« スーパーレア! 上野動物園「おさるでんしゃ」乗車券 | トップページ | 私的名曲選 番外編 爆笑 『さくらんぼ』by大塚 愛 »

2010年2月 8日 (月)

時刻表ネタ 急行「あさぎり」と急行「あさぎり」

こんばんわ。

週末、鉄道系ブログや情報サイトを覗いてみると、急行「あさぎり」のリバイバル運転が目に付きました。

そう言えば・・・遠い過去の記憶が甦ってきました。

関東在住の私からすれば、急行「あさぎり」と言えば新宿発御殿場行きの小田急SSE車を使用した乗り入れ急行ですね。でも、今回のリバイバルは気動車による急行「あさぎり」です。九州を走っていた急行ですね。

おそらく、この機会に???が解消した方もいらっしゃるでしょう。実は、国鉄時代に珍しくも同一名称の急行列車がずーっと長きに亘り同居していたのです。

19788

いずれも1978年(昭和53年)8月号の交通公社時刻表から抜粋しています。

こちらは言わずと知れた新宿発御殿場行きの急行「あさぎり」です。長らく小田急のSSE車5連により、定員制の私鉄←→国鉄乗り入れの全国的にも珍しい運転形態の急行列車として運転されました。当時から1日に4往復の定期列車が設定され、車両も種別も変わってしまいましたが、現在も特急「あさぎり」として活躍を続けています。

19788_2

一方、こちらは九州で門司港~由布院・天ヶ瀬間を日田彦山線経由で運転されていた、気動車急行「あさぎり」です。この急行列車は見た目のとおりのローカル急行で、グリーン車も指定席車も連結されていません。

小田急乗り入れの「あさぎり」は、「朝霧高原」という地名に由来しており、九州の「あさぎり」は自然現象に由来するものとされていることから、同じ「あさぎり」というひらがな表記、発音であっても、言葉の意味は異なります。

かといって、見た目は全く同じ愛称となりますので、混乱はなかったのでしょうか?

この両者、列車同士が全く接することの無い遠い地域に接しており、また、小田急「あさぎり」は座席指定なしの定員制、九州「あさぎり」も自由席のみの急行であったことから、マルスによる指定券発売も無いことから、混乱は有り得なかったものと考えられています。

それにしても、昭和61年に九州「あさぎり」が廃止されるまでは、同名の急行列車が長きに亘って同居していたことになりますので、いくら全国広しと言えども、唯一の例であったものと思われます。

私も小学生の頃より時刻表を良く見ていたものですが、夏の臨時列車で「かっぱ」とい名称が付く列車でニアミス的な名前があった記憶はありますが、そのものズバリと言うのは無かったように思います。ただ、この列車の存在自体は、かなり幼い頃から知っていた自分が怖いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« スーパーレア! 上野動物園「おさるでんしゃ」乗車券 | トップページ | 私的名曲選 番外編 爆笑 『さくらんぼ』by大塚 愛 »

時刻表ネタ」カテゴリの記事

コメント

管理人様、御無沙汰しております。
JR対三セクの列車愛称の重複事例があります。
片方は今尚現役の夜行急行はまなすで、もう片方は鹿島臨海に存在した快速はまなすであります。
国鉄部内での重複はあさぎりだけだと思われますが三セクや私鉄で重複する事例は幾つかある様です。
急行はまなすは北海道の海岸に自生するはまなすをイメージした物と思いますが鹿島臨海の快速はまなすは自生の南限である開通当時の大野村(現、鹿嶋市)から採用したと聞きます。
現在は大洗鹿島線列車は各駅停車のみですが快速用のマリンライナーはまなすが登場した他、平仮名字数では日本一とされる長者ヶ浜潮騒はまなす公園前の駅が駅名として残しております。

投稿: 電気釜56号 | 2010年2月 8日 (月) 13時24分

電気釜56号様
おっ!久し振りですね。
そう言えば鹿島臨海に「はまなす」というのが居ましたね。ただ、私的にはまだ最近のような気がしてしまいます。北海道では昭和30年代に「はまなす」が存在していましたね。
最近は快速にカタカナ名とかが多くなってきましたので、快速だと私鉄との競合などが多くなるかもしれませんね。

投稿: キハ181つばさ | 2010年2月 9日 (火) 00時13分

あさぎりの愛称が2つ有るのは知ってました。
九州のあさぎりが上下で発着が違うのも面白いです。
飯田高原にちなんだ急行はんだ、日田、ひこさん、運転経路が面白いあきよし、懐かしいですね。
乗ったことはないですが。

またかっぱだと覚えてる限りでは鼠ヶ関かっぱ、五能線の××かっぱ(頭は忘れました)、あと海水浴臨ではかもめ、××しおかぜなんてのもあった気がします。

投稿: 金太郎 | 2010年2月10日 (水) 00時23分

金太郎様
山陰の急行と比較しても、九州の内陸部の運転経路は、より複雑だったと言うか、難解でしたね。上下で始終発駅が違うのは、普通列車との運用連携も複雑だったのでしょうね。これは、全国的に難解なものが多かったようです。
普通、名称の編成は引継がれていくもので、各地に違った形で存在していたものですが、ズバリ同じと言うのはなかなかないと思いますね。「かっぱ」は山陰方面にもあったような記憶があるのですが、調べる時間がございましぇん。

投稿: キハ181つばさ | 2010年2月11日 (木) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーパーレア! 上野動物園「おさるでんしゃ」乗車券 | トップページ | 私的名曲選 番外編 爆笑 『さくらんぼ』by大塚 愛 »