« 私的名曲選 Vol41 『元気?』 by 太田裕美 | トップページ | 「□傷」の表示について:「戦傷病者乗車券引換基準規程」 »

2010年6月21日 (月)

のと鉄道:輪島→金沢間 マルス乗車券&硬券急行券

こんばんわ。

もう遅い時間ですが、1本だけアップしておきます。

かなり前になりますが、Fe4メンバーであるlineさんからいただいた、第三セクターのと鉄道の乗車券と急行券です。

Photo

国鉄時代末期からJRに掛けて良く見られたマルスの乗車券です。さらに、硬券の急行券をなんとも大胆にホッチキス止めしちゃってます。

マルス乗車券の発行駅である「NTワジマ」は、のと鉄道「輪島駅」の略のようですね。JRからの設備をそのまま引き継いだようです。ちなみに、輪島駅は国鉄時代から既にみどりの窓口が設置されていました。

これに対し、急行券はA型硬券となっています。最下段に「のと鉄道」と書かれており、自社のものと識別することが出来ますが、何故か発行駅名は空欄のままとなっています。

急行券には小児断片がなく、大人専用となっています。ということは、小児用の硬券も常備されていたのでしょうかね。金額が10円だけ値上げされており、不思議な感じもしたのですが、消費税が3%から5%に上がった影響のようです。

のと鉄道は、JRが発足したばかりの昭和62年4月30日に発足しており、鉄道が実際に転換されたのは昭和63年3月25日の旧国鉄能登線の区間のみだったようです。さらに平成3年9月1日から七尾~輪島間も第三セクター化されています。

セクター化当初は順調だったようですが、その後は旅客が激減し、平成13年3月31日をもって、穴水~輪島間が廃止となってしまいました。

lineさん、貴重な資料をありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

|

« 私的名曲選 Vol41 『元気?』 by 太田裕美 | トップページ | 「□傷」の表示について:「戦傷病者乗車券引換基準規程」 »

切符(指定以外&乗車券関係)」カテゴリの記事

コメント

乗車券は2日間有効なんですね。それほど距離はないのでしょうが。
北陸に2回ほど行ってますが、こういった鉄道には目もくれなかったですが、今だったら気持も変化しているかも。

投稿: シービー | 2010年6月29日 (火) 23時53分

シービー様
調べたら119.5kmもありますね。同じ県内なのに結構距離があったようです。
私もSLの撮影で途中まで行ったことがありましたが、あまり用事のある場所ではありませんでした。社会人になっていましたので、乗り鉄をする時間も無くなってしまいましたね。
今では貴重なものとなってしまいました。

投稿: キハ181つばさ | 2010年6月30日 (水) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私的名曲選 Vol41 『元気?』 by 太田裕美 | トップページ | 「□傷」の表示について:「戦傷病者乗車券引換基準規程」 »