« 253系「成田エクスプレス」引退記念入場券:大宮駅篇 | トップページ | 京浜急行電鉄:品川駅発行「精算書」 »

2010年7月14日 (水)

切符入れ Vol.13 イトーヨーカドー苫小牧店

こんばんわ。

1ヶ月振りになってしまいましたが、久々の切符入れです。

準備ネタが無くなってきてしまいましたので、これまた久々にネタ漁りしていましたら、なんとも切符入れらしくないデザインのものが出てまいりました。

Photo

Photo_2

表も裏も全面的にイトーヨーカドーのCMであり、「YOUR TICKET」の表示が無ければ切符入れであることすら判らないですね。

サイズはマルスの一番大型のものです。昭和末期から平成の始めに掛けて多く使われたドット印字のタイプのもマルス用です。

当然、苫小牧と言えば北海道ですね。

Photo_3

こちらが見開いた中(表紙部分が面積が勿体無いので省略しています。)になります。ここを開いて初めて苫小牧駅で配布されていたことが判ります。電話番号に市外局番の表示もありませんので、地元のみを意識した造りであることも想像できます。国鉄を主張しているところも「なんでだろう」と思います。普通、国鉄の表示は表紙に付いていますからね。

私が苫小牧に行ったのは確か2度ほど、初めて渡道した時と、平成になってからフェリーで着地した時。しかし、フェリーの時には駅に寄っていかなかった筈なので、手に入れたとすれば最初に渡道した時ですね。昭和55年3月、夜行の「すずらん」に乗って早朝の苫小牧駅で下車。始発の夕張行き直通列車に乗った時です。列車待ちで暇だったので、おそらく物色していて手に入れたんでしょうね。一枚だけ持ってきたと言うのもカワイイもんです。

さて、現在のイトーヨーカドーはがどうなっているのか気になったので調べてみたのですが、なんと今年、平成22年1月11日をもって閉店してしまったと言うことです。せっかく30年振りに陽の目を見た切符入れが、こうして気が付かれた年に本体が閉店してしまったとは・・・なんともやるせない気持ちです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

|

« 253系「成田エクスプレス」引退記念入場券:大宮駅篇 | トップページ | 京浜急行電鉄:品川駅発行「精算書」 »

切符入れ」カテゴリの記事

コメント

私だったら、こういったデザインの袋は持ち帰ってなかったかもしれないです。
イトーヨーカドー、lineさんと一緒だと、イトー酔うカドーになります。

投稿: シービー | 2010年7月14日 (水) 18時57分

シービー様
私は何でもありだったようですね。訳のわからん、ネタにもならない袋がかなりあって、困っています。でも、時代背景が分かるヤツもあったりして、面白いのがありますね。まあ、全て結果になっちゃうんですけど。

投稿: キハ181つばさ | 2010年7月14日 (水) 23時17分

やー、ホントにきっぷ入れとは思えないデザインですねぇ。
苫小牧ではなく恵庭だったかな、北海道で一度ヨーカドーに行ったことがありました。
苫小牧はフェリーで2回行っていますが、買いものはしたことないんです。そういえば、北海道は犬の競技会遠征しか行ってないから、駅によることもなかったなぁ・・・もったいないことしました。

投稿: | 2010年7月16日 (金) 21時34分

舞様
初めて北海道の駅に降りたのが未明の苫小牧でした。氷点下なので外には出なかったのですが、待合室は明かりがついていて、乗継待ちの人たちが無言で暖をとっていましたね。
残念ながら外に出ていないので、駅の外観は全く分かりませんが、ごく普通の田舎の駅の待合室みたいな感じでした。人口が多い街ですから、もしかしたら駅舎も変わってしまったかもしれませんね。
私も恵庭は写真を撮るために降りたことがあります。殆ど人とすれ違った記憶がありません。

投稿: キハ181つばさ | 2010年7月17日 (土) 22時18分

こんばんは。
数年前のセブン・ホールディングスの発足により経営統合されたことにより、セブンイレブンもヨーカ堂もおんなじ看板となってしまい、あのハトのマークを拝むことが出来なくなり面白味が欠けてしまったのにはたいへん残念ですけど、ヨーカ堂の今の状態はかつてのダイエー傘下に入ってた頃のマルエツをはじめとした幾つかの関係スーパーを思いおこさせます。
さて、この切符入れを拝見してみますと、苫小牧にあったのは浦和のヨーカ堂みたいな雰囲気ではなく、2.000台の車が収容可能な駐車場があったことを推測すれば、大宮の2つのヨーカ堂みたいな感じだったのではないかと思われます。
[因みに昭和55年ですと、大宮にはまだヨーカ堂は存在してなかったです]
苫小牧のヨーカ堂に限らず、道内の各都市にあったデパートや大型スーパーそして大規模ショッピングセンターが近年になり相次いで閉店したりして、道内における経済が傾きつつあると聞きましたけど、過疎化、商店街のシャッター通り化などという暗~いニュースばかりで、ホントこれから一体道内の経済がどうなって行くのか注目ですね。
それでは、本日はこの辺をもちまして失礼します。

投稿: 宮オオ | 2010年7月20日 (火) 23時57分

宮オオ様
北海道ではあまり大規模な商店街のイメージが思い浮かばないですね。昭和50年代だとあまり外をウロチョロとしなかったので、道内のイメージもあまり湧きませんが、クルマで上陸した平成初期の頃を思い浮かべると、国道の所々にジャスコの看板が立ってきた記憶があります。ただ、この先18kmみたいなスケールの大きい距離を掲示しているのが、如何にも北海道らしく思えましたね。
しかし、2000台って、すごい規模ですよね。

投稿: キハ181つばさ | 2010年7月21日 (水) 21時41分

どうもはじめまして。
ダイエー・サンプラザ、イトーヨーカドー、長崎屋…
があった時、活気があったと思いました。
寂しすぎますね…。

投稿: np | 2013年3月11日 (月) 21時21分

np様
コメントありがとうございます。
みんな無くなってしまったのでしょうか?
生活がありますから、当然、ジャスコとか別の大型店が出来ているんでしょうけど。
私の地元でも、駅近よりも郊外の大型店が活況を呈している感じですね。むしろ商店街が消えそうです。

投稿: キハ181つばさ | 2013年3月13日 (水) 06時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 253系「成田エクスプレス」引退記念入場券:大宮駅篇 | トップページ | 京浜急行電鉄:品川駅発行「精算書」 »