« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

時刻表ネタ 昭和55年 国鉄胆振線 循環急行「いぶり」

こんばんわ。

本当に久し振りの時刻表ネタです。

昨日、「マル鉄回顧録」にて『ローカルな風景 第43回(国鉄 胆振線:キハ22253)』という記事をアップしたところですが、こ れにちなんで、同線を走っていた大回り循環急行「いぶり」を時刻表からご紹介したいと思います。

今は急行すら片手に入るだけしか残っていませんが、昭和の時代は全国をくまなく網羅しておりました。
その中でも、発駅と終着駅が同一となっている、いわゆる循環列車が存在していました。
身近なところで言うと、長野←→信越本線←→小海線←→中央本線←→篠ノ井線←→長野を走る急行「のべやま」と「すわ」(回る方向で愛称が異なる)と、遠く九州の別府←→日豊本線←→豊肥本線←→鹿児島本線←→日豊本線←→別府(大分)を結んでいた急行「火の山」辺りが有名でした。

これと同様の列車が北海道にもあり、札幌←→千歳線←→室蘭本線←→胆振線←函館本線←→札幌を結んでいたのが急行「いぶり」です。

19807

※昭和55年7月号、交通公社時刻表から。

急行「いぶり」は、1日1往復(というか、双方向回りで1組。)が定期で設定されていました。超ローカル線である胆振線においては、唯一の急行列車となります。札幌から千歳線へ向けて発車する列車と、札幌から逆に倶知安方面に向けて出発する列車の1組が設定されていましたが、列車名は同一となっており、特に区別されていません。どちらに出発する列車も「上り列車」といのも、循環急行である面白さですね。

説明では札幌から千歳線・室蘭方面へ発車する列車のみを図示しております。
この時点においては千歳線もまだ電化されておらず、札幌から室蘭方面へのアクセスは、もっぱら急行「ちとせ」が担っていました。短編成の急行「いぶり」がこの区間を単独で走るのはあからさまに無理がありますので、急行「ちとせ」を主体とする列車にぶらさがる形になるのは当然ですね。しかもこの急行「ちとせ」は、元々が室蘭行きを主体に、洞爺行きを併結しておりますので、本体の「ちとせ」と併せて3階建となっています。

また、図示はしておりませんが、伊達紋別から胆振線を走破後、倶知安からは急行「らいでん」に併結されるため、急行「いぶり」として単独で走るのは、胆振線内のみとなっています。

同列車は編成の全てがグリーン車を含めて自由席となっているため、時刻表にも編成表が載っていません。私が胆振線に乗ったときには既に急行が廃止されていたため、どのような編成で走っていたか、大変興味のあるところです。

昔はこのような無駄とも思える経路の急行列車が沢山走っていたのですが、さすがに特急列車になってまで存続するケースは無いようですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2010年9月27日 (月)

切符入れ Vol.19 「新幹線0系:新宿駅観光センター製作?」

こんばんわ。

雨ですね。今日は外回りなんですが、昼休みに撮影できるチャンスでもあるので、非常に困ってます。週間予報じゃ大丈夫な筈だったんですがね。

さて、1ヵ月半振りの切符入れシリーズです。

Photo

国鉄時代の新幹線0系を掲載した切符入れです。
表紙下部に、『旅に関する情報のデパート・・・新宿駅東口1回の「観光情報センター」をご利用ください。』となっていますので、この「観光情報センター」または新宿駅に配置するつもりで製作した切符入れと考えられます。
ただ、当時の記憶として、「観光情報センター」なんて存在も知りませんし、もちろん、行った記憶もありませんので、精々新宿駅のみどりの窓口辺りで手に入れたものと思われます。

Photo_2

こちらは表紙を開いた状態です。
過去ログの例のとおり、NETテレビ(現:テレビ朝日)放映の番組「みどりの窓口」の宣伝を掲載しているところから、おそらく昭和48年~50年くらいの間に手に入れたのではないかと思われます。

裏表紙には東海道新幹線米原駅付近の雪害対策を説明が掲載されています。当時としてもこのような専門的内容をPRしていたんですね。当時としては一般的ではなかった広報ですが、今のような鉄道ブームの中では当たり前過ぎるくらいのPRに受けて取れます。時代も随分と変わったもんですね。

Photo_3

裏はカネボウ化粧品のトラベルセットのCMです。大きさがどの程度か分かりませんが、品数と値段を比較すると、当時としては結構なお値段だと思います。今の物価に合わせると、男性用で8千~1万円くらいになるでしょうか?

このような国鉄製作の切符入れは、管轄は多少分かるものがあっても、特定の駅やエリアまではなかなか判断の付かないものが多いのですが、このように、ある程度の的が絞れる切符入れはあまり見られないように思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
季節違いですが・・・

| | コメント (4)

2010年9月25日 (土)

友部駅発行「ひたち」:特急券・グリーン券 乗車区間常備

おはようございます。

当ブログの本筋的な国鉄指定席券関係の記事が1ヶ月もアップしていませんでしたね。面白みのあるものではありませんが、久々のご紹介となります。

Photo

常磐線友部駅発行の「ひたち22号」特急券・グリーン券です。

一般的な当時の特急券スタイルですが、友部→上野の乗車区間が常備(印刷)となっているのが特徴です。また、同区間は特急料金が安くなっているB特急区間となっておりますので、左上に「B」の表示があります。

短い区間にもかかわらず、乗車区間が常備になっている点につきましては、過去ログ『「ときわ」 急行券・指定席券・グリーン券』をアップした際に菅沼天虎さまからご案内がありましたとおり、周辺のゴルフ場からの利便性が良く、需要がかなりあったというような環境によるものだと思われます。当時は景気が完全に上向きの頃ですから、さもありなんという感じですね。

それにしても、これほどの短区間でありながら、当時の金額で乗車券以外に4000円も払うなんて、かなりリッチな感じがしますね。今なら特別快速でグリーン料金(ホリデー料金)を払っても、かなりリーズナブルに思います。

特急「ひたち」に関連して、以下のような記事もアップしています。

「ときわ」 急行券・指定席券・グリーン券

急行「もりおか」:急行券・グリーン車指定券

昭和60年 特急「ひたち」:東海駅発行種別違い2種

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2010年9月22日 (水)

私的名曲選 Vol48 『恋のバカンス』『恋のフーガ』 by ザ・ピーナッツvsW(ダブルユー)

こんばんわ。

手持ちネタがどんどんと底尽きてきましたので、今回は早めの名曲選です。

語るも懐かしい、というか、タイムリーにはちょっと無理のある「ザ・ピーナッツ」のヒット曲である『恋のバカンス』。1967年ということですから、私は小学校にも入っていません。何故知っているかといえば、やはり「語り継がれているから」としか言いようが無いでしょうね。

昔は、ヒットした曲はしょっちゅう様々なシーンで歌われましたから、かなり広い年代層に行き渡っていたと思います。

まあ、でもこの曲の良さが分かるのは、多分、大人になってからなんでしょうね。小学生から見ても、「双子のおばさんが唄ううるさい歌」くらいにしか思っていなかったように思います。
誤解されては困りますが、「うるさい」というのは、ある意味「類まれな歌唱力がある」と言って良いと思います。

さすがに音響とかアレンジとかは今の時代と比較するのは酷ですね。しかし、当時はコンピュータで作る音なんてありませんから、すべてが人間の奏でる生の音だったわけですね。今にだって通用するようなメロディーですから、リバイバルされるのも納得がいきます。

さて、もう一曲好きな歌があります。それは『恋のフーガ』。
モノマネ番組などでも良く使われましたね。

こちらは今は亡き「W(ダブルユー)」を選んでみました。
原曲は双子のハーモニーが評価されるところだと思いますが、「W(ダブルユー)」のコンビも悪くは無いと思います。何故かと言えば、正直なところ好きだったからです。

元々モーニング娘。として難関を突破し、脱退まで勤め上げた実力があります。歌唱力はもちろんのこと、ダンスも抜群だと思います。ハーモニーも良く合っているし、申し分なかったんですがね。

結局ところ、ご存知のように「未成年喫煙事件」や「男関係」により加護ちゃんが消滅。一方、ノンもデキ婚で脱落、今やワガママなバカタレママのように振る舞い、結構稼いでいますね。

この頃は二人とも可愛かったね。特に加護ちゃんが好きでした。あんな事件さえなければ、大物と謳われるタレントになっていたでしょうに。ほんと、惜しいです。

これらの曲、おそらくはまた数年したら誰かがカバーするんでしょうね。おそらく、永久不滅な曲だと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年9月20日 (月)

飲料とタバコが同居する自動販売機・・・しかも顔認識?

こんばんわ。

3連休もあっという間に終わってしまいます。
しかも、3連休の初日に運動会で、さらに綱引きなんぞやらせるもんだから、このせいで身体がダルくて何も出来んかった。どうしてくれるよ。しかも、風邪引いちゃったみたいだし。

まあ、今週は仕事といっても祝日が2日も入っているもんだから、先週頑張って働いた分、ちょっとは楽かな?って感じ。火・水と外回りです。

さて、その外回りですが、以前は都内西方面ばかりという印象でしたが、何故か最近は都心が多いです。この間、八丁堀に行ったんですよ。仕事では初めてですね。スタンプラリーでくらいしか用の無いところ。
禁煙の厳しさ名高き中央区なので、タバコを吸える場所なんてあるのだろうかと。それ以前に、地下鉄の出口からすっかり方角を見失ってしまい(曇天で太陽がなかったので)、道に迷ってしまった。地図を見てやっと自分の場所を掴み目的地へ向かったところ、ラッキーにもボランティア的喫煙所を見つけました。

午前中の仕事が終わっての帰り、タバコを吸わない相方を待たせ、また移動前の一服に向かったところ、この喫煙所になっている場所の自動販売機に目が行きました。

220916

平成22年9月16日 八丁堀駅付近にて

上は飲料、下はタバコと、2種類の目的が同居した自動販売機です。全国的には珍しくないかもしれませんが、私としては初めて見る自動販売機だったので、携帯で撮っておきました。

ところで、タスポとか何処に付いていたかな?と気になったもんで、画像を良く見てみたのですが、どうも様子が違いました。なんやら「ミラーに正面に向かって立ってください」とか注意書きがあるんですよね。どうも、顔認識らしいです。

私もヘビスモなのでTASPOを持っていますが、この顔認識という自販機自体も初めて遭遇しました。残念ながら、気が付いたのがつい先ほどなので、試してみたかったといっても手遅れです。

しかし、どうなんでしょうね。顔認識なんて高度な技術を駆使する必要があるのでしょうかね。このような無駄遣いをするより、ほかに金を掛けるところがあるでしょ、って文句は言いたいところですね。

珍しいというだけで撮ってきた写真ですが、この自販機も絶滅が早そうな気がします。

ところで、この一角には明治牛乳のビンの自販機までありました。これも今まで見たことが無かったのですが、正面のガラス部が結露で中身が全然見えなかったため、撮影を断念してしまいました。冬場だとキレイに撮れるかもしれないので、またこの付近を訪れることがあったらトライしてみようとおもいます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
今日は壊滅状態。ポチっとお願いします!

| | コメント (4)

2010年9月19日 (日)

鉄道コレクション第13弾を予約してしまった・・・

こんばんわ。

もう3日前になってしまいますが、久し振りにトミーテックのHPを眺めていたら、鉄道コレクション第13弾の予告がアップされていました。

Photo

第13弾は気動車で、私鉄の古いタイプのもの。既に現存しないものが多いですが、茨城交通(現:ひたちなか海浜鉄道)や小湊鉄道などもあり、なかなかのレア揃いですね。

我が想像鉄道には不要なものばかりなんですけど、車種的興味として留萌鉄道や、1度だけ乗ったことのある島原鉄道など、そして、写真にも収めてある同和鉱業小坂鉄道もあるので、思わず通販で予約してしまいました。塗装のバラエティーも豊かですし、久し振りに発売が楽しみな設定となっています。

※興味が無いなら載せるなとか、如何にもアタマの悪そうなコメントは即刻削除します(大笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (10)

2010年9月17日 (金)

私的名曲選 Vol47 TVドラマ 「ただいま放課後」から『ありがとう』 by 石坂智子

こんばんわ。

小笠原ネタの関係でしばらく間が空いてしまいましたが、久し振りの名曲選です。

「たのきんトリオ」って、どのくらいの年代まで知っているのでしょうかね。本人たちの年齢が私の±1歳だった思いますので、20歳代からすれば相当なオジサン、或いはタダのオジサンに見えてしまうかもしれませんね。

そんな彼らが「金八先生」に続いて主演となった番組が「ただいま放課後」という学園ドラマでした。
特にドラマとして好きだったわけではなし、されど先生役だった寺泉哲や本田博太郎も良い味出してましたね。今では悪役でしか出演されないのがちょっとさびしいですね。

まあ、ドラマ自体は思い入れがあるわけではないので置いておくとして、このドラマの主題歌をたまたま思い出したんです。通勤のときに埼京線に乗っていたら、新宿駅に着く直前辺りで突然アタマのなかに流れてきたメロディー。歌手の名前を失念していましたが、You Tubeで探して直ぐに分かりました。

石坂智子さんが歌っていた主題歌「ありがとう」です。素朴な良いメロディーですね。

東芝スカウトキャラバン第1回優勝者だそうで、オーディションで栄冠を獲得したくらいなので、歌唱力も含めて実力はあったと思います。
しかし、その後はあまり売れなかったようですね。生理用品のCMに起用されていた記憶はありますが、あまりパッとしないうちにメディアからいなくなってしまいました。交代の激しい芸能界だから仕方ないですね。

ともあれ、今からちょうど30年の時を経た今でも思い出せる曲ですから、やはり名曲であったと言えると思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年9月16日 (木)

持ち帰りが難しい・・・おがさわら丸 搭乗券

こんばんわ。

小笠原ネタとしては一応最後になります、「おがさわら丸」の搭乗券をご紹介いたします。

Photo

Photo_2

おがさわら丸は小笠原海運が運航する路線であり、もちろん、旅客以外にも貨物や荷物の航送も請け負います。

船室は、特等・特1等・1等・特2等・2等の5ランクがあり、写真の搭乗券は2等船室以外に共通で使用されているようです。ちなみに、2等は使用しませんでしたので、どのような様式なのか不明です。

搭乗券は画像右側にノンカーボン式の乗船名簿が連綴されており、乗船の際にこれを係員が切り取って半券として渡されます。
注意書きにあるとおり、乗船中は乗客が保管し、下船の際にこの半券となる搭乗券を渡すことになります。
そんなことで、乗った記録というのは手元に何も残らなくなってしまうため、このようにカメラで撮影しておいた次第です。まさか、スキャナーなんか持って歩くわけにも行きませんからね。

往きも帰りも同じものだと思っていたのですが、区間方向はもちろんのこと、「1等」というゴム印押印の有無、様式の印刷の色、文字の色まで違いがあります。船室Noは発行時に窓口でシールを貼り付けていました。

セオリーとしては手に入らない搭乗券となってしまう訳ですが、無くした場合には何らかの手続きをすることにより、下船することができる筈です。ただし、どれほど面倒な手続きをさせられるかも分かりませんから、面倒なので入手する努力はやめました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2010年9月14日 (火)

小笠原で見つけた「その他の危険」(びっくりマーク)の標識

おはようございます。

こちらも小笠原ネタの続きで、今日は小笠原村で見つけた道路標識です。

220903

小笠原高校の直ぐ先に立っているのを見つけました。

自動車免許の取得の際は教わりますし、免許更新の際にもらえる教本にも大体は一番最後に出てくる標識として目立ちますが、意外と使われている数は少ないようです。

急な上り坂になりますが、道幅も広くそれほど危険な道には感じません。補助標識が付いていないため、何に対する危険か良く分かりませんでした。

先の方を見ると、さらに急に登っているために立っている場所が平坦に見える錯覚を起こします。この立っている場所もかなり勾配がありますので、錯覚を起こすという危険なのでしょうか?或いは、先細りに見えるので幅員が狭くなるということかもしれませんが、幅員が狭くなる場合は別の警戒標識がちゃんとありますので、やや謎な光景です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2010年9月13日 (月)

小笠原村営バスのバス停

こんばんわ。

またまた小笠原ネタですが、今日は小笠原村営バスのバス停です。

220905

他のバス停は全く観察していなかったのですが、偶然に村役場前を通り掛かった時に撮りました。小笠原らしいと言うか、クジラのデザインです。本物はまったくこんな絵とは異なりますが、まあ、クジラの印象と言うのはこういうもんなんでしょうね(笑)。

本編記事は以下に記します。

小笠原村営バス:日野リエッセ

小笠原 ホエールウォッチング:マッコウクジラ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2010年9月12日 (日)

小笠原村 イルカのカラー桝(ます)蓋

こんばんわ。

今日も小笠原ネタの続きになりますが、可愛いイルカの親子をあしらった小笠原村下水道の汚水桝(おすいます)の蓋の写真です。

220905

カラーでお金を掛けているな、という印象ですが、メイン通りだからと言うことでしょう。この通り以外はカラー版ではない同様のデザインの蓋が使われていました。

参考までに、マンホール蓋(人孔蓋)は、その名の通り管(又はトンネルなど)に人が出入りするための施設に係る蓋を指します。
このような公私道の下水管同士の合流点や宅内の汚水管との合流点に設置される人が出入り出来ない施設は桝(ます)と言い、これに設置される蓋を桝蓋(ますぶた)と言います。
マンホール(人孔)は大概は90cm以上ありますので、それより小さいものは桝(ます)として区別が出来ると思います。ちなみに、マンホールも桝(ます)も、丸型だけとは限りません。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村

本編イルカウォッチングの記事はこちらから → 『小笠原 イルカウォッチング

| | コメント (2)

2010年9月11日 (土)

イルカの乗った郵便ポスト

おはようございます。

更新が滞ってすみません。出張の疲れがやはり取れないようで、歳ですな。

今日は出張で行った小笠原の風景から郵便ポストをご紹介いたします。

220902

平成22年9月2日撮影。

小笠原郵便局の玄関前にある、ごく普通の郵便ポストですが、小笠原の観光基盤の一つとなっているイルカウォッチングにちなんで、ポストの上にいるかのぬいぐるみが乗っています。

お土産屋で売っている一般的なぬいぐるみのようで、雨が降ったときは水を含んでしまうようで気の毒ですね。でも、一見して目立ちますので、なかなか良いアイディアだと思いました。
他にも様々なシーンでイルカやクジラが登場しますので、追ってご紹介したいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

本編イルカウォッチングの記事はこちらから → 『小笠原 イルカウォッチング

| | コメント (4)

2010年9月 7日 (火)

周遊乗車券 「北海道ワイド周遊券」(その2)

こんにちわ。

出張で長らく家を空けてしまい、久し振りの更新となりました。

今回はしばらく振りに『周遊乗車券 「北海道ワイド周遊券」(その1)』の続きとして、昭和56年に北海道を訪れた時のワイド周遊券をご紹介したいと思います。

Photo

このときは切符の手に入れ方の要領もわかり、往きの周遊券もゲットしています。
途中下車印だらけで判りづらくなってますね。行程を察する資料が出てきましたので、大雑把ですが、下記に挙げてみます。

昭和56年
3月9日 上野 →
3月10日    → 新津   急行「佐渡7号」
      新津 → 青森   833レ
      青森 → 函館   27便
      函館 →       41レ
3月11日    → 札幌
      札幌 → 白石   列車不明
      白石 → 厚別   徒歩
      厚別 → 白石
      白石 → 札幌
      札幌 →       急行「大雪7号」
3月12日    → 網走
      網走 → 斜里   631レ
      斜里 → 釧路   急行「しれとこ1号」
      釧路 → 帯広   急行「狩勝4号」
3月13日 帯広 → 新得  急行「狩勝2号」
      新得 → 富良野  急行「狩勝4号」
      富良野 → 滝川
      滝川 →  札幌  特急「ライラック14号」?
      札幌 →       急行「利尻」
3月14日    → 稚内
      稚内 → 浜頓別
      浜頓別 → 北見枝幸  興浜北線
      北見枝幸 → 浜頓別
      浜頓別 → 美深  急行「天北」
      美深 → 仁宇布  美幸線
      仁宇布 → 美深
      美深 → 旭川
3月15日 旭川 → 深川
      深川 →  岩見沢 急行「かむい2号」?
      岩見沢 → 大麻
      大麻 → 手稲
      手稲 → 札幌
      札幌 →      急行「大雪7号」
3月16日    → 遠軽
      遠軽 → 北見
      北見 → 池田  地北線
      池田 → 帯広
      帯広 → 広尾  広尾線
      広尾 → 帯広
3月17日 帯広 → 新得  急行「狩勝4号」
      新得 → 滝川  422レ
      滝川 → 札幌  急行「かむい」?
      札幌 →      急行「大雪7号」
3月18日    → 遠軽
      遠軽 → 紋別  624D?
      紋別 → 北見滝ノ上 渚滑線
      北見滝ノ上 → 紋別
      紋別 → 遠軽
      遠軽 → 網走
      網走 → 清里町
      清里町 → 浜小清水
      浜小清水 → 網走
      網走 →      急行「大雪8号」
3月19日    → 札幌
      札幌 → 銭函
      銭函 → 札幌
      札幌 → 恵庭
      恵庭 → 千歳
      千歳 → 札幌
      札幌 → 
3月20日    → 函館  乗車列車不明
      函館 → 森
      森  → 東森  徒歩
      東森 → 森   徒歩
      森  → 函館
      函館 → 青森
      青森 → 
3月21日    → 上野 急行「十和田6号」

妙なところで乗り継いでいるのは、特急列車の写真を撮るために途中下車したように記憶しています。
当時の時刻表を見ながら検証してみましたが、謎?な行動もあり、また、記憶も曖昧になってしまっているところがありますね。さすがに30年前。写真も撮っていないような場所での記憶はかなり薄れてしまったようです。
極寒の北海道。それは憧れの地域でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »