« Nゲージ フリーランス:キクハ09101 | トップページ | JRおおみやイベント’93 来場記念品:シャープペン »

2010年3月 3日 (水)

北陸線特急シリーズ記念入場券(昭和48年):EF70「つるぎ」篇

こんばんわ。

北陸線特急シリーズ記念入場券(昭和48年):「雷鳥」篇』から始まったシリーズで、3回目の今日は寝台特急「つるぎ」をご紹介したいと思います。

Photo Photo_2

昭和47年10月改正で誕生した、大阪~新潟を結ぶ寝台特急です。当初は20系で誕生し、後に24系25型化されています。湖西線が開通するまでは米原経由となっていたため、牽引する機関車も直流機、ディーゼル機、交流機、交直両用機と非常に多くのバリエーションがありましたが、所要時間の短い区間での夜行列車であったため、深夜発早朝着ということで、なかなか写真の撮りづらい列車であったと思います。私も1度だけ『24系25形 寝台特急「つるぎ」』でアップしたとおり、写真を撮る機会がありましたが、時代的にヘッドマークは装着されていなく、昔のカッコいい姿を見ることは叶いませんでした。

先般、リバイバル列車としてかつての走行区間を走り、好評を得ましたね。私も自由が利けば本当に撮りに行きたかったです。このマークはカッコ良過ぎですね。当時のヘッドマークは、空が水色のものと、白色のものと2種類が存在しました。

それにしても、ヘッドマークステーの無いカマに無理矢理着けてしまったこの画像、なんとかならなかったのでしょうかね(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« Nゲージ フリーランス:キクハ09101 | トップページ | JRおおみやイベント’93 来場記念品:シャープペン »

切符(記念切符・記念券関係)」カテゴリの記事

コメント

久々にEF70見ましたよ。
といってもわたくしが実際に見たのは北陸本線内のつるぎや日本海を牽引する姿じゃなくて、引退前の細々と旧客鈍行を引いていた頃ですが。
つるぎのヘッドマークはゴハチでは見てますが、個人的にはどちらかというとEF70か81のような色のカマに似合ってるように思います。
日本海ならゴハチでもロクゴでも似合うんですが。

つるぎも日本海より4年ほど遅れて特急格上げされたんですね。
しかし新潟までに大阪-米原間がEF58、米原-田村間がDD50×2またはDE10、田村-富山間がEF70、富山-新潟間がEF81、今なら考えられませんね。
色々理由もあるんでしょうけど。

ヘッドマークステーが無いのは1000番ではなくて一般型なんですかね。

投稿: 金太郎 | 2010年3月 3日 (水) 21時05分

つるぎ、仰せの通りこのHMのデザインは素晴らしいです。
実物のマークを見たのは、金沢運転所で展示されている機関車に付けてるのでした。
ブルトレの中では地味な存在だと思いますが、HMはカッチョええ~デザインでした。

投稿: シービー | 2010年3月 3日 (水) 22時47分

金太郎様
「つるぎ」のヘッドマークは白地なので、警戒色のあるEF58やEF65だと色が溶け込んじゃうんですよね。やはり赤いカマの方が映えると思います。
私もEF70を撮りに行きましたが、結局あまり逢うことが出来ずに終ってしまいました。
北陸本線も全て地上切替の出来る駅作りをすればこのような複雑さはなかったと思うのですが、地上切替って黒磯しかないんですってね。私は黒磯を一番最初に知ったので、地上切替が当り前だと思ってました。

投稿: キハ181つばさ | 2010年3月 3日 (水) 23時17分

シービー様
私が初めて大阪に行った時は、ブルトレも2列車併結以外はヘッドマークが未だ付いていたんですよね。でも、フィルム枚数に制限があったので、客車を撮ったら機関車は撮らないとか仕切りをつけて臨んでいたんです。それが仇になってしまいました。EF58の「つるぎ」も見たかったですね。

投稿: キハ181つばさ | 2010年3月 3日 (水) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nゲージ フリーランス:キクハ09101 | トップページ | JRおおみやイベント’93 来場記念品:シャープペン »