« 記念入場券 【さよなら EF52】(昭和50年) | トップページ | 江ノ電 マグカップ »

2010年12月18日 (土)

記念入場券 【さよなら EF52】(昭和50年) その2完

おはようございます。
何というアクセス数の暴落でしょうか?
別に良いですけど・・・。

マイペースで前回の続きです。

Photo

大型旅客機!なのに貨物列車を牽いている姿、思いっきり不自然ですね。
でも、阪和線ではその後もEF58が貨物を牽いたりしていましたね。特殊な線区です。

Photo_2

裏面はEF52の誕生の経緯が書かれています。

Photo_3

こちらは側面からの写真。やはり貨物列車を牽いています。
横から見ると車体が長げぇ~!動物に例えるとダックスフンドとかイタチですね。

Photo_4

こちらの裏面は性能諸元が書かれています。
7両誕生と書かれていますが、その後2両が追加されています。性能(ギア比)も違っていたので、記載を省略してしまった用ですね。

Photo_5

最後の4枚目はお顔の写真。

Photo_6

こちらはEF52が国産機関車の奔りであることにちなみ、他の国産機関車の仲間を紹介しています。
記述中、「ED10」と書かれているところが2箇所ありますが、これは明らかに「EF10]の誤り。誤植というよりは、間違って原稿を書いてしまったものと思われます。

当時の記念乗車券は、はっきり言って使わせる気がない印刷物でしたね。日付が印刷されており、しかも発売当日のみ有効。その後は記念入場券であろうとも、大体は長期間の有効期限を定めるように改まっています。もっとも、当時でも30円は安かったですけどね。

全く縁がなかったEF52ですが、EF57が全廃となり、益々デッキ付の機関車に憧れを感じた時代でした。後には最後のデッキ付となるEF59の撮影にも3回くらい行きましたね。
渋すぎですが、やはり往年の旧型電気はカッコイイです。

EF52のトップナンバーが交通科学館に保存されています。1度だけ訪問した時に写真を撮った筈ですが、ストロボが同調しないという不調に見舞われ、オシャカで終ってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
チョコ色機関車!

|

« 記念入場券 【さよなら EF52】(昭和50年) | トップページ | 江ノ電 マグカップ »

切符(記念切符・記念券関係)」カテゴリの記事

コメント

国産初の大型電気機関車でしたね。
こういった技術の開発で、後の電気機関車の礎となったのでしょう。
交通科学館、私も行きましたが、何故かクハ86しか撮っていなくて、このEF52がどこにいたのかも覚えておりません(笑)

投稿: シービー | 2010年12月20日 (月) 23時33分

シービー様
実は私もこのEF52が居たかどうか、あまり記憶に残っていないんです。ストロボが同調しなかったんで、室内写真の記録が全く残っていないんですよね。なので非常に曖昧。

投稿: キハ181つばさ | 2010年12月21日 (火) 20時50分

EF52の入場券までお持ちなんですね。
ダックスフントかイタチねー…、言われてみればそう見えるかもしれない。
車体の長い旧型旅客用電機はEF58もそうですけど2軸貨車がずらずらくっ付くとなんか滑稽ですね。
EF52は見たことあるし模型まで持ってるくらい好きでしたが59はいかんせん広島なんで行って撮れませんでした。

投稿: 金太郎 | 2011年10月24日 (月) 23時50分

金太郎様
返コメ遅くなってしまい申し訳ございません。
10軸の機関車の音、懐かしいですね。その昔、EF58とEF57重連の20軸音が響いていた頃を思い出します。
今だとEHがありますが、残念ながら線路のつなぎ目がなくて、その音を聞くことが難しくなってますね。

投稿: キハ181つばさ | 2011年10月28日 (金) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記念入場券 【さよなら EF52】(昭和50年) | トップページ | 江ノ電 マグカップ »