« ちょっと謎な列車乗車票:鹿島臨海鉄道 | トップページ | 「エンジェルわらぶー」:ミニぬいぐるみ発売ってか。 »

2010年8月10日 (火)

切符入れ Vol.17 「新幹線 なぜか試作車(その4)」

こんばんわ。

ちょっと時間が開いてしまいましたが、『切符入れ Vol.16 「新幹線 なぜか試作車(その3)」』の続きです。

前回は紙質の良くなったキャンペーン無しの同種切符入れをご紹介いたしましたが、今回は「1枚の切符から」のキャンペーン物になります。

Photo_2

何故か同じものが2枚。多少の色の濃淡の違いはありますが、基本的には同じ版と考えて良いでしょう。

Photo_3

実は裏面の広告が違います。

上の段は「日興證券」の国債のCMです。調べたんですけど難しくて良く分からなかったんですが、現在は「日興コーディアル証券」に会社が移行しているようです。

下はご覧のとおり、サントリーですね。旅客の需要を狙ってか、サントリーオールドでもポケット瓶をCMしています。当時は中学生だったと思いますので、電車に乗るのに酒が必要だと言う考えが全く理解できなかったですね。まあ、今でもあまり変わらないかもしれませんが(笑)。

次で一連のシリーズはラストを迎えます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

|

« ちょっと謎な列車乗車票:鹿島臨海鉄道 | トップページ | 「エンジェルわらぶー」:ミニぬいぐるみ発売ってか。 »

切符入れ」カテゴリの記事

コメント

サントリーオールドといえば、ダルマの愛称でも有名でしたが、社会人になった頃は、まだまだこういったウィスキーを飲めるほど、お給金をもらってなかったでした。
冬の北海道の旅の時には、上野駅でトリスのポケット瓶を買っていった事がありました。

投稿: シービー | 2010年8月13日 (金) 22時20分

シービー様
私が今の会社に入った昭和62年、たしかダルマが2200円だったということを覚えています。当時では一番安いウイスキーみたいに言われ、誰かにもらったローヤルの瓶(インク瓶みたいなヤツ)を大事に撮っておいた覚えがあります。結局は飲まなかったんだけど、あの瓶、どこにいっちゃったかな・・・。

投稿: キハ181つばさ | 2010年8月14日 (土) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと謎な列車乗車票:鹿島臨海鉄道 | トップページ | 「エンジェルわらぶー」:ミニぬいぐるみ発売ってか。 »