« GMキット改造 謎の急行形 455系800番代(その5完:クロシ455-1) | トップページ | ネクタイピンシリーズ(その3):西武鉄道NRA(ニューレッドアロー) »

2010年1月 9日 (土)

クズ入場券から得た喜び(その2) 普通入場券 弥彦線 「越後長沢駅」

こんばんわ。

年明けで久し振りの仕事。それも1週間丸々はなかなかキツいですわ。まあ、リハビリにはなったと思いますが、疲れてしまって3日も更新をサボってしまいました。

さて、今日は『クズ入場券から得た喜び』シリーズの第2弾で、新潟県にある弥彦線関係の入場券です。経緯はリンクからご覧ください。

19821 前回に引き続き、1982年1月号の公社時刻表からです。昭和57年ですと、私はギリギリ高校生でしたね。弥彦線というのは、越後線と信越本線をタテに串刺しした奇妙なスタイルの路線のイメージがありました。

弥彦線以外にも、既に廃止されてしまった新潟交通や、蒲原鉄道が目を引きます。この時代に行っておけば良かったと相変わらずの先に立たない後悔ですが、この当時は変貌する国鉄列車を追うだけでも一苦労の時代でした。

さて、それでは入場券をご紹介いたします。

Photo 弥彦線では北西の基点となる弥彦駅で、現在も存在しています。

1日15往復程度の列車が設定されていますが、約30年前の昭和53年の時刻表を見ても、あまり変わっていないようです。

しかし、昭和53年当時はまだ非電化で気動車による運行となっていますが、昭和59年4月に弥彦~東三条間のみが電化されています。

Photo_2 こちらが南東に基点となる越後長沢駅の入場券です。

昭和59年の電化からは取り残され、ちょうど1年後の昭和60年3月末をもって廃止されています。

前回ご紹介いたしました西小千谷駅などと同様に、簡易委託化されたようです。同じ新潟鉄道管理局管内であることから、同時期に整理されたのではないかと推測いたします。それにしても、思いっ切り印刷が曲がっていますね。

200911こちらは2009年11月号の公社時刻表路線図です。昭和57年と比較すると、驚くほどあっさりしちゃってますね。

実は、あまり新潟方面へ乗りテツや撮影などに行く機会が無く、初めて新潟駅にいったのですら結婚して娘も生まれてからですから、全く縁のない土地でした。ちょうど結婚した頃、磐越西線(非電化側)にD51・C58が走ったために撮影に行ったことがありましたが、蒲原鉄道ですら2駅間に縮小されていました。

そんな縁の無かった地域でしたので、この入場券の存在もまったく関心が無く、同区間が廃止になったことすら知りませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« GMキット改造 謎の急行形 455系800番代(その5完:クロシ455-1) | トップページ | ネクタイピンシリーズ(その3):西武鉄道NRA(ニューレッドアロー) »

切符(普通入場券関係)」カテゴリの記事

コメント

新潟も鉄道廃止が多い地域でしたね。
新潟交通などは、燕駅で見たのですが撮ってなかったし。
蒲原鉄道は行ってみたかったけど廃止になったりと。
弥彦線は、吉田~弥彦間にしか乗ってませんでした。JRになってからですが。

投稿: シービー | 2010年1月 9日 (土) 23時26分

シービー様
やはりなくなった時期が悪いですね。国鉄の撮影だけでも忙しかった頃に急激に廃止されたり縮小されたりして。
新潟市近辺自体が行ったことが無く、佐渡に行った時に1回と、北海道に行く際に新津で乗り換えたくらいしか利用したことがありません。弥彦線自体ももちろん行ったことはありません。

投稿: キハ181つばさ | 2010年1月 9日 (土) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GMキット改造 謎の急行形 455系800番代(その5完:クロシ455-1) | トップページ | ネクタイピンシリーズ(その3):西武鉄道NRA(ニューレッドアロー) »