« 私的名曲選 Vol28 『Misty Night Cruising』 by 杉山清貴&オメガトライブ | トップページ | クズ入場券から得た喜び(その2) 普通入場券 弥彦線 「越後長沢駅」 »

2010年1月 6日 (水)

GMキット改造 謎の急行形 455系800番代(その5完:クロシ455-1)

こんばんわ。

バタバタで年を越してしまいましたが、455系800番代の最終回です。4551

最初の予告でご覧いただきましたとおり、青森方5号車(元3号車)の車両です。正面から見ると、まんま157系ですね。特に正面の塗り分けが、オリジナル157系と殆ど変わりませんし、色調も似ているのであまり違和感がないと思います。大きな違いといえば、交直両用の静電検知アンテナと、ベンチレーターの配置でしょうか。

4551_2 で、正体はコレです。

形式はクロシ455-1。想像できたかな?結構意外だったでしょ。

ビジネス急行の名に相応しいサービスを提供するため、グリーン車にビュッフェコーナーを合造としました。グリーン車室の定員は24名と比較的広く取り、さらに運転室がある分、ビュッフェのスペースはコンパクトになっています。まあ、運転当初は3両編成でしたので、座席定員から考えてもこの程度で十分だったでしょう。

4551_3 公式側から見たところです。客室部分のクーラーは3基、ビュッフェ部分は2基となっています。3基に増設しようと思ってのですが、スペースに不釣合いだったので2基としました。

中央客ドア右側にある窓は専務車掌室であり、その反対側はトイレになっています。高窓部分はサハシ455と同様に、窓向きカウンター式で回転いすを設備しています。

4551_4 こちらは非公式側です。

前述のとおり、こちらにはトイレが設置されています。洗面台のスペースが無いので、鏡と手洗いもトイレ内に設置してある想定です。

こちらのビュッフェ部分も高窓がカウンター部分となりますが、サハシ455系と比較すると約半分しかなく、その代わり、テーブル席用に窓1つ分のスペースを設けたのが特徴となっています。

模型的には、先頭からクハ157の乗務員扉まで、サロ157のトイレまで含めた側板、後部ビュッフェ部分はサハシ153の余剰車から調達しています。さらに、テーブル席部分は、改造で余った157系キットから調達しています。

切り継ぎ箇所も結構多く、KATO製品との接合という厄介な部分もあったのですが、私にしては珍しく、切り継ぎ痕も殆ど目立ちません。

過去にテツ模仲間と公開運転があり、その際に1度だけ走らせたことがあるのですが、知識の無い子供たちは別として、見慣れない異様な雰囲気の急行列車はかなり注目を集めていました。

屋根周りなど、もっと丁寧に作ることが出来れば、雑誌とかにも投稿してみようと思ったのですがね。今となってはその手間も面倒になって、このブログにてやっと陽の目を見たということになります。私的にはトータルで満足できた、数少ない改造作品でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

|

« 私的名曲選 Vol28 『Misty Night Cruising』 by 杉山清貴&オメガトライブ | トップページ | クズ入場券から得た喜び(その2) 普通入場券 弥彦線 「越後長沢駅」 »

鉄道模型(鉄コレ以外)」カテゴリの記事

コメント

こういう合造車の姿って好みです。急行「ときわ」にも臨時運用として連結させてくださいませ。
それよりも、この車両に乗ったらlineさんと飲みつぶれそうです。
今日は東京駅で夜間作業のため、遅出ですがその前にコメ&ポチしておきました。

投稿: シービー | 2010年1月 6日 (水) 09時01分

シービー様
今頃お仕事中でしょうかね?
1本のみの編成で、定期運用に入るので、常磐線運用は非常に難しいですね。ビジネスマンが動かなくなる年末年始やお盆休み期間中に一般編成(帰省対応)に差し替えて、イベント列車的に運用させましょうか?
あくまでもビジネス列車ということで、アルコールはビールのみ。酎ハイ等は車内販売でお求めください。

投稿: キハ181つばさ | 2010年1月 6日 (水) 21時28分

これは想像できませんでしたなー。
わたくし的にはクロハで来るものと思ってましたわ。
クロシねー・・・。
実車では無い合造車ですけど、ゲテさをアップさせるならビュッフェ部分のクーラーをキノコ型、編成美にウエイトを置くならつばささんの方法でしょうね。
ときわ、もりおかの運用がきびしいなら短距離と言う事で紅葉シーズンの臨時仙山も良いのでは。
仙山線なら、旧国を交直両用に改造した試作のやつがありましたけど、70,72、クモハ54あたりをそれにしたらキモさが増して面白いかも・・・。
シャッターつきタイフォーン、電機用ホイッスル、スノープロー装備、東海型ベンチレーター化、もちろん屋上はいじりまくりすればいけそうな気がします。

投稿: 金太郎 | 2010年1月 6日 (水) 22時40分

金太郎様
そうですか~。ベンチレータの並びとか見当をつけられていたようなので、スッカリ見破られたかと思いました。ヤッター!(笑)
クーラーは、製造当初から冷房化されていたということで、AU12ダブルではなく、敢えてシングルとしました。
間合いは青森方でしか取れないんでね。運用から外すのは難しいんですね。むしろ弘前行きとかかな?なんて、真剣に考えたりしてね。
仙山線の試作レベルでフリーランスの発想はなかなかですね。コメントを見て創作意欲が湧いてきました。問題は模型をやる時間が無いこと。ブログをお休みしないと、とても出来ません。orz

投稿: キハ181つばさ | 2010年1月 7日 (木) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私的名曲選 Vol28 『Misty Night Cruising』 by 杉山清貴&オメガトライブ | トップページ | クズ入場券から得た喜び(その2) 普通入場券 弥彦線 「越後長沢駅」 »