« 切符入れ Vol.10 東京北鉄道管理局「旅はあなたが主役」(その3) | トップページ | 手作り!無札承認書(蓮田駅、熊谷駅、深谷駅) »

2010年5月16日 (日)

オロナミンミルクの補足

こんばんわ。

一昨日、『上戸彩からオロナミンCが・・・』をアップいたしましたが、その中で『オロナミンを牛乳に混ぜて飲む。』という記述を入れました。

この飲み方は、CMにまでなったメーカーが認めた飲み方なのですが、私の経験上、ちょっとしたコツが必要です。前記事で記述しませんでしたので、念のためお知らせいたします。

混ぜ合わせる時、コップには先に「オロナミンC」を入れてから「牛乳」を注ぎましょう。

これを逆の順番にしてしまいますと、何故か凝固が起こり、見た目も飲み心地もキモくなってしまいます。ご注意ください。

また、注ぐ時に掻き混ぜながらですと、炭酸が余分に抜けてしまい、イマイチおいしさが変わってしまいます。

大きなお世話だし、今時このような飲み方をする人も居ないかもしれませんが、参考までに。

ちなみに、ドデカミンとかビタシーとか、似たような製品だったら同じようにできると思います。ただ、若干味わいが違うような気がしました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 切符入れ Vol.10 東京北鉄道管理局「旅はあなたが主役」(その3) | トップページ | 手作り!無札承認書(蓮田駅、熊谷駅、深谷駅) »

その他懸賞・もらい物グッズ」カテゴリの記事

コメント

結構難しいかもですね。
炭酸は一応弱酸ですからね。
蛋白が多い所に入れれば凝固します。
炭酸のPH(ピーエッチ)はいくつだったか忘れちゃいましたし水溶液の解離定数も忘れちゃいました。
化学実験の基本の基本ですが強酸扱う時は強酸の中に水入れたら大変ですよ。
一応学校そっち系でしたので。

投稿: 金太郎 | 2010年5月17日 (月) 20時12分

金太郎様
牛乳の中に炭酸を注ぐと、一気に炭酸が活動するので凝固が起きやすいのだと思います。オロナミンを先に入れて牛乳を注ぐと、凝固は殆ど起こりません。
強酸の中に水を入れると有毒ガスが起きるのは常識ですね。カビ取り剤を使用するときに換気が必要なのも当たり前。それを逆手に取ったのがニューシャットでしょうかね。今時は汲み取り便所もなくなって、聞かなくなりましたけど。

投稿: キハ181つばさ | 2010年5月17日 (月) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切符入れ Vol.10 東京北鉄道管理局「旅はあなたが主役」(その3) | トップページ | 手作り!無札承認書(蓮田駅、熊谷駅、深谷駅) »