« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

板橋駅発行:「つばさ1号」D型特急券

おはようございます。

このところの準備不足でネタが無くなってしまいました。

今日は面白くないですけど、フツーの特急券をご紹介いたします。

Photo

赤羽線板橋駅発行の下り「つばさ1号」の特急券です。

ダッチングはグダグダですが、金額から見て昭和52年発行かと思われます。

板橋駅もマルス化が比較的に遅かったようで、硬券が遅くまで見られました。

当時の指定席券にしては、緑色が鮮やかでツヤがあるように見えます。普通ですと、もっと沈着した感じになるのですが、アルバムに入っているとやはり目立ちます。日焼けしてしまっているのが残念です。

臨時特急 「つばさ51号」:特急券 D型

気動車時代:特急「つばさ」 D型常備特急券

気動車時代:特急「つばさ」 準常備特急券

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年8月28日 (土)

かなり古い! タバコの自動販売機(四国)

こんばんわ。

今日はチョイネタです。

先月末、初めて四国に行ってからもう1ヶ月が過ぎてしまいました。あっという間です。

高松琴平電鉄の車庫がある琴平線の仏生山駅近くで、懐かしいタバコの自動販売機を発見いたしました。

100724

非常にコンパクトで、わずか4種類しか販売できないタイプの古~いものです。

子供の頃とか、高校生くらいの頃でしょうかね、ビジネスホテルのエレベーターホールや廊下などで良く見たような記憶があります。昔のボーリング場なんかにもあったかもしれません。

ここ25年くらいでタバコの銘柄も随分増えましたが、昔は定番のタバコがかなり決まっていたので、ある意味、メジャーなタバコだけならこのくらいでも十分だったかもしれませんね。

今でも現役が無いこともないかもしれませんが、まず滅多にお目に掛かれるものではないでしょう。でも、500円玉が誕生する前の製造のようなので、現役としては扱いも難しいでしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2010年8月26日 (木)

私的名曲選 Vol46 TVドラマ 「俺たちの勲章」から『挑戦のテーマ』

こんばんわ。

また更新をサボってます。ネタ作りが追いつかないので、今日は名曲選からお届けです。

昭和40年代後半、TVでは青春ドラマが流行ってました。そして、昭和50年を前後として、「太陽にほえろ!」や「G’メン75」など、刑事ドラマが大流行します。
別に刑事に憧れることもありませんでしたが、その中でもカッコ良いなぁと思って見ていたのが「俺たちの勲章」でした。

どのくらい好きだったかというと、当時は贅沢品であるレコードまで買ってしまいました。普通、レコードのB面なんて聴きもしないのですが、この「俺たちの勲章のテーマ」のB面に「挑戦のテーマ」というのが入っていました。当時、仲の良かった同級生から「良い曲だと」と言われて聴き、好きになってしまったのです。犯人を追跡したり追い掛けたりするときに掛かる挿入曲です。

残念ながら埋め込み無効となっていますので、

「マル鉄回顧録」

でご紹介しております。

「太陽にほえろ!」での壮絶な殉職シーンで人気を得た松田優作と、青春ドラマの主役・主題歌のヒットで絶大な人気のあった中村雅俊がコンビを組む刑事ドラマでした。メチャクチャ好きでしたね。

ちなみに、中村雅俊の嫁さんは、犯人役として「俺たちの勲章」に出演した五十嵐淳子(当時の芸名は五十嵐じゅん)であり、ドラマでの競演がきっかけでデキちゃった婚までしてしまったんです。メチャクチャかわいい娘だったんで、ショックでしたね。殆ど活躍する前にお母さんになってしまいました。

ふと通勤中に思い出したのでアップいたしました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2010年8月23日 (月)

ネクタイピンシリーズ(その5):都営地下鉄 浅草線開業30周年記念

こんばんわ。

キャー!こんな時間。

ネタがないので約半年振りにネクタイピンシリーズです。

今日は『都営浅草線開業30周年記念』になります。

Photo

ケース入りで、ケースの表面に『都営浅草線開業30周年記念』のイベント名が入っています。製作はもちろん、東京都交通局。

Photo_2

ふたを開けた中身になりますが、黒字に金色なので判り難いですね。

浅草線の開業が昭和30年ということですので、30周年ということは昭和60年に作成されたものでしょうかね。その時代だとまだ国鉄に勤めていた頃です。

絵は都営5000系の新塗装ですね。昭和50年代は京成の赤電と似通ったとそうでしたが、多分、赤電のファイアーレッド化と同じ頃に新塗装化されたのではないかと思います。

5000系のさよなら運転も雑誌では見ていましたが、その頃においても浅草線と言うのは全く馴染みもなかったので、写真も撮らず終いでした。品川駅に出入りしていた頃は、京急線の線路をゆっくりと上り下りする旧塗装の光景を見ていたものですが、1枚も写真を撮っていなかったのはやはり失敗でしたね。

これは仕事上でお付き合いのあった、元東京都交通局の方からいただいたものですが、いただいてから既に7年程が経過しています。ちょうど浅草線の開業から50周年くらいの時にいただいたということですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年8月22日 (日)

「うどん」と「おでん」の関係

こんばんわ。

先月末、Fe4メンバーと四国に撮影に行きました。もちろん、撮影がメインとなりますが、高松と言えば讃岐、讃岐と言えばうどんですよね。私は麺類が好きですが、年齢を重ねるごとに脂っこいラーメンやパスタよりはうどんとかそばの方が良いかな?と思うようになってきました。

高松に着いた日、朝食も摂ることができずに羽田を出発したため、かなりお昼に近い朝食となりました。

街中のお店はみんな11時からの営業開始なんですね。唯一時間前に開いていたのが「はなまるうどん」だったのですが、何も近所で行くことのできるお店を選ぶことも無いので、11時までしばらく時間を潰し、開店と同時にうどん屋さんに入りました。結構おいしいお店でしたね。

注文したうどんを待っている間、お店の入り口近いところに「おでん」が準備されているのは目に留まったんですが、それほど気にもしていなかったんです。

でも、後でよくよく考えてみれば、真夏におでん!・・・信じられない

それほど食事やその土地の風俗に触れるつもりで回ったことはありませんが、過去、全国を回った記憶を掘り起こしても、真夏におでんを売っているというのは記憶がありません。まあ、おでん屋さんや飲み屋であれば1年中取り扱っているのは当たり前ですが、関東ではコンビニの冬の定番メニューであるおでんも、夏場に売っているところはまず無いでしょうね。売れないでしょう。

その日の夜、現地にお住まいの「くりーちゃー」さんと「ゴ」さんを交え、四国初となるオフ会がセッティングされ、楽しい時間を過ごすことが出来たのは親ブログでご紹介させていただきましたが、そこでたまたま「うどん」と「おでん」の関係について話題になったのです。

お話によれば、讃岐ではうどんおでんを一緒に食べるのが当たり前なんだそうです・・・。

へぇ~、そうなんだぁ~、って感じですね。

おでんを置いていないうどん屋さんなんて無い!と言うくらい、讃岐では当たり前らしい。
だから、真夏に平然とおでんを売っていた訳ですね。

ちなみに、あるブログで見つけたのですが、香川県内のうどん屋さんでは約9割のお店でおでんを売っているそうです。おでんを売る気がなかったお店でも、客に「なんでおでんを置かないんだ!」と怒られ、仕方なくおでんを置くようになった、というエピソードもあるようです。

長々と綴りましたが、実はここからが本題です。

我が家で昔から(私が子供の頃から)利用しているおそば屋さんのメニューです。

Photo

おでんうどんです(笑)。※画像はかなり大きくなるようにしました。

昔は頼んだことも無かったので、何時頃からメニューにあったのか分かりません。もしかしたら、昔からあったかもしれません。

正直なところ、おでんの出汁とうどんのおつゆの味は全然違いますから、明らかにミスマッチです。でも、天ぷらうどんとか比べればボリュームはかなりありますね。

季節メニューでは無いので、真夏でも売っています。実際に食べたのも昨夜です。定休日で無い限りはいつでも頼めます。

ちなみに、このお店は基本的にボリュームがあり、画像は大盛りですが、大のおとなでも十分に足りると思います。値段は700円(大盛りは150円増し)で、このお店にしては高い方の部類になりますが、おでんの具が沢山入っているので、誰でも納得していただけるもでのはあります。

お店の名前は伏せますが、蕨へ起こしの際はお尋ねいただければお答えいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2010年8月20日 (金)

普通入場券:国鉄 富山港線「岩瀬浜駅」

こんばんわ。

今日は久し振りに硬券入場券をアップいたします。

Photo

現在は「富山ライトレール」として生き残っている旧富山港線です。

交流電化の北陸地区の中で、唯一直流電化となっていました。
元々は富岩鉄道という私鉄から始まったのが起源で、電化鉄道から戦時中の買収を経て国鉄富山港線になっています。元から直流電化であったために、国鉄時代もそのまま直流区間として使用されていました。状況的には、東北の仙石線と似ていますね。

私が同線を訪れた時は殆どが無人駅となってしましたが、終点の岩瀬浜駅は有人だったため、入場券を手に入れることができました。

富山港線へは73系時代に2度ほど撮影に行っていますが、終点まで乗ったのは最初に訪れた時の1度だけでした。その後、旧型国電の撤退に伴い、475系電車乗り入れるというサプライズな変遷がありましたが、残念ながらその時代には訪れることはありませんでした。

本家「うさぴょんのマル鉄回顧録」で73系時代の富山港線をアップしておりますので、是非ご覧になってみてください。

ローカルな風景 第15回 (富山港線:モハ73系)

国鉄 73系 「富山港線」 続編

国鉄73系「富山港線」 完結編

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2010年8月19日 (木)

私的名曲選 Vol45 『Dream X Dream』 by 愛内 里菜

こんばんわ。

今日は訳があって名曲選にしました。

過去ログでも1度アップしたことがあるのですが、愛内里奈さんの曲です。
声質が好きですし、歌唱力も抜群。最近の新しい曲は全く聴かない私ですが、彼女の歌は素直に受け入れられます。

しかし、事件です。年内引退と言う発表があり、どうも9月を持って歌手活動に終わりを告げてしまうらしいです。病気説などもあるようですが、どうなんでしょね。デュオを組んだことがある三枝夕夏さんも1月に突然の引退となり、ショックです。

そんなこともあって、今日は愛内里菜さんのソロ曲『Dream X Dream』をご紹介したいと思います。

持ち前の歌唱力ですが、かなり限界に近い高音を出して歌います。もし、声変わりをしてしまったら、このキーでは歌えないかもしれませんね。

それでも、アニメ曲に通用する若い明るい声は、オジサンでも元気の源として受け取ることができます。やっぱエェなぁ~。

過去ログでもご紹介いたしました『七つの海を渡る風のように』で、三枝夕夏さんとのデュオ曲です。もうこの組み合わせの名曲が生まれることが無いと思うと、非常に残念です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2010年8月18日 (水)

切符入れ Vol.18 「新幹線 なぜか試作車(その5完)」

こんにちわ。
暑いですねぇ~。家の中に居たくないと思ってパチスロやりに行ったらコテンパンにやられました。我慢して大人しくしていれば良かった。

もう一つ理由があるんですよね。午前中は本家のブログが全然つながらなくて、お返しコメとか全然できなかったんですよ。なので、無駄な時間を過ごしてしまいました。

さて、『切符入れ Vol.17 「新幹線 なぜか試作車(その4)」』に続くシリーズで、今日は最終回です。

Photo

「その4」の時と基本線は全く変わっていません。時代が進んで、キャンペーンロゴが「いい日旅立ち」になっています。過去ログでもご紹介いたしましたが、谷村新司の曲『いい日旅立ち』を山口百恵が唄い、大ヒットとなったキャンペーンです。

裏面は漫画「ポパイ」を使用した荏原製作所のCMです。「エバラ」と言えば焼肉のタレを思い浮かべる人が多いと思いますが、上下水道や水関係の商売をされている方は当たり前に知っている大手メーカーです。
しかし、旅行者がこのような広告を見て、「水中ポンプは荏原のを買おうかな・・・」なんて検討をするなんてとても思えないんですがね(笑)。

私のコレクションはここで終わっていますので、『切符入れ Vol.11 東京北鉄道管理局「旅はあなたが主役」(その4完)』のように国鉄最後のキャンペーンとなった「エキゾチックジャパン」仕様があったのかどうかは不明です。

それにしても、新幹線の試作車をここまで引っ張って使用してきたというのも、マニアックと言うよりはちょっとお粗末にも思えます(笑笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年8月15日 (日)

C20・C21形コンテナのある風景

こんばんわ。

先般、『珍品発見!C10形コンテナのある風景』で古いコンテナをご紹介いたしましたが、今回は四国に行った際、『初四国(その1):高松琴平電鉄 志度線』の撮影中に見付けたコンテナをご紹介したいと思います。

220724

平成22年7月24日、高松琴平電鉄の「原~房前」間を徒歩テツしていたときに駐車場で発見いたしました。

国鉄コンテナのC20形とC21形がそれぞれ2個ずつ、計4個が並んで置いてありました。

海岸まで至近ですが、煙害を受けている様子は殆ど見られず、多少の色褪せはやむを得ないにしても、状態は比較的に良いようです。

C20形コンテナは、昭和46年~53年までに製造された12ftコンテナです。以前ご紹介いたしましたC10の後ガマとなる標準コンテナで、初の12ftコンテナとして製造されました。

C21形コンテナは、昭和49年~51年までに製造された、やはり12ftコンテナです。C20形を基本にクレーン荷役が行えるように吊金具を設備したものですが、作業効率が悪いことから使用されなくなり、C20形と共通に使用されるようになった、ということです。

最終的にはJR化されても使用されていた同コンテナですが、この姿で残っているというのは貴重ですね。しかも、ナンバーが4個すべてキッチリと判読が可能な状態というのも好ましいです。

いずれは朽ち果てることになってしまうのでしょうが、国鉄を語る生き証人、第二の人生を永くまっとうして欲しいものですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年8月14日 (土)

私的名曲選 Vol44 『初恋にさよなら』 by ザ・リリーズ

こんにちわ。

またちょっと更新が滞っちゃいました。ネタの準備も全然進んでいないので、今日は名曲選にいたします。

以前、『私的名曲選 Vol29 『初恋スラローム』 by ザ・リリーズ』で冬向きのザ・リリーズをご紹介させていただきましたが、今度は夏向きの曲です。

と言いましても、明るい曲ではありません。夏というと明るいイメージがありますが、非常に切ない曲です。したがって、私好みということになるのでしょうかね。

おっさんの絵がサンプルで出ているけど気にしないでください。
ちゃんとカワイイ「ザ・リリーズ」が唄っています。

まだ恋なんて経験したことの無い年齢でしたから、この歌詞の意味はなかなか理解しがたかったと思うのですが、メロディーと歌声からその切なさ(未知の世界の)が良く伝わって来たのだと思います。

ザ・リリーズの曲は殆ど知っていると思いますが、この曲が一番好きな曲ですかね。

貼り付け出来ないのですが、http://www.youtube.com/watch?v=EDlu3FJxI80 でシングル版を聞くことができます。こちらの方が音がしっかりしていますね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2010年8月11日 (水)

「エンジェルわらぶー」:ミニぬいぐるみ発売ってか。

おはようございます。

昨日、一昨日と、過去ログ『これは微妙? 蕨市の新マスキャラ「エンジェル わらぶー」』に急なアクセスがありまして、「一体何があったんだ?」と思って調べてみましたら、こういうことだったんですね。

幸せのミニぬいぐるみ 高見沢俊彦さんデザイン 蕨市、きょうから本格発売

Photo

過去ログでは、同キャラクタに関して「かなりビミョー」と表現いたしましたが、写真を見る限り結構カワイイですね。前キャラの「ワラビーくん」の扱いがどうなってしまうのかとか気になりますが、ここのところ息を潜めていた感のある「エンジェルわらぶー」、この勢いに乗って、本格的な世代交代となるでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年8月10日 (火)

切符入れ Vol.17 「新幹線 なぜか試作車(その4)」

こんばんわ。

ちょっと時間が開いてしまいましたが、『切符入れ Vol.16 「新幹線 なぜか試作車(その3)」』の続きです。

前回は紙質の良くなったキャンペーン無しの同種切符入れをご紹介いたしましたが、今回は「1枚の切符から」のキャンペーン物になります。

Photo_2

何故か同じものが2枚。多少の色の濃淡の違いはありますが、基本的には同じ版と考えて良いでしょう。

Photo_3

実は裏面の広告が違います。

上の段は「日興證券」の国債のCMです。調べたんですけど難しくて良く分からなかったんですが、現在は「日興コーディアル証券」に会社が移行しているようです。

下はご覧のとおり、サントリーですね。旅客の需要を狙ってか、サントリーオールドでもポケット瓶をCMしています。当時は中学生だったと思いますので、電車に乗るのに酒が必要だと言う考えが全く理解できなかったですね。まあ、今でもあまり変わらないかもしれませんが(笑)。

次で一連のシリーズはラストを迎えます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年8月 9日 (月)

ちょっと謎な列車乗車票:鹿島臨海鉄道

こんばんわ。

夏真っ盛りで、毎日暑い日が続いてますね。今ちょっと外に出たら、雨がパラパラと・・・今日も外回りなので、日中は大丈夫だろうか・・・。

前々から準備はしてあったのですが、季節的なものなのでご紹介が遅くなっちゃいました。
鹿島臨海鉄道の謎な列車乗車票です。

Photo

この画面だと大きさがわかりづらいかもしれませんが、普通のA型軟券になります。

紙質は比較的良いものですが、完全な軟券ですね。

鹿島臨海鉄道の列車乗車票ですが、「国鉄夏季往復割引券と同時に使用・・・」とある表記の通り、海水浴の企画乗車券の一端を成しているものと考えられ、国鉄が割り引き乗車券とセットで交付したものなのか、割引乗車券を示した際に鹿島臨海鉄道側で旅客に交付したものなのかが分かりません。

そもそも、往復割引乗車券であれば、その乗車券自体に乗車区間を示すことが出来る訳で、ましてや別途に運賃を徴収しない「乗車票」であれば、尚のこと別に交付する必要などないと考えてしまう訳ですが・・・。

この乗車票は、おそらく与野駅勤務時代に着札として回収されたものと思われますが、乗車券とセットであると言うことであれば、その割引乗車券自体が着札となるため、この券自体は旅客が勝手に置いていってしまった何の効力も無い乗車票ということになります。

「夏季往復割引乗車券」自体を目にしていませんので、この乗車票がどのような経緯で交付されたものなのか全く確証が無い訳ですが、興味があっても今になってその真相を知ることは非常に困難でしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年8月 8日 (日)

気動車時代:特急「つばさ」 準常備特急券

こんにちわ。

昨日の『気動車時代:特急「つばさ」 D型常備特急券』にちなんで、「つばさ」の気動車特急時代の特急券がもう1枚ありましたのでご紹介したいと思います。

Photo

昭和51年8月の発行で、気動車特急としては最後のお盆輸送となった時ですね。
発行である真室川駅は、昭和61年4月から簡易委託駅となってしまいましたが、このときはまだ有人駅だったわけですね。
スタイルとしては一般的なD型の準常備券となりますが、乗り継ぎ対応となっている点では???ですね。当時は新幹線などまだありませんから、北海道への乗り継ぎ対応しか考えられません。
当時、この区間では「つばさ」と「あけぼの」の各2往復(他に「つばさ」は51号が頻繁に設定。)しかありませんし、「あけぼの」は寝台のみの連結ですから、半ば「つばさ」専用でもあると言えます。
ただし、エリア外での使用を考えれば、東海道新幹線からの乗り継ぎ列車としても発行できたということになるでしょうか?

山形新幹線が新庄駅まで延伸となった現在、本線の中間駅でありながら同区間は『特急列車空白地帯』となってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年8月 7日 (土)

気動車時代:特急「つばさ」 D型常備特急券

こんにちわ。

朝、家の日陰に居たら非常に涼しく感じたのですが、束の間でしたね。また爆裂的な暑さになりつつあります。

今日は久し振りに特急券をご紹介いたします。

Photo

昭和49年発行の特急「つばさ」です。

「つばさ」は、昭和36年に気動車特急として誕生し、キハ82→キハ81→キハ82→キハ181と沿革を辿り、昭和51年11月ダイヤ改正より電車化されています。つまり、昭和49年というところでは、キハ181系時代になります。

特急券は奥羽本線天童駅の発行で、乗車駅同駅から上野駅までの乗車区間常備となっており、さらに列車名も常備となっています。当時は2往復の定期列車があり、他にも客車により「つばさ51号」も繁忙期には必ず設定されている状況でした。奥羽本線における特急列車需要の高さが伺われ、その分、常備券が設備されていても何ら不思議ではありません。ただ、複数の本数が設定されていたため、号数と時間が印刷されていないところが残念です。

480000_181

今では毎週のように撮影している蕨~西川口間になります。いつもの歩道橋は昔ながら今でも変わりませんが、線路沿いの様子は全然変わってしまいました。

私のハンドルネームの基となった憧れの特急列車キハ181系「つばさ」。この1枚しか写真を撮っていなかったのが非常に残念です。こんな特急列車に乗って、東北を旅してみたかったです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年8月 5日 (木)

トミーテック ザ・カーコレクション Vol.12 現代の街角編 告知

こんばんわ。

また更新していなかったので、ネタをどうしようか考えていたら、メールでトミーテックの発売告知が届いておりました。

この中から、私的に興味のあるカーコレクションの画像をご紹介したいと思います。

Photo

今回は比較的に新しいところの車両なので、私のN鉄道ではまず不要なラインナップなんですが、タクシーや救急車がこれだけの種類でチョイスされているとなれば、なんとかそこだけでも揃えたいところです。

説明は画像に書いてありますので、そちらを参考にして下さい。

しかし、2代目プリウスまで模型化してしまうとは・・・恐るべしトミーテック。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

あ、発売は11月だそうです。

| | コメント (4)

2010年8月 2日 (月)

私的名曲選 Vol43 『さよならのオーシャン』 by 杉山清貴

こんばんわ。

すごい久し振りなんですけど、名曲選です。

昨夜は何となく音楽を聴きました。このところ色々忙しかったので、あまり音楽を聴く余裕がなかったのですが、ちょっとマッタリしてみました。

今日の曲は、夏らしいこの曲。

結婚した直後くらいまでは、古い飲み仲間(大先輩たち)や若い後輩連中との付き合いも多かったので、飲んだ後にカラオケに行く機会も多かったですね。ただ、中学の声変わり以来、ヒジョーに音痴になってしまったため、あまり人前で歌うことは好みません。アルコールも入らないので、しらふだと余計に冷静に唄っているわけですから・・・。

そんなことで唄えるレパートリーというのも非常に少ない中で、良く唄っていたのがこの曲です。

とにかく、歌も上手いし、良い曲だし、なんかカッコ良い。こんな曲をエコーを利かせて歌いこなせたら良いなぁなんて思います。

過去ログの名曲選も、規約違反で削除されたものが多かったのですが、殆ど修復(というか、代替の当て込み)をしましたので、この機会に私の好みの曲を覗いてみてください。

取り敢えず、今日は夏向きの歌のリンクを貼っておきます。

私的名曲選 Vol41 『元気?』 by 太田裕美

私的名曲選 Vol38 『かもめが翔んだ日』 by 渡辺真知子

私的名曲選 Vol10 『たそがれマイ・ラブ』by大橋純子

私的名曲選 Vol8 『サザンウィンド』by中森明菜

私的名曲選 Vol7 『真夏のトレモロ』byWink

私的名曲選 Vol6 『七つの海を渡る風のように』by愛内里菜&三枝夕夏

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2010年8月 1日 (日)

切符入れ Vol.16 「新幹線 なぜか試作車(その3)」

こんにちわ。

このところ酷く更新が滞ってしまったため、半年振りの切符入れシリーズです。

前回の『切符入れ Vol.15 「新幹線 なぜか試作車(その2)」』続きになります。

Photo

絵柄は(その2)と変わり映えがなく、キャンペーンロゴが一切なくなってしまったタイプです。

違うのは、東京南鉄道管理局作成ではなく、また「国鉄」に戻っていますが、表紙下の帯が緑色から無地に変化いたしました。さらには、紙質が全く別物となり、従来の厚みがあってツヤのないタイプから、やや薄めの印象があるツヤのあるタイプに変わっています。以後このタイプがノーマルとなってきます。

裏面は(その1)でご紹介いたしました「野村證券」と同じですが、上野支店から銀座支店へと変化しています。このことから、前回のものは上野駅、今回のものは東京駅に配置されたものと考えるのが自然になります。

ただし、以前からも説明していますとおり、実際に手に入れた時期、順番などが全く記録されておりませんので、年代的な検証に誤りがある場合も考えられますので、その点はご了承の上、解釈していただきたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »