« 切符入れ Vol.14 「新幹線 なぜか試作車(その1)」 | トップページ | 253系「成田エクスプレス」引退記念入場券:武蔵小杉駅篇 »

2010年7月17日 (土)

切符入れ Vol.15 「新幹線 なぜか試作車(その2)」

こんにちわ。

今日はおっちゃんたちと撮影に行っていたので、アップがこの時間になってしましました。

先日の『切符入れ Vol.14 「新幹線 なぜか試作車(その1)」』の続きになります。

先日の記事では、「DISCOVER JAPAN」のロゴ入りで、デザインの大きさ・範囲が若干相違する旨の記事といたしましたが、今回は東京南鉄道管理局が作成した同じ図柄の切符入れをご紹介したいと思います。

Photo

基本となるデザインは、クローズアップ後のものとなっており、紙質も前回ご紹介したものと同じと見られます。

ただし、ここでは「DISCOVER JAPAN」のロゴが無くなり、スッキリしてしまいました。さらに、東京南鉄道管理局の作成となったためか、「国鉄」の表示が無くなり、「東京南鉄道管理局」に置き換わっています。帯色は、緑色が東京南鉄道管理局のカラーであることから、知っている者からすれば自然に感じます。

また、裏側を見ると広告ではなくなっており、国電区間(ややその外側も)の「みどりの窓口」設置駅の案内となっています。この案内は、同様のものが他の切符入れにも使用されています。東京山手線内ですら、「みどりの窓口」が設けられていないことに驚きますね。

この切符入れの時代背景は不明ですが、紙質から判断すると「1枚の切符から」のキャンペーンよりは前と考えられます。「DISCOVER JAPAN」の時代が長かったので、キャンペーンの前後の可能性が大となりますが、同キャンペーンは昭和45年~51年までの長きに亘っており、私がこのようなものを駅から集めるようになった年齢が昭和50年前後からと考えると、昭和45年以前に作成したものとは考えづらく、おそらくは同キャンペーンの下火から「1枚の切符から」が始まる前までの間と考えられます。

このシリーズはまだまだ続きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

|

« 切符入れ Vol.14 「新幹線 なぜか試作車(その1)」 | トップページ | 253系「成田エクスプレス」引退記念入場券:武蔵小杉駅篇 »

切符入れ」カテゴリの記事

コメント

へぇ~管理局にカラーの違いがあったんですか。
北はスカイブルー、西はオレンジ、水戸は赤電色、千葉はピーナッツ色、高崎はダルマ色とか。

投稿: シービー | 2010年7月19日 (月) 22時46分

シービー様
北と西以外は意図的に操作していますね。
東京局だけは3局に分割したんで電車の色に合わせて色分けしたのでしょう。他はカラーが存在したのかどうか、良く知りません。

投稿: キハ181つばさ | 2010年7月20日 (火) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切符入れ Vol.14 「新幹線 なぜか試作車(その1)」 | トップページ | 253系「成田エクスプレス」引退記念入場券:武蔵小杉駅篇 »