« 急行「津軽」:急行券・指定席券 | トップページ | 22222・・・2010!・・・惨敗orz »

2010年2月22日 (月)

北陸線特急シリーズ記念入場券(昭和48年):「雷鳥」篇

こんばんわ。

鉄道雑誌各誌が発売になっていますが、どれをとっても北陸色一色という感じで。もちろん、寝台特急「北陸」、急行「能登」の廃止が大きく影響していますし、ここに来て西日本でも「雷鳥」の485系置き換えや新鋭521系増備による419系への影響など、旧型車王国であった北陸本線への注目度が増大していますので、致し方の無いところですね。

だからと言うわけではないのですが、私自身も西日本の特急列車は憧れの存在でありましたし、そのような経緯があって無理に手に入れたコレクションもあります。

今回は、昭和48年に発行された「北陸特急シリーズ」と称する記念入場券をアップしたいと思います。この記念入場券、10枚組みですが、1度に紹介するのは非常に骨なので、10回に分けてご紹介したいと思います。

Photo Photo_2

初回となりますので、今日は入れ物もご紹介いたします。

全国の特急網が整備されてきたのは昭和47年の改正でしょうかね。急行列車から数多くの格上げ特急が誕生しています。北陸特急もこの昭和48年時点で9種の名称が出揃っています。

どうも同年に開催された「日本海博」がきっかけでこの記念入場券が発売になったようですが、当時は私も小学4年生ですから、この話題は全く知りません。大阪万博はテレビでも相当騒がれていたので記憶にありますけど。

私が中学生になり、同級生の紹介でスタンプショップに足を運ぶようになったのが昭和51年。この記念入場券が飾られており、憧れの関西特急がズラリと並んだ絵柄は強烈なインパクトがあり、欲しくて仕方なかったんですよね。しかし、当時の店頭価格で3千円。立喰いの掛けそばが100円したかどうかのころですから、とても手の届く存在ではなかったんですよね。それでもどうしても欲しくて、中3か高校生になってからでしょうか、やっと手に入れたのです。ちなみに、中学生のときの小遣いが月2~3千円だったように記憶しています。

今日はこの中から1枚ご紹介いたします。

Photo_3Photo_4

北陸本線の代表格の特急列車といえばこの「雷鳥」でしょう。 交直両用型の特急列車の始祖でもあります。登場当初は赤スカートの481系でしたが、写真ではクリーム色のスカートとなっていますので、既に485系も登場していたということになります。

貫通型の車両が誕生したのが昭和47年くらいだったと記憶していますが、この昭和48年くらいだとボンネット型の方が多勢を占めていた頃かもしれませんね。

既に40年も経過しているわけですが、登場時から現在に至るまで485系で運転されているのはある意味奇跡と言えますね。しかし、その歴史の幕も直ぐそこまで迫っているようです。

10枚組みですので、追って他の列車分もご紹介してまいります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« 急行「津軽」:急行券・指定席券 | トップページ | 22222・・・2010!・・・惨敗orz »

切符(記念切符・記念券関係)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、
老舗の名門特急である「雷鳥」は、私の関西時代に北陸へ行ったときに利用したことがあり、「サンダ-バード」が本格的に脚光を浴びるまで関西~北陸間の命綱的存在の列車でした。
私は最末期のころのボンネットクハの「雷鳥」を大阪にて撮影したことがありましたけど、スカート部分はディーゼルカーとの協調併結運転対応のためかなり手が加えられており、ほんに痛々しい姿だったことが忘れられません。
それにしても183.189.485.489は往年の181.モハ481.モハ483とは異なり、若いのでもおよそ30年もいまだ第一線にて活躍してるとは私にとって複雑な心境です。
それでは、この辺にて失礼します。

投稿: 宮オオ | 2010年2月24日 (水) 18時01分

宮オオ様
「雷鳥」のボンネット車最後の頃、撮影する気になれなかったのはあのスカートの欠き取りにありますね。「ひたち」の最後もそうでしたが、やはりオリジナルの外観に手を加えてしまうと、非常に大きな違和感を伴います。485系の撤退で「雷鳥」という由緒ある名称が消え、アニメのような「サンダーバード」という名前に統一されるのは個人的に納得がいきません。

投稿: キハ181つばさ | 2010年2月25日 (木) 05時57分

こういった車両シリーズの記念切符は、欲しかったですね。特に撮れない地域のものだと。
日本海博、まったく記憶にございません。

投稿: シービー | 2010年3月 1日 (月) 23時16分

シービー様
日本海博、ご存じなかったですか?相当地味な博覧会だったのでしょうか?
関東人にとっては関西特急は憧れですよね。この記念切符も大枚叩いて買いましたが、今となっては二束三文でしょうな。

投稿: キハ181つばさ | 2010年3月 1日 (月) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 急行「津軽」:急行券・指定席券 | トップページ | 22222・・・2010!・・・惨敗orz »