« イルカの乗った郵便ポスト | トップページ | 小笠原村営バスのバス停 »

2010年9月12日 (日)

小笠原村 イルカのカラー桝(ます)蓋

こんばんわ。

今日も小笠原ネタの続きになりますが、可愛いイルカの親子をあしらった小笠原村下水道の汚水桝(おすいます)の蓋の写真です。

220905

カラーでお金を掛けているな、という印象ですが、メイン通りだからと言うことでしょう。この通り以外はカラー版ではない同様のデザインの蓋が使われていました。

参考までに、マンホール蓋(人孔蓋)は、その名の通り管(又はトンネルなど)に人が出入りするための施設に係る蓋を指します。
このような公私道の下水管同士の合流点や宅内の汚水管との合流点に設置される人が出入り出来ない施設は桝(ます)と言い、これに設置される蓋を桝蓋(ますぶた)と言います。
マンホール(人孔)は大概は90cm以上ありますので、それより小さいものは桝(ます)として区別が出来ると思います。ちなみに、マンホールも桝(ます)も、丸型だけとは限りません。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村

本編イルカウォッチングの記事はこちらから → 『小笠原 イルカウォッチング

|

« イルカの乗った郵便ポスト | トップページ | 小笠原村営バスのバス停 »

街の風景」カテゴリの記事

コメント

新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。
マンホールしかり枡しかり等と様々なスタイルの蓋がありますが、私は自治体マークの入っている蓋に注目しており、とくにいわゆる平成の大合併において消滅した自治体のマークには写真を撮るなどしてますけど、大概の蓋は鋳鉄製なので半永久的使用に耐えうるから、記録を残すのにもってこいの蓋ではないかと思います。
それでは、この辺にて私は失礼させていただきます。

投稿: 宮オオ | 2012年1月 2日 (月) 09時44分

あけましておめでとうございます。
なるほど、そこまで考えていませんでしたが、旧自治体名も文字なら判りやすいですが、マークだと元々のマークの記録が自治体そのものから消えてしまうので、データ的な保存と言うか、記録が難しいかもしれませんね。

投稿: キハ181つばさ | 2012年1月 3日 (火) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イルカの乗った郵便ポスト | トップページ | 小笠原村営バスのバス停 »