« 上戸彩からオロナミンCが・・・ | トップページ | オロナミンミルクの補足 »

2010年5月15日 (土)

切符入れ Vol.10 東京北鉄道管理局「旅はあなたが主役」(その3)

おはようございます。

ちょっと間が開いてしまいましたが、『切符入れ Vol.9 東京北鉄道管理局「旅はあなたが主役」(その2)』に続いて第3弾のご紹介です。

Photo

キャンペーンが「DISCOVER JAPAN」から「一枚の切符から」に変わりました。「一枚の切符から」は、昭和52年1月から始まったキャンペーンでしたが、翌年の11月には「いい日旅立ち」のキャンペーンに切り替わったため、1年程度しか持たなかったようです。それでも、ちょうどその頃から本格的に写真を撮ったり、或いは鉄道雑誌を買って鉄道を研究するようになった私にとっては、CMやロゴのデザインも含め、思い出に残っているキャンペーンです。

Photo_2

さて、切符入れのデザインですが、基本的なところは全く変わっていません。印刷時期の違いにより、キャンペーンのロゴが変わったこと、そして、前回アップいたしました「DISCOVER JAPAN」の時代に比べて一目瞭然といえるほど色が薄く、水色といえる色彩に変わったことですね。

スカートタイフォンのクハ481「やまびこ」と開放式タイフォンの583系「はくつる」も相変わらず使われています。ただし、ここで状況が一つ変わります。新幹線の博多開業により山陽・九州スジで581系・583系が余剰となり、そのうちの最後期の車両であったクハ583-29・30の2両が青森運転所へ転属となります。この2両は、新製当初が暖地向け仕様であったため、開放式タイフォンとなっていました。詳しい期間は覚えていませんが、昭和51年前後の1~2年間、開放式タイフォンのまま使用されていたため、大変レアな存在でした。

その後、いつの間にか他の仕様と同じ開閉式に改造されてしまいましたが、現役の頃の写真をマル鉄回顧録の『583系 寝台特急「はくつる」 総集編』でご紹介しています。また「はくつる」篇では写りが悪いので、『九州から来た583系:「みちのく」を上野で撮る』も参考までにご覧ください。

これまで誤ったデザインを使い続けてしまった583系「はくつる」ですが、ここに来て現実・現存した「正しいイラスト」となったわけですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

|

« 上戸彩からオロナミンCが・・・ | トップページ | オロナミンミルクの補足 »

切符入れ」カテゴリの記事

コメント

これは持っていないので、最後に出てくるのがもしかしたら所持してるのなのかな~。
ボンネットの「やまびこ」を変えなかったのは、版を変更するのが手間だったからでしょうね。
こっちも3Pなり。

投稿: シービー | 2010年5月15日 (土) 21時21分

シービー様
これじゃないですか?でも、最後のヤツってインパクトが強いですけど、シービーさんのコメントからは雰囲気が感じられないですね。もしかして、シービーさんがもっているヤツって、私が持っていないものかもしれません。というか、その可能性が強い気がします。

投稿: キハ181つばさ | 2010年5月15日 (土) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上戸彩からオロナミンCが・・・ | トップページ | オロナミンミルクの補足 »