« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

エラー券? 友部駅発行「ひたち18号」区間常備 指定席特急券

こんにちわ!

掃除が捗りません。このまま汚い部屋で新年を迎えることになりそうです。

年内は最後の更新になります。
ですので、今日は指定券ネタをアップしたいと思います。

Photo

常磐線友部駅発行の「ひたち18号」指定席特急券?です。

閑散期の特急券ですので、地紋はオレンジとなっており、同駅ではメジャーな上野駅までの区間常備となっています。
本来は「みちのく」が既に廃止になっておりますので、「ひたち 号」も印刷式になっていて問題ない訳ですが、これは57・11改正以前の名残でしょうか?

問題となる点が2つあります。

1つは、券題が「指定席特急券」となっていることです。
本来、特急は全車指定席であるという概念から、「特急券」自体が指定席であることを指します。ですので、この場合は「指定席」という表示をする必要はなく、逆に自由席の場合に「自由席特急券」と表示することになっています。

ただし、例外として新幹線が登場後間もなくして「指定席特急券」として使われるようになりました。
新幹線の場合、「ひかり」「こだま」相互の乗継が想定されており、2列車の指定席を1枚の券で発行できるようにしたため、指定席の表示が裏面に記載されるようになりました。表は日付や区間のみなので、自由席特急券と間違えないように「指定席特急券」と表示されるようになったと考えられます。

在来線の特急ではこのような制度はありません(過去、北海道への連絡特急券で2列車併記の例はありました。)ので、この例のようなケースとしては誤記であると言って良いと思います。
このような例は、常磐線の他、房総地区でも見られるようです。

もう1つ気になるのが、小児断片の「閑特」の横に表示されている「○区」という記号です。
ここには一般的に距離表示(100kmまでは「①」、150kmまでは「⑮」、200kmまでは「②」など)がされており、他にも窓口番号や発売箇所(「○み」はみどりの窓口)が表示される例はありますが、この「○区」という表示は謎です。

Photo

過去ログでご紹介いたしました「ひたち」のグリーン券ですが、こちらはセオリーどおりの表示になっていることがご理解いただけると思います。

コレを手に入れた時期というのは特に知識がなかったため、ほんの数年前までは全く気がつきませんでした。今まで他人にプレゼントして手放したものの中にも貴重な乗車券類があったのかもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

年内の更新はこの記事をもって終了いたします。
この1年、ご訪問いただきありがとうございました。
また来年もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
※返コメは年内にも行います。

| | コメント (4)

2010年12月29日 (水)

私的名曲選 Vol54 『ROBOT(ロボット)』 by 榊原郁恵

こんばんわ。

今日は年末のお掃除大会を開催するつもりです。多分、大変です。合間に撮影もしなきゃいけないし。

さて、急に思い出してしまったんで、これを聴いてください。

もう何年も前からオバさんタレントとして活躍している榊原郁恵さんですが、その起源はバリッバリのアイドルでした。
ご存知だとは思いますが、ホリプロタレントスカウトキャラバンで第1回優勝を果たして芸能界入りしています。

高田みづえさん、清水由貴子さんと同期デビューの3人娘と呼ばれ、各々活躍していたのも懐かしい思い出です。

私事ですが、私はそれほど榊原郁恵さんって好きではありませんでした。まず、曲がアイドルにありがちなおチャラケ系でしたから、覚えて歌いたいとも思わない曲ばかりでしたね。その点、高田みづえさんの方が大人っぽい曲も歌っており、歌唱力もやはり上だったと思います。

でも、そんな郁恵さんの曲の中でも、この「ROBOT」は心に残りました。曲調や歌詞はおチャラケ系ですが、当時流行ったテクノポップを上手く取り入れたリズミカルな曲。
ヘッドホンでお聴きいただくと分りますが、シンセの音が左右交代で行ったり来たりします。それなりに楽器の位置というのが決まっていたりするもんですが、ここまで音を遊ぶ例というのはあまり無かったように思います。
それと、1人で奏でるハーモニー部分が非常に好きでした。今聴くと、やはりカワイイ声をしていますね。この声は今でもそれほど変わっていないように思えますが、笑いがやはりオバさんになったかな(笑)。私よりも年上ですからね。

テクノポップの奔りの時代、色んな曲に反映して行きましたが、まず思い浮かぶのがこの曲です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2010年12月28日 (火)

オレンジカード:蒲田車掌区作成 103系絵柄

おはようございます。

ここ数日は年賀状の作成に追われていたので、ネタを用意できませんでした。

ちょっと前にスキャニングしていたオレンジカードの中から、今日は珍しい車掌区作成物をご紹介いたします。

6211

京浜東北線を所管する蒲田車掌区作成のオレンジカードです。
額面は1000円カードで、裏面を見ますと、発行は昭和62年11月となっています。

103系京浜東北線が多摩川橋梁を渡っている写真ですね。
103系電車が京浜東北線から撤退して久しいですが、やはり地元が京浜東北線沿線ですから、懐かしさがこみ上げてきます。

当時はオレンジカード収集の全盛期でしたから、各地で目新しいカードが発売されるようになりました。その中でも、車掌区や保線区など、現場で作成したと見られるオレンジカードがひっそりと発売させており、手に入りづらいレアアイテムとなっていました。

その後は、北海道辺りで良く見受けられるようになった気がします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2010年12月26日 (日)

郵便局 貯金箱「虹色ポスト」

こんばんわ。

今年、女房が年賀状を買いに行ったら、こんな貯金箱を貰ってきました。

221200

かなり小さめの貯金箱です。

「虹色ポスト」ってちゃんとタイトルを持っており、その名の通り7色あるようですね。

過去、定額を積んだり、同じように年賀状を大量に買ったりしても、せいぜいティッシュとか油取紙くらいしか貰った記憶がないんですけど・・・。

問題は7色揃えられる買い物はありませんし・・・中に入れるお金が無い!

残念!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年12月25日 (土)

いただきもの:2008年運転「SL南房総」「DL南房総」:販促用ステッカー

こんばんわ。

クリスマスというわけではありませんが、今日もいただきもののご紹介です。

221218

2008年の冬に運転された、臨時のSL列車「SL南房総」「DL南房総」の販促用ステッカーらしきものです。

先日の忘年会の際にいただいたものですが、沢山あったのごっそりいただいてきちゃいました(笑)。

沢山ありますので、抽選で5名様にプレゼントいたします・・・ウソです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

事故現場その後・・・クリスマスなのに「ゆず湯」・・・だからクリスマスだって!

こんばんわ。

今日は盛り沢山だって・・・ネタが。

先般、『いつもの撮影場所が事故現場・・・』って記事をアップいたしました、早いものでもう1ヶ月近くも経つんですね。

今日、何気に気付いたんですが・・・

221224

キレイに直っていました。

ガードレールもキレイだったので、新品に代えられたようです。
加害者は見つかっているのでしょうかね。

ところで、クリスマスですね。

我が家では23日にクリスマスケーキをいただいてしまいました。

忘れていたものがあります・・・

「ゆず湯」!

冬至はもう一昨日になってしまいますね。
風呂に入った時、「ゆずが無ぇ・・・」とは思ったのですが・・・

昨日も「ゆずが無ぇ・・・」

女房曰く、「お母さんから貰っていたのに、すっかり忘れちゃって・・・」

ということで、我が家ではクリスマスにゆず湯に入ります。

どうせ我が家は日蓮宗だから、クリスマスなんてただのケーキを食べる祭りナンスよ。

過去ログからクリスマスソングを・・・

私的名曲選 Vol26 『クリスマス・イブ』by山下達郎 JR東海 X'mas Express 歴代CM

私的名曲選 Vol25 『雪にかいたLOVE LETTER』by菊池 桃子

クリスマス・・・なんて罪な日なんでしょう。モテない人間には無くて良い日です。御慈悲なんてありませぬ。

ミニスカートのサンタおねぇさんに萌えてしまう年齢。ジジィにロマンスはありません・・・。

♪ 真っ赤なお鼻の サンタさん 今日を酒飲んで 酔っている ♪

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年12月24日 (金)

いただきもの 253系「成田エクスプレス」ティッシュボックス

こんばんわ。

年賀状の印刷中で、この時間も起きています。休みだから良いんだもんねぇ~。

さて、12月18日に開催されたFe4+3の忘年会でいただいたプレゼントのご紹介です。

221218

シービーさんからいただきました。

253系の展開図的なグッズ。初めは何だか分りませんでした。
家に帰って良く見て、初めて納得。

1個だけだったらこのままコレクションとして未使用のまま保存となりますが、今回は2個もいただきましたので、1個は組み立ててみました。

221218_2

平べったくて、空港内の幅広送迎バスを思い出します。(笑)

外観は軟質プラスティック?製ですが、内部に紙製の別パーツが付いています。付属の輪ゴムと組み合わせると、パンタグラフのように押し上げる構造になっており、ティッシュが少なくなるに連れて、取り出しやすいように底を上げてきます。なかなか大した優れものですね。

さっそくデスクの引き出しで稼動しています。祝253系復活(笑)!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年12月21日 (火)

京成スカイライナー 2代目AE ストラップ?

こんばんわ。

またいただき物ネタです。

前回の仕事上のテツの集まりでいただき物『江ノ電 マグカップ』をご紹介いたしましたが、今回はコレです。

221214

カワイイ京成『スカイライナー』のぬいぐるみです。

これって、ストラップなんでしょうか?でも、この鎖って携帯には通らないような気がするので、キーホルダーと言うか、アクセサリーということなんでしょうかね。

こういったもの、得てして使わないで保存に徹してしまうつばさですが、間違って成田から海外に飛び立つ時は、旅行カバンに付けていくことにしましょうか・・・

パスポート、未だに持っていないですけど。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

このほかにも、金町のHさんからはカレンダーをいただきました。オリジナルのです。
これはアップしてしまうと、使用写真からHさんの本名がバレてしまう恐れがあるので、アップは控えさせていただきます。

お土産をいただきました先輩方、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2010年12月20日 (月)

お友達のご紹介・・・風景印をお好みの方へ

こんばんわ。

今日はお友達をご紹介いたします。

嗚呼、日本の何処かで・・・

なんとも言い難いタイトルのブログですが、内容は郵便の風景印を紹介しているサイト
でございます。

何故この人を?

要は私の隣に座って仕事をしているヤツでございます。

私は風景印というものは1度しか自分で貰った記憶がありません。

なので、全てにおいて共感できるわけではないんですけど・・・

その手のコレクションをしている方は、是非訪問してみてください。

如何にも怪しいアバターを使っていますが、本人は極めてフツーのヤツでございます(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2010年12月19日 (日)

江ノ電 マグカップ

こんばんわ。

本来は全くお酒を召し上がらないつばさです。
とは言うものの、忘年会シーズンというのは必ずやって来るもので・・・。

12月中に3回の忘年会が、昨日まで1週間内に3回という、胃腸的にハードスケジュールでした(笑)。

第1回目の忘年会は、仕事上のテツの集まりです。部長・課長・課長補佐と、私の上司ばかりですね。でも、テツの間では遠慮なくお話できるのが嬉しいです。そしていつもお土産をいただいてしまうのですが・・・私は今回はネタが無く、貰うだけでした(謝)。

今日ご紹介いたしますのはコレ。

221214

江ノ電のマグカップです。

何種類か色があるようですが、私はこの緑色をいただきました。
いただいた方はご自宅が鎌倉なので、至近というわけではないでしょうが、まあ地元のお土産でもあるわけです。
娘が小学生の時、江の島水族館に行ったのが最後でしたね。それ以来訪れてはいません。

私は湯呑み派では無く、マグカップ派です。
湯のみはお茶しか使えない気がしますが、マグカップはコーヒー、紅茶、スープ、味噌汁、そしてもちろん日本茶でも、何でも使える便利さが好きなんです。

女房は我が家随一の破壊者。壊されないように、しばらく使わないことにいたします。(笑)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2010年12月18日 (土)

記念入場券 【さよなら EF52】(昭和50年) その2完

おはようございます。
何というアクセス数の暴落でしょうか?
別に良いですけど・・・。

マイペースで前回の続きです。

Photo

大型旅客機!なのに貨物列車を牽いている姿、思いっきり不自然ですね。
でも、阪和線ではその後もEF58が貨物を牽いたりしていましたね。特殊な線区です。

Photo_2

裏面はEF52の誕生の経緯が書かれています。

Photo_3

こちらは側面からの写真。やはり貨物列車を牽いています。
横から見ると車体が長げぇ~!動物に例えるとダックスフンドとかイタチですね。

Photo_4

こちらの裏面は性能諸元が書かれています。
7両誕生と書かれていますが、その後2両が追加されています。性能(ギア比)も違っていたので、記載を省略してしまった用ですね。

Photo_5

最後の4枚目はお顔の写真。

Photo_6

こちらはEF52が国産機関車の奔りであることにちなみ、他の国産機関車の仲間を紹介しています。
記述中、「ED10」と書かれているところが2箇所ありますが、これは明らかに「EF10]の誤り。誤植というよりは、間違って原稿を書いてしまったものと思われます。

当時の記念乗車券は、はっきり言って使わせる気がない印刷物でしたね。日付が印刷されており、しかも発売当日のみ有効。その後は記念入場券であろうとも、大体は長期間の有効期限を定めるように改まっています。もっとも、当時でも30円は安かったですけどね。

全く縁がなかったEF52ですが、EF57が全廃となり、益々デッキ付の機関車に憧れを感じた時代でした。後には最後のデッキ付となるEF59の撮影にも3回くらい行きましたね。
渋すぎですが、やはり往年の旧型電気はカッコイイです。

EF52のトップナンバーが交通科学館に保存されています。1度だけ訪問した時に写真を撮った筈ですが、ストロボが同調しないという不調に見舞われ、オシャカで終ってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
チョコ色機関車!

| | コメント (4)

2010年12月16日 (木)

記念入場券 【さよなら EF52】(昭和50年)

こんばんにゃ!

今週は飲めもしないのに忘年会続きで、更新がすっかり滞ってしまいましたね。

先般、少しスキャニングをしておきましたので、その中からメチャ古いネタをご紹介いたします。

Photo

晩年、阪和線を中心に活躍していた戦前型の電気機関車、EF52の引退に合わせて発売された記念入場券です。

発売自体が昭和50年ですから、私ですら小学生です。地域も思いっきり関西ですし、全くゆかりの無い機関車ですが、小学生の頃から知っていました。ただ図鑑にのっていたという理由だけで。

昭和3年から製造が開始され、総勢で9両が誕生しています。このうち2両は高速仕様とてギア比が異なっていたため、EF528・9→EF541・2と形式が変更されています。さらに、太平洋戦争よる貨物需要に供出する対象となり、ギア比を貨物仕様に変更し、EF141・2に再び形式が変わり、他の1~7号機とは別の道を歩むことになります。

元々それまでの電気機関車は全てが海外からの輸入で、信頼性が低いものが多く、一方で国内メーカーの技術の発達から国産化していく方針が打ち出され、EF50やED53を参考に製作した経緯があります。大型の国産旅客用電気機関車の始祖とも言える形式で、その功績は大きいものとなります。

Photo_2

運用で最後を飾ったのが7号機で、当時の電気機関車としては珍しく、さよなら運転が実施されています。電気機関車のさよならイベントの始祖ともいえるようです。しかも急行列車に充てるというのも、なかなか大掛かりなイベントだったんですね。
裏面には、さよなら運転の運用及び時刻が記載され、ファンの気持ちに応えた素晴らしいサービスです。

Photo_3

記念入場券の1枚目をご紹介いたします。
側面図が記載され、寸法も表示されています。全長は20800mmですので、電車としてもまだ20m車が誕生していませんので、当時の機関車としてはかなり巨大なボディーだったんですね。その後のデッキ付機関車と比べても非常に長く感じます。

Photo_4

こちらは同券の裏面になります。
EF52各車の廃車日が記載されており、こちらも資料として親切ですね。
元の8・9号機は、EF14型機関車として大阪駅の入換専用車となり、近く居ながらも大変地味な扱いを受けていました。昭和48年に既に廃車されており、EF52の仲間には入れてもらえなかったようですね。

記念入場券的なことは何も記しませんでしたが、今気付いたことがあります。
発行が和歌山駅旅行センターとなっており、駅ではないんですね。この時代、こうした企画は旅行センターが行っていたのでしょうか、これから事例が出てくれば推測が出来るんですけどね。

記事ボリュームが多過ぎましたので、2回に分けてアップいたします。
続きをお楽しみに!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年12月12日 (日)

切符入れ Vol.21 国鉄「愛の国から幸福へ」

こんばんわ。

先日、『JR北海道 オレンジカード「愛の国から幸福へ」』で「愛の国から幸福へ」のオレンジカードをご紹介いたしましたが、当時のものとしてなかなか貴重な逸品をご紹介したいと思います。

Photo

おそらく、芹洋子さんがこの曲を発売した当時に作成されたと思われる切符入れです。

私も小学生の頃、特に朝の番組とかで良く聴いた記憶があります。今でもそのメロディー、歌詞は覚えていますね。

Photo_2

こちらは袋を開いたところです。「話題の新曲」となっていますので、発売されて間もなく作成されたものでしょうか?この曲に対し、国鉄の息が掛かっていたのかまではわかりませんけど・・・。

いずれにしても、この曲が当時それなりに流行、語呂合わせや縁起切符の話題性を先取りし、ローカル線ブームの火付け役になったことは間違いありませんね。

ついでに曲をご紹介しておこうと思います。

芹洋子さんの『愛の国から幸福へ』 です。

印象に残る曲なんですけど・・・

実際の国鉄広尾線「愛国→幸福」はたったの2区間10kmです。
各駅停車だからゆっくりと歩みましょう♪、荷物は分けて持ちましょう♪みたいな~

小学生ながらに「無理がある曲だなぁ」なんて思ったりしました。←醒めてる・・・。

まあ、それは別として、今日、各地であやかっている縁起シリーズの始まりとも言える大きな出来事だったんですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年12月11日 (土)

感激してしまった・・・京葉線「潮見駅」普通入場券

こんばんわ。

親ブログ『うさぴょんのマル鉄回顧録』がメンテナンス中に付き情報を入れられません。
そんなことで、今日はこちらをウェイトを置いてみます(笑)。

先日、娘の水泳大会へ応援で辰巳国際水泳場に行った際、京葉線潮見駅での撮影の様子を『2010.12.05 とりあえず京葉線』でアップいたしました。撮影に当たっては外からの入場となったので、入場券を買い求めました。

貧困で現金を使うのが勿体無かったので、手持ちとオレンジカードを使おうと思ったのですが、券売機に「入場券」のボタンがありません。
窓口氏に尋ねると、『すみません、券売機では買えないんで、こちらで買っていただくことになります。』との返事。
オレンジカードを使えないのが癪(しゃく)ですが、仕方ないので窓口購入となりました。

『それでは、○月○日、大人で1枚ですね。ありがとうございます。』と

Photo

使わないで記念に持ち帰ると思ったんですかね・・・こんな指定券を入れる袋にわざわざ入れてくれたんです。年配の職員の方でしたが、非常に丁寧で親切でした。

たった30分程度しか撮影できなかったのですが、会場に戻らなければいけないので、出場です。
せっかくなので入場券を記念に持ち帰ろうと思い、例の窓口氏に申し出ました。

すると、

『では、使用済みのハンコを押すことになるのですが、2種類のゴム印がありまして、こういうものと、こういうものがありますが、どちらにしましょうか?』

窓口氏は、手元のメモ紙にそれぞれのゴム印を押して示してくれました。

一つは「乗車記念」とデザインされたゴム印、もう一つはシンプルな「本券無効:潮見駅」(だったと思う。)なものでした。

『じゃあ、記念のこちらの方で・・・』と返事をすると、
もう一度メモ紙にキレイに押せるか確かめてから、

『どの辺りに押しましょうか』

『じゃあ、ここの空白のところで』

『ここでよろしいですね?』

と、指を差しながらゆっくりと。

Photo_2

『どうぞ、ありがとうございました。』

『ありがとうございます。』←こちらこそ!という意味で。

今ではどこの駅でも大抵は丁寧な対応で乗車券類を記念に貰うことができますが、乗降客が少なくて余裕があるとはいえ、ここまで丁寧に対応していただけると、こちらが恐縮してしまいますね。(笑)

たった1枚の普通入場券ですが、思い出に残るものとなりました。
ここに書き留めたことによって、しばらく(ブログを続けている間)は忘れることは無いでしょうね。

潮見駅窓口氏に感謝いたします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2010年12月 9日 (木)

JR北海道 オレンジカード「愛の国から幸福へ」

こんばんわ。

このところダウンが早くて、更新が滞ってしまってすみません。
一昨日だったかな、いつもより気持ちに余裕があったので、少しネタをスキャニングしてました。本当に久し振りです。

その中から、今日はオレンジカードをご紹介したいと思います。

Photo

JR北海道釧路支社発行のオレンジカードです。
題目は「なつかしの 愛の国から幸福へ」で良いのかな?
裏面の記号を見ると1987年(昭和62年)になっていますので、まだそれほど「なつかしい」時代にはなっていないように思うんですけど(笑)。

単に観光用のD型入場券・乗車券を並べただけの図柄なんですけど・・・

愛国駅と幸福駅が存在した国鉄広尾線は、昭和62年2月1日限りで廃止となっておりますので、この記念乗車券の日付も当日を示しており、単純ながらも密かにこだわりを感じることが出来ます。

私も広尾線には2回目の渡道の際に乗っており、マル鉄回顧録で記事を書いております。

ローカルな風景 第35回 (国鉄:広尾線)

暇があったら覗いてみてください。

愛国から幸福へのシリーズは、他にもいくつか用意できそうです。おってご紹介したいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年12月 6日 (月)

【発売予告】フリー塗装 バスコレクション2台セット?

おはようございます。

珍しく土日の更新が滞ってしまいました。

またネタの準備が追いつかないので、発売予告にて失礼いたします。

「ザ・バスコレクションオープンパッケージ」と題した新しい発売形式のようで、第1弾と銘打っていることから、もしかしたら今後のスタイルになるのかもしれません。

Photo 

2台セットA  いすゞBX352・BA741

Aセットはいすゞ車をラインアップ。いすゞBA741は完全新規金型で登場します。

Photo_2

Bセットは日野車をラインアップします。日野BH15は完全新規金型で登場します。

説明書きはコピペです。
かなり古い時代の設定ですので、SLを中心に楽しんでいるモデラーにはストラクチャーとして良いかもしれません。
ただ、せっかく新規に金型を起こしてまで作りこんでいるのに、何故ここにきて「フリー塗装」にしたのか疑問です。改造用や色替えようとしてならば、むしろ無塗装の方が良いかもしれませんし、正直なところ、意図が読み取れません。

この後も続くようですが、果たしてこのような販売形態で売り上げが出るのでしょうか?

ちなみに、発売は平成23年3月だそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年12月 2日 (木)

私的名曲選 Vol53 『With』 by 中島みゆき

こんばんわ。

またまたネタが準備できていないので、今日は名曲選にしたいとおもいます。

まあ、そう言わないで、心安らぐ曲ですので聴いてくださいマシ。

あまりスローな曲は好みで無いので、この曲もそれほど頻繁には聴きません。
この曲も知らなかったのですが、たまたま他の曲を聴きたくてアルバムCDを買ったら入っていたんですよね。
なんともみゆきさんらしい壮大なスケールの曲です。これまたみゆきさんらしいしつこいくらいの繰り返し曲ですが、きれいなコーラスとギターのエンディングなど、最後まで聴かせてくれる曲です。

思い出、思い入れはありませんが、素直に心が和みます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

私的名曲選 Vol37 『孤独の肖像』 by 中島みゆき

私的名曲選 Vol34 『やまねこ』 by 中島みゆき

| | コメント (0)

2010年12月 1日 (水)

ネクタイピンシリーズ(その6):つくばエクスプレス 開業前?

こんばんわ。

先日、初めて「つくばエクスプレス」に乗車する機会があり、『久し振りに鉄道に感動した・・・つくばエクスプレス』という記事で感想を表したところですが、これに関連して、つくばエクスプレス関連のグッズをご紹介したいと思います。

Photo_2

位置を直さないで撮影してしまったので、構図が悪くなっちゃいましたね。

記事に書きましたように、同鉄道の開業に携わった知り合いからいただいたものです。(お金を払ったかどうかまでは忘れました。)
いただいたのが開業前だったか、開業後だったのかも良く憶えていません。

ケース内に「首都圏新都市鉄道㈱ 商品化許諾済」の断りがあることから、これは同鉄道が作成して販売又は頒布したものではなく、この商品を販売する目的で製作した会社、或いは同鉄道の構成団体である自治体・企業、又は協力会や弘済会などが作成したものではないかと考えられます。

さらに、実際の販売目的であれば、このような目障りな断りをわざわざケース内に入れるのも不自然なので、おそらくは販売目的ではなく、関係者に頒布したのではないか、と考えるわけです。

入手経路が不明な分、ちょっと面白みのあるグッズであります。
ちなみに、現在の同社では、このようなネクタイピンは発売していないようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »