« バスコレクション 西日本車体工業96MC 5台セットA | トップページ | ネクタイピンシリーズ(その6):つくばエクスプレス 開業前? »

2010年11月29日 (月)

いつもの撮影場所が事故現場・・・

こんばんわ。

昨日はまたダラダラと過ごしてしまったので、午後はリハビリがてら撮影に行ってきました。

スノ・ラビさんからの情報で、いつも撮影している場所の直ぐ脇が事故で破壊!されていることは知っていましたが、ここまでとは・・・という印象でした。

221128

現場の状況からすると、

西川口方向から猛スピードで突進、直角カーブで構成された交差点を曲がりきれずにガードレールに衝突、縁石を掘り起こし、バンパーを落とすほど衝撃するも止まり切れず、さらに歩道を突進、ガードレールを歩道の内側からなぎ倒してやっと止まった。

ってところでしょうね。

現地を通り慣れた者ならここが直角カーブになっていることは知っている筈なので、普段通り慣れていないヤツでしょうね。しかも、信号が無い一直線だから調子に乗って飛ばしてきたのでしょう。夜中、ヘッドライトに突然飛び込んできたガードレールと植え込みに驚いてハンドルを切ったものの止まりきれなかった。

普通、非常事態のときはハンドルを切るより先にブレーキを踏むと思います。それでも止まりきれないということは、常識を遥かに超えるスピードで走っていたのでしょう。或いは、運転の慣れない、場合によっては無免許の可能性もありますね。

現場では何の防護もされずに放ったらかし状態ですので、場合によっては事故の届出もされていない可能性があります。

ここは普段でも、特に夕方は人通りがあるところなので、状況次第では人身事故に繋がっていた可能性も十分にあります。状況からして暴走運転、許せないですね。

よりによって定番撮影地の直ぐ脇、折りしも沖電気の文化彩の日であったため、家族連れが沢山通り、注目の的となってしまいました。甚だ迷惑なことです。
物損事故だけにしても、これだけやれば復旧にかなりのお金が掛かりそう。バンパーを置き去りにしていく辺り、まともな人間じゃないでしょうね。これも私たちの税金で直されるのかと思うとアタマに来ます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« バスコレクション 西日本車体工業96MC 5台セットA | トップページ | ネクタイピンシリーズ(その6):つくばエクスプレス 開業前? »

街の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バスコレクション 西日本車体工業96MC 5台セットA | トップページ | ネクタイピンシリーズ(その6):つくばエクスプレス 開業前? »