« バスコレクション第15弾:シークレットも出ました! | トップページ | バスコレクション第15弾:いすゞCJM「蒲原鉄道」の実車写真 »

2010年3月25日 (木)

バスコレクション 名古屋市交通局オリジナルバスセット Part2

こんばんわ。

いやいや、寒い1日でした。今日は仕事も休みだったので、午後からはジットリな生活。でも、何もせずに休んだお陰で、疲れがかなり取れました。

さて、またまたバスコレのネタで恐縮なのですが、レアなセットを入手したのでご紹介したいと思います。

この地域とはまるで関係の無い名古屋市交通局で、オリジナルバスセットが発売されました。普通なら、地方での発売はわざわざ買いに行くこともできないので完全無視なのですが、名古屋の場合は親戚があるので、大変厚かましいことではありますが、代理購入をお願いしちゃってます。

今回も発売当日に初めて気が付きまして、翌日に電話を掛けてお願いしたところ、従妹の息子君がわざわざ買いに行ってくれたそうです。さすが中学生!お兄ちゃんになりましたね。

で、未だ購入費用もお支払いしていないのですが、早速現物を送っていただきました。

Photo

いすゞのボンネットバス・BX352と三菱ふそうエアロスターMP717の2台セットです。

なんでも、今年は名古屋市バス開業80周年のようです。これを記念しての発売でしょうか?ちなみに、2年ほど前に1回、やはりオリジナルセットが発売されていますので、今回は区別の便宜上、勝手にPart2と呼ばせていただきます。

Photo_2

外箱を開けると、最近のグレードである、2枚合わせのパックに収納されています。

K54k55

こちらが中身。

右側が K54 いすゞBX352 左側が K55 三菱ふそう エアロスター KC-MP717M

いすゞBX352は、バスコレクションの栄えある第1弾で名古屋市営が設定されており、今回は2度目の製品化となりますが、第1弾では塗装とシールの表現であるのに対し、今回は塗装によるものとなっていることから、その出来映え・グレードは当時と比べ物になりません。まあ、値段も2倍近くに跳ね上がってはいますが・・・。

三菱ふそうエアロスターは、今回第15弾で製品化された形式のバリエーションタイプと言えます。第15弾の東急バスとほぼ同様のプロポーションとなりますが、屋上クーラー等の形状が全く異なっており、専用金型で別に起こされています。この辺りはバスコレらしい拘りですね。もっとも、説明によると当該車両は同タイプ初期投入のツーステップ字幕式車であり、ワンステップの第15弾とは趣旨の異なる設定となっています。

Photo

セットにはステッカーも封入されています。現在、単品でも1台525円ですので、シール付きでセット1200円は良心的ですね。さすが公営企業です。

初期発売から6年を経て復活したいすゞBXD、第15弾の設定から外れて別バージョンで単独発売となった三菱ふそうMP717M。時代考証的にも、別バリエーションとしても、大変価値のあるセットではないかと思います。

そして、10000セットという膨大な発売数は、過熱する転売防止対策としても有効ですね。気軽に手に入る数の供給。事業者としてのリスクが高くなる危険がありますが、消費者としては助かります。

購入をお手伝いいただき、感謝しております。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

|

« バスコレクション第15弾:シークレットも出ました! | トップページ | バスコレクション第15弾:いすゞCJM「蒲原鉄道」の実車写真 »

バスコレクション」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、
このような地方のバスコレとか拝見してみると、地方に興味のある人向けのお土産によいのではないかと思いますけど、食べ物に代表されるような消えモノとは違い、大切に取っておけば価値のあるモノになるし、それから何よりも旅の思い出がいつまでも残ると私は考えます。
それでは、この辺をもちまして失礼します。

投稿: 宮オオ | 2010年3月26日 (金) 22時58分

宮オオ様
おっしゃるように、このようなセットを地場のお土産としていつでも買えるように扱ってもらえれば、旅の記念としても思い出に残りますけど。
でも、実際は、欲しい側が売り切れないうちにこぞって購入に奔走し、売る側も在庫があると言うことは儲けになっていないと言うことで急いで売りたいといった思惑があり、淡々と長きに亘って販売する方程式が成り立たないようです。

投稿: キハ181つばさ | 2010年3月27日 (土) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バスコレクション第15弾:シークレットも出ました! | トップページ | バスコレクション第15弾:いすゞCJM「蒲原鉄道」の実車写真 »