« 藤田まことさんの死を悼む | トップページ | 急行「津軽」:急行券・指定席券 »

2010年2月20日 (土)

寝台特急「北陸号」 運転記念入場券

おはようございます。

昨日は22時過ぎに寝てしまい、気が付いたら2:30。それからずっと起きて、朝練待機してました。そりゃ身体壊すわ・・・。

昨今の鉄道ブームに乗り、さよなら「北陸」「能登」も絶好調の様相で、昨日手に入れた鉄道ファン4月号にも「北陸」を撮影しているファンの様子が載っていました。かなり遅い時間なのに、なんとも凄い人数ですね。私的には地元列車なので、今更慌てても・・・とも思いますが、早朝・深夜の列車だから、地元で無い人はなかなか撮ることが出来なかった厄介な列車であった、ということも理解は出来ますね。

さて、そんな廃止直前のお祭り状態ですので、この機会に寝台特急「北陸」が誕生した時の様子を振り返ってみましょう。

昭和50年3月、新幹線博多開業に合わせた全国白紙ダイヤ改正において、それまで2往復が設定されていた急行「北陸」は歴史的な変化を迎えます。※以前、本体ブログで記述したことが矛盾があったようなので、鉄道ファン誌から引用します。

寝台・座席「北陸1・1号」は、金沢~福井間を廃止の上、上野~金沢間の寝台特急として生まれ変わりました。これは、関西~九州間の寝台列車の削減による余剰車を活用したもので、「北星」とともに20系化されています。また、「北陸2・2号」は全車寝台の豪華急行でしたが、こちらには「北陸1・1号」の性格に代わって座席車を連結し、リーズナブルな夜行急行「能登」として急行「北陸」の意思を継ぐことになります。

そして、急行「北陸」は、20系ブルートレイン「北陸」として活躍を始めます。※20系時代の「北陸」の写真はコチラ

では、寝台特急「北陸」の運転を記念して発売された記念入場券をご覧ください。

Photo

非常に素朴なデザインになっちゃってますね。もっとも、運転前に印刷をかけているわけですから、写真が用意されていなくても仕方ありません。金沢駅の発行で、この時はまだ30円だったんですね。デザインはカニ21になっているのもレアです。なんでナハネフの寝台客車の方にしなかったんでしょうね。

Photo_2

こちらは裏面になります。下りは水上駅停車になっていますね。当時はEF58の牽引であり、国境越えで必ず補機が必要となりますから、上下とも停車はしています。10号車は当分の間欠車扱いになっていたように記憶していますね。

各駅の時刻表示もしてありますが、現在のダイヤと比較すると、所要時間が1時間半も違うんですよね。到着時間が有効時間帯に掛かるように設定されていますので、着時間よりも発時間で調整していたようです。それでも、当時の列車とスピード差はそれほど無い筈なので、水上や石打、或いは本命長岡といったところで、かなり余分に時間調整を行っていたのではないかと思います。

一昨年、思い立って往復「北陸」乗車を強行してきましたが、今のダイヤですと、相当寝付きの良い人じゃないと有効に寝れないですね。事実、久し振りの寝台特急で緊張してしまって、私は越後湯沢までは寝れませんでした。(その代わり、返しは流石に疲れきって、糸魚川から大宮到着直前まで爆睡。)

私は「北陸」「北星」が20系特急として誕生した時、距離的にも中途半端なのであまり長続きしないだろうと予測していました。「北星」は東北新幹線の開業により早くに廃止されてしまいましたが、「北陸」「能登」はディズニーランド効果でかなり好調だったようです。しかし、今では夜行バスもありますし、おそらくツアーやパックも充実して、安上がりな手段が色々と出来てしまったんでしょうね。

廃止までもう1ヶ月を切ってしまいました。最後まで無事に走ってもらいたいものです。少なくとも、アタマの悪いにわかテツに妨害されないことを祈ります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« 藤田まことさんの死を悼む | トップページ | 急行「津軽」:急行券・指定席券 »

切符(記念切符・記念券関係)」カテゴリの記事

コメント

北陸が特急化されてEF58が牽引してましたが、それって撮ってないような。
やはりHMが付いてなかったからなのでしょうが、EF65PF「あけぼの」なんかはHMが付いてなくても撮っていたのは何故なんだろ~。
北陸には国鉄時代に、1度しか乗車してませんが、その特急券(マルス券ですが)も思い出の品になりそうです。

投稿: シービー | 2010年2月20日 (土) 14時14分

シービー様
国鉄時代の乗車とは豪勢ですね。私は「越前」の廃止直前にさよなら代わりのB寝台乗車をしたくらいですかね。
当時はEF58牽引はそれほどレアではありませんでしたし、やはりヘッドマークがないこと、上野到着が早いこと、撮れない・撮りたくない条件が多分にありましたね。ただ、20系だけは好きでしたので、後ろ向きは結構撮ってましたけど。
廃止されてしまうと、また休日の朝が寂しくなります。

投稿: キハ181つばさ | 2010年2月20日 (土) 15時38分

なんか、マナーの悪さや異様な群衆を見るにつけ、サヨナラの近い列車ほど近寄りたくない感じです。ホントに、無事を祈るというしかないです。

投稿: | 2010年2月21日 (日) 22時48分

舞様
特に最終日が酷くなりますね。なんでも無いときには近寄らず、最後だけたかって来る。おそらく、写真を撮りたいとか残したい、別れを惜しみたいとか、そんな純粋な気持ちではないと思います。ただ単に祭りに参加したいだけ。成人式にへんな格好で登場する○縄県のバカ成人みたいなもんじゃないですか。迷惑=目立つ=ステータスみたいな勘違い野郎。暴走族なんかと同じレベルって感じします。

投稿: キハ181つばさ | 2010年2月22日 (月) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤田まことさんの死を悼む | トップページ | 急行「津軽」:急行券・指定席券 »