« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »

2009年12月27日 - 2010年1月2日

2010年1月 2日 (土)

初夢って、昼間に見ても良いの?

こんばんわ。

久し振りに645を引っ張り出して、景色の良い所で三脚を立てて、目指す列車が来るのを待ちます。結構な人出があり、足場も斜面で、三脚を立てるのもやっとでした。隣のテツたちにカブられないように、やっとの思いでセッティングが完了。

そして、間もなく列車が来ようというところ、隣の人との狭い間に、とんでもないことにテツが入って来やがった。何の挨拶も無しに。

『フザけやがってコノヤロー・・・』と心の中で思った瞬間、斜面でバランスを崩したコノヤローが、私の三脚をずらしやがった。

アタマに来たね。目指す列車が来るまで時間が無い。慌てて構図を直している間、ファインダーを覗いている間、また三脚にぶつかって来やがった。

『ブッチン!!!』 ←キレた音。

コノヤロー!!! ← 余りにアタマに来たので、思いっ切りケリを入れてやった。

と、ここで目が覚めた。

昼寝をしてしまい、夢まで見ていた。

しかも、非常にハラが立つ夢。

これを女房に話したら・・・

『リアル過ぎてウケるぅ~』

だそうです。

真昼間に見てしまったこの夢・・・今年の初夢になってしまうのだろうか・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (5)

切符入れ Vol.5 国鉄「白糸川橋梁を渡るEF651096 富士」

こんにちわ。アップが遅くなってしまいました。

正月の縁起物と言えば、一・富士、二・鷹、三・なすびとなっていますが、私にはナスが嫌いです。

ここは一番縁起の良いとされる「富士」が載っている切符入れをご紹介したいと思います。

Ef651096 東海道本線 根府川付近に架かる白糸川橋梁を行く、EF651096牽引の寝台特急「富士」です。

『いい日旅立ち』のロゴも懐かしいですね。昭和53年11月からキャンペーンが始まっていますので、それ以降の製作ということになります。食堂車も既に付属編成に組まれており、こちらも昭和53年2月以降の編成となります。

裏面は週刊新潮のCMです。昔はTVCMでも水木の2日間に亘って流れていたものですが、確か、この絵を描いている画家がお亡くなりになり、TVCMが流れなくなったと記憶しています。

全国随一の撮影地であった白糸川橋梁ですが、風の影響を受けやすく、列車遅延の原因になっていました。特に、餘部鉄橋における「みやび」の強風・転落事故から強風に対する運転規制が厳しくなったこともあり、背の高い風防柵が設けられ、景勝地としての格はなくなってしまいました。

特急「富士」も、EF66にバトンタッチすると共に、ブルトレの衰退による「はやぶさ」との併結、そして、東京発着のブルトレが全廃となるなど、この写真に見られる光景も遠い過去のものとなってしまいました。

ポチ!ありがとうございます!

| | コメント (2)

2010年1月 1日 (金)

国鉄 烏山線大金駅 「新春縁起来富」

あけましておめでとうございます。

拙いブログですが、また今年も1年、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

早速ですが、新年ということで、今日は縁起モノをご紹介したいと思います。

Photo 昭和60年、国鉄時代の烏山線大金駅で発行された、その駅名から由来する縁起モノの入場券と乗車券です。「愛国から幸福」のヒット以来、このように語呂にかこつけた切符の販売が流行しましたね。この大金駅も比較的早い時期にPRが行われておりました。

絵馬を模したと見られる台形の台紙に、「大金→宝積寺」と大金駅の入場券がセットにされています。大金駅舎と、これまた懐かしい、キハ40形2000番代のタラコ色です。

Photo_2 台紙裏面には色々と講釈が書いてありますので、時間のある方はお読みください。

Photo_3 乗車券と入場券のアップです。

乗車券の方は、国鉄時代から一般的であった両矢印式のB型大人専用券です。

記念乗車券的スタイルとしているので、発行日は60-1-1の印刷。発売が当日だけではないため、2週間の有効期限が設定されています。

一方、下段の入場券ですが、こちらも一般的な入場券で、日付、有効期限とも乗車券と同様の取り扱いとなっています。

Photo_4 こちらは裏面写真です。

記念セットでの印刷とあって、券番は同じものが用意されています。通常と違うとすれば、「大金駅新春縁起来富(きっぷ)」と印刷されているところですね。何故か右側の番号の「7」の部分に、薄く「6」が消えかかっているのが気になります。

この乗車券、確か、与野駅時代の上司だったK助役に写真パネルだかを作ってあげて、お礼にもらったような気がするんですよね。しかも、そのK助役は、与野駅から大金駅へと転勤になっています。さらに、当の助役はこの昭和60年にはまだ与野駅に私と一緒に勤めていることから、かなり後にコレを手に入れたのではないかと考えられます。ひょっとして、売れ残ったヤツを自腹で購入したんではないですかね。当時は、職員自身が自腹を切って、オレンジカードなんかも買って成績にしたりしてましたからね。

それにしても、一度に5000枚以上も売れたんでしょうかね?とても信じられません。

今年はデジタル一眼を手に入れることが目標です。無駄遣いをしないように、生き方を見直したいと思います。

本年もよろしくお願いいたします!

| | コメント (2)

2009年12月31日 (木)

私的名曲選 Vol27 『愛の休日』『シェリーに口づけ』byミッシェル・ポルナレフ

こんにちわーーー! ← 意外にテンションは低い。

なんか疲れちゃってね。あっというマニ大晦日って大晦日って感じ。これからまた掃除して、年越しそばのおつゆ←大概、私が材料から自分で作る(国鉄時代に培った名残り)を作らなくちゃいけない。

そんで、今日は何をネタにしようと考えていたんだけれども、季節的にもシチュエーション的にも見つからなかったので、悩んだんですよねぇ。

ちと考えてみたのですが、日本ではお正月の歌ってあまりないですよね。お正月を題材にしたPOPSというのもないし・・・。

じゃ、なんか休みを表現する曲って・・・夏休みはいろいろ有りそうだけど・・・

って、急に思いついたのがこれだったんですよ。

ミッシェル・ポルナレフの『愛の休日』。正式には『Holidays』です。

調べたら1972年の発売ですので、私はまだ8歳ですか。このレコードが田舎にあって、良く聴いていたんです。小学2~3年くらいですからね。何を歌っているか全然歌詞がわかりませんが、すごく良いメロディーだし、覚えやすいし、残りやすいと思います。40年近く経つのに、楽器や歌詞の強弱まで、未だに覚えていますもんね。

とちゅう、版権だかのいざこざがあって、番組やCMなどに使われなくなってしまったみたいですが、3年近く前からその辺りの整理がついたらしく、ミッシェル・ポルナレフの曲がまた聴けるようになったみたいです。

ミッシェル・ポルナレフを知らない世代の方は、こちらの曲を聴いてみてください。

こちらが『シェリーに口付け』という曲で、CMでも使われるようになったのでご存知の方も多いと思います。1971年の曲なので、もうすぐ40年経ちます。

実は、昔から聴いた覚えはあるのですが、この曲がミッシェル・ポルナレフの曲だって知ったのはつい最近なんですよね。多分、田舎にこの曲のレコードが無かったからなんでしょうね。

まあ、執着するほど聴いた曲ではないのですが、モロケツ出しのレコードジャケットと共に子供の頃の印象が非常に強く残っている曲です。まさに、私的名曲です。

今年も大変お世話になりました!

| | コメント (4)

2009年12月30日 (水)

GMキット改造 謎の急行形 455系800番代(その4:モロ454-1)

こんにちわ。

年末も押し迫ってまいりました。ここに来て、年賀状の追い込みが終わったと思ったら、大掃除に手間取ってしまい、今私の座っている周りも大変な状態です。このアップが終わったら大掃除続行です。

さて、年内に片付けようと思っていた455系ネタですが、年末の残業が激しくて、スッカリ遅れてしまいました。その分、年明けに持ち越しても勢いが付けられるので、まあ良しと思うことにしました。

今日は、4号車のご紹介です。

4541 一連の編成の中でも、「これはないだろう」と思われるものを作り出してしまうのがフリーランスの楽しさ。

3両編成で「優等座席が足りない」という要望を受け、前回ご紹介の3号車「モハ455-801」とユニットを組む形で登場した「モロ454-1」です。全席グリーン車とし、定員を大幅にアップいたしました。もっとも、ここまでグリーン車を増結しなければならなくなった経緯については、最後のネタでご説明しなければ判らないと思います。まあ、時刻表や編成に詳しい方、車両・編成のセオリーを解っていらっしゃる方なら容易に想像できるかもしれませんけどね。

4541_2 4541_3

前々回にご紹介いたしました「モハ454-801」と同様の機器装備となっていますが、後から製造された分、クーラーが集中型に変わっているのも実際の時代背景とリンクさせております。また、157系の設計をベースとした車体ということで、同時に製造進行中の「サロ455」とは似ても似つかぬスタイルとなっています。

模型では、GMのサロ157をベースにほぼ素組となりますが、屋根は交直流型となるのでKATOのモハ456をそのまま利用し、ツメなどの余分な出っ張りを除去してそのまま接着しております。また、パンタ側妻面については、配線の引き込みを表現するため、余剰となった同じくモハ456の妻面を移植しております。交直流型に必要なステップ型ドアについては、前回ご説明のとおり、下部を延長改造しています。

模型的には他の455系と併結の上、モーターを依存してしまおうと考えたのですが、2両増備に伴い、このモロ454をM車に仕上げました。車内の座席配置は特急用モハとなっているので、シートピッチが合わないのは残念ですが、ここまでは加工が難しいので放ったらかしにしています。

こんな車両、歴史的にも絶対に有り得なかったわけですが、なんか塗装とかも似合うと思いませんか?特に、私的には急行形に見られたグリーン車の帯が目立っていて非常に好きだったんですよね。

このモロ454については、他の455系とは重複しない形式のため、敢えて800番代とはせずにトップナンバーを与えたのが私の拘りですね。

うれしぃー、ありがとー! ← 気に入ったら押してちょ!

| | コメント (2)

2009年12月29日 (火)

イオカード 209系&E209系???

こんにちわ!

スッゴイ久し振りなんですけど、プリペイドカード篇をアップいたします。

先日、Fe4仲間でオフ会忘年会が執り行われました。テツ話は当たり前のことですが、お土産品の交換会(もちろん、殆どテツ関係のネタです。)も恒例となりつつあり、自分では余っているようなものを持ち込んだり、或いはその逆にいただいたりするんですよね。そんな中、line事務局長のお友達である鉄友さんがお持ちいただいたイオカードの中に???なものがあったので、すかさずネタとしていただいてまいりました。

500 中央総武緩行線に使用されている209系500番代の写真が入ったイオカードです。発売は平成11年4月となっています。新小岩に3年間通っていた最後の年辺り導入されたのを覚えています。

問題はシンプルに表示されている形式表記。

「E209系」???

確かに、JR化後に新製された車両ですが、209系には「E」は付きませんよね。私の記憶が確かならば、JR東日本車で最初に「E」の冠が付いたのは、209系と兄弟車である「E217系」だったんじゃないかと思います。

正式にはやはり「E」の付かない209系ですあります。自社で製作したカードで、こういうエラーも珍しいのではないでしょうかね。※最初に気付いたのはtakeさんでした。

さて、ついでなのでもう1枚209系ネタを。

Photo 同じ209系のイオカードですが、こちらは0番代の京浜東北線です。

もうあと2編成しか無くなってしまったようで、滅多に逢うこともありません。

平成10年5月発売であり、全部が置き換わって間もない頃でしょうかね。

実は、私の実父が他界したとき、会社の人たちからもらった香典返しとして使用したもので、実父が亡くなったのも平成10年5月のことでした。そんなこともあり、私にとっては思い出深いカードの1枚となっています。

年明け早々、引退セレモニーがあるようで・・・早いもんですな。

毎度ポチありがとございます!

| | コメント (4)

2009年12月28日 (月)

トミーテック 「鉄道むすめコンテナコレクション第2弾」が登場!! ですって・・・

こんばんわ。

2日続けて告知ネタでなんなんですが・・・

鉄道むすめコンテナコレクション「第2弾」が登場!!

ですって・・・

Con_02_2 

しかも、コイツも来年の3月発売っていうんですから、来年の3月は恐ろしいほどの金が出て行きそうです。まあ、別に意地になって買うものでもないので、適当に少しだけ買おうかと思っています。

前回の第1弾は発売されることを全く知らなくて、『コンテナむすめ・・・ってか?』な目に遭ってしまいましたからね。

来年は少しブログに掛ける時間を薄めて、在庫整理のためにオークションでも始めようかな・・・そうでないと、フトコロが持ちませんわ・・・。

ポチっ!てお願い!

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

トミーテック 「トレーラーコレクション 第4弾」 製品化!だって・・・!

こんばんわ。

今日は予告ネタなんですが、先行きの出費予想を探るためにトミーテックのコレクション関係を見ていたのですが、12月24日付の記事で「トレーラーコレクション 第4弾」の発売予告が出ておりました・・・第3弾からの間隔が、予想以上に近かったですね・・・。

リンクはこちら → http://www.tomytec.co.jp/diocolle/items/0912/24_trailer01.html

第4弾も相変わらず海上コンテナが中心となりますが、今回は旧型車が2種類混ざっているのが嬉しい。

そして、私的目玉といえば、何と言ってもボンネット型のトレーラーです。過去ログでご紹介させていただきましたが、この数年前に自主制作した私の発想が、製品化という形にやっと実現したわけです。ガッカリする気持ちが無くはないですが、私の製作したボンネットは既存のいすゞTXタイプであるのに対し、今回の製品では日産となっていますので、キャブは完全新規になるわけで、これは大変楽しみなところです。

あと気になるとすれば、側面からのイラストのみなので、トレーラーが2軸タイプであることしか判りません。8輪になるのか、それとも私の希望する圧巻16輪となるのか、こちらは最大な関心ごととなっています。

「バスコレ15弾」の発売も3月にズレ込んだため、年度末にかなりの出費となりそうです・・・。

ポチっと!うれしいな・・・  ← なんだか解らんが、ヒョウ柄が合ったのでよろしくお願いいたします!

| | コメント (0)

« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »