« はとバス ボールペン&シャープペン | トップページ | 駅弁ネタ「ふらのとんとろ丼」 »

2010年11月11日 (木)

超危険な歩道橋(武蔵小金井駅前)

こんばんわ。

久し振りに街の風景シリーズです。

今日は午前中に武蔵小金井駅から現場に向かいました。
お昼近くに仕事を終え、武蔵小金井の駅前に戻ってきたとき、こんな風景を見ました。

2211111

武蔵小金井駅の北口、バス乗り場の辺りになります。
駅側は中央快速線の複々線化工事のため、逆光で見えづらいですが、慌しい状況になっています。

バス乗り場付近からは横断歩道が無く、歩道橋を使用することになるんですが・・・。

2211111_2

心霊写真ではありません(笑)。良く「腰から下が無くなって透けてる!」なんていうのがありましたね。

バス乗り場上空で歩道橋がスパッ!となくなっています。おぉ怖・・・。

2211111_3

もちろん、階段の上り口は立ち入り禁止でしょう。こんなところを歩いてきたら大変なことになっちゃいますね。(笑)

かなり長い期間、こうなっているようですが、半年近く前に通り掛ったときにはまったく気が付きませんでした。

工事がすべて終了した際には、反対側から新しく歩道橋を設けて接続するのでしょうが、左右で構築時期が違う、工法や強度が違ったりすると、維持管理が難しくなったりしないのでしょうかね?

完成時の様子が楽しみです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« はとバス ボールペン&シャープペン | トップページ | 駅弁ネタ「ふらのとんとろ丼」 »

街の風景」カテゴリの記事

コメント

合成写真?と思っちゃいました。
掛け替え中とは言っても、下はフツーに通ってるんでしょうから
くぐる車両はスリル満点!

投稿: | 2010年11月11日 (木) 23時38分

舞様
まあ、重さで左右のバランスが取れますから、危険なことはないですがね(笑)。橋梁を掛ける方法でも、左右のバランスを取りながらT字型に製作しながら繋げていくという工法もあります。
普通は全撤去なんでしょうが、このように残してあるのは珍しいかも。きっと比較的新しい歩道橋なんでしょうね。

投稿: キハ181つばさ | 2010年11月13日 (土) 17時38分

これは、バスを撮っていてこの歩道橋の存在に気がついたのでしょうかぁ~。
JR川崎駅東京方の跨線橋も、こんな感じになってましたが、今はどうなってるのかな。

3ポツンなり。

投稿: ,シービー | 2010年11月13日 (土) 18時59分

おはようございます。
歩道橋=ペデストリアンデッキ=の架け替えなどの工事とかで、写真のような尻切れトンボになってる光景は私もこれまでに幾つかのトコにおいて見た経験がありますけど、コレとは逆になりますが昭和57年頃の新幹線が出来た頃の改築間もなかった大宮駅西口駅舎の現在のそごう寄り出入口付近=将来のことを考慮して出入口扉はあったものの、この辺りのデッキ自体は再開発途上により未取り付けでしたので当然ながら扉は閉鎖=を思い出してしまいます。
それでは、この辺をもちまして失礼します。

投稿: 宮オオ | 2010年11月14日 (日) 02時30分

シービー様
この辺りのバスはイマイチ面白みがありません。これは歩道橋を歩いているときに同僚と二人で同時に気が付きました。この同僚もこうしたネタに興味があるようです。

投稿: キハ181つばさ | 2010年11月14日 (日) 13時57分

宮オオ様
街中を歩いていると、たま~にですが、不自然な光景に出会うことがありますね。
将来計画が途中で止まったような場所ですと、出会う確率は多いかもしれません。
どこだか忘れましたが、外回り先で2階にドアが付いて開け閉めが出来るようになっているのに、デッキや階段が一切無い出入り口がありました。昔は階段が付いていたのだと思いますけど。

投稿: キハ181つばさ | 2010年11月14日 (日) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はとバス ボールペン&シャープペン | トップページ | 駅弁ネタ「ふらのとんとろ丼」 »