元で22:22

2が並ぶ~~~(その4) キハ22222

ヘタレな結果の「22222」に「222」のオマケ付き!

2が並ぶ~~~(その6) 郵便書簡:消印

といった内容の記事をここぞとばかりアップしてみたわけですが・・・過去ログを調べてみましたら、題名に誤りが見つかって玉突き的に修正をしてみましたら、何と関連記事を6つもアップしていたんですね。

で、Fe4のシービーさんがこんな私めのために私鉄の記念入場券を購入していてくれたわけです。しかし、考えてみたら昨年末の忘年会以来お逢いする機会がなく、5ヶ月振りにお逢いすることとなり、やっと手元に来たのでご紹介ということになったわけです。

今回は北総鉄道発行の『2並び記念入場券』をご紹介したいと思います。

Photo

ネコの顔がかなり不細工な印象の表紙ですね。2つ折の厚紙表紙で、上が裏表紙となります。2だから「ニャー」みたいな?ってことでしょう。

Photo_2

こちらは見開きにしたところです。「ニャーゴ」っていうのが発想の基になっていたわけですね。単純ですが、良く考えましたね。各車両からナンバーを無理矢理切り取って並べた発想も、なかなか個性的ですね。

入場券は切り込みに差してあるだけですが、こぼれ防止のためか、専用のビニール袋に入っていました。

Photo_4 こちらは入場券単体です。

発行は東松戸駅となっており、B型硬券で(北総鉄道)の会社名も表示されています。地紋は赤地で「HOKUSO」の自社専用のものとなっています。北総開発時代から硬券があったのかどうか分かりませんので、復活様式なのか特別様式なのか、私は存じません。

当券は記念入場券であるため、有効期間が発行当日ではなく幅を持たせていることから、「利用当日1回限り有効」という独特の表示がされています。しかし、1回の利用時間が2時間である旨の表示は無くて良いのでしょうかね?

Photo_5 こちらは入場券の裏面になります。

惜しかったですね。もう少し早く買っていれば、番号も「2222」になっていました。

裏には有効期間が表示されており、「利用当日1回限り有効」の記述もありますが、やはり「2時間まで」の記述はありません。「自動改札機は通れません。」の文言は、今の時代の首都圏の事情を色濃く反映していますね。

しかし、北総開発鉄道が北総鉄道に変わって6年近くにもなるんですね。初めて知りました・・・coldsweats02

シービーさん、ありがとうございました。もう一組も近いうちにアップいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

明日は夕立に注意だそうです!

| | コメント (2)

2010年5月24日 (月)

西武鉄道 富士見台駅:券売機発行の普通入場券

こんばんわ。

昨日は沢山の方にアクセスいただき、ありがとうございました。

今日は地味ですが、私的に初めての試みであった大手私鉄の券売機入場券です。

4月から外回りの多いセクションに異動となり、移動時間やお昼休みを兼ねて撮影に高じる機会が増えたわけですが、先般、初めて西武沿線へ行く機会があり、写真を撮ってきました。

ただし、行った先が西武池袋線の富士見台駅であり、この区間、実はかなり昔から高架線であることを忘れていました。沿線の公園でお弁当を食べていたのですが、電車の通過音は聞こえるものの、電車の姿を見ることは出来ません。

時間もあることだし、仕方なく駅まで戻り、大手私鉄では初めて入場券を購入して駅撮りをしてきた訳です。

Photo_2

スキャニングの読みでは見づらかったので、少し濃い目に画像を加工しています。

記載事項は入場券の体裁を守っていますが、何故か駅から→の「入場券」行きみたいな表示になっています。基本を乗車券スタイルにしてしまったんですね。

JRの場合であれば、国鉄時代を通して入場券の体裁を成していたものですが、ここまでスタイルを共通化してしまうと、さすがに入場券としては違和感のあるスタイルですね。まあ、そこが面白いところでもある訳ですけど。

大手私鉄の入場券は初めてなので、こういうものを見てしまうと他の駅、他の会社がどうなっているのかやはり気になってしまいます。実際に入場するのでなければ100円以下で変えてしまうので、今は金欠病がひどくて困難ですが、今後は新しい楽しみが増えるかもしれません。いずれにしてもまた散在の材料となってしまう訳ですが・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年5月23日 (日)

JRおおみや鉄道ふれあいフェア2010:券売機体験乗車券

こんにちわ。

うさぴょんのマル鉄回顧録』におきまして、「JRおおみや鉄道ふれあいフェア2010」関連記事のアップを始めたところですが、今回訪問しましたところ、「大宮駅」「券売機」と記されたコーナーがありました。午前中に徘徊した時には気が付かなかったのですが、午後の回で偶然通りがかりました。

普通だったら写真すら撮らないようなブースでしたが、様子を見ているとどうも券売機から切符を出して貰っているようなので、収集癖の血が騒いでしまい、シービーさんと一緒に並んでしまいました。

券売機の写真を撮り忘れてしまったのですが、最近の機種で「入場券」だけが画面に表示されており、一応「130円」の表示もあったようですが、お金を入れずにタッチパネルを触ることができ、切符が出てきます。

Photo こんな感じです。

地紋がないので、タダの食券のようにも見えてしまう、どうにも乗車券や入場券には見えませんね。日付印があるため、かろうじて切符の様式であることが窺えるくらいです。

今までに大宮駅関係のブースというのは気にも留めたことがないので、全然知りませんでした。今回が初参戦なんでしょうかね。

まあ体裁はともあれ、イベント名も入っていれば日付も入っていますので、何でも集めてしまうオジサンにとっては良い記念になりますね。

次回は「ダッチング体験」ということで、硬券を用意していただけると有難いですhappy01

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月30日 - 2010年6月5日 »