« 2009年11月1日 - 2009年11月7日 | トップページ | 2009年11月15日 - 2009年11月21日 »

2009年11月8日 - 2009年11月14日

2009年11月14日 (土)

Nゲージ GMキット改造:クモハ14816(身延線)

もうこんばんわ!の暗さになってしまいました。

ちょっとだけお出掛けしていたので、アップが遅くなってしまいました。

今日も前回の身延線の続きで、クモハ14816の改造作品をご覧いただこうと思います。

14816 クモハ14は、横須賀線用に導入された17m2ドア車で、登場当初はモハ32を名乗っていました。もちろん普通屋根スタイルであり、前面は戦前型らしい直線雨どいの付いた仕様でした。

モハ32形は17m車ですが、附随するサハ48、サロ45及びクハ47はいずれも旧型国電初となる20m車となっています。製造方法の近代化により車体の強度が増したことによるものですが、電動車に関しては搭載設備の関係から強度に不安があったため、17m車として誕生したものです。

横須賀線で活躍しましたが、その後電動車の20m化(42系化)、新製70系の導入などを経て都落ちすることになり、飯田線や身延線に転出しています。飯田線ではほぼそのままのスタイルで活躍しましたが、身延線ではトンネル断面の関係から低屋根化の必要性がありました。当初は未だ部分低屋根の考え方が無かったのでしょうか、或いは機器の関係かわかりませんが、屋根全体を低屋根化する方法が採られ、写真のようなスタイルとなっています。

14816_2 14816_3

模型化にあたっては、GMのサハ48・サロ45のキットをベースとして使用しています。

前述のとおり、サハ48は20mなので車体長が異なります。よって、片側の窓部分を側板ごと詰めて切り継ぐことになります。また、運転台を設置しなければなりませんので、クハ47改造同様に運転室扉部分を切り継ぎます。

前面は形状の似ている余剰パーツであるクモハユニ44の全低屋根車用を使用しました。さらに、屋根も同様にクモハユニ44の全低屋根車用を使用しますが、これも20m車となりますので、現物合わせで間を抜いて切り継ぎます。低屋根は何だか整形が良くないらしく、相が悪いですね。本当はキレイに整えたい部分ですが、その辺は根気の足りない私らしいところだと思います。

この車両を製作してから10年以上経ってしまいましたが、現在では鉄道コレクションから旧モハ32が発売されましたので、切り継ぎ改造が少なくなる分、もう少しキレイに仕上げることが出来るようになりましたね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

| | コメント (0)

2009年11月13日 (金)

交通公社発行 エース マイレール 「はやて18号」 乗車票

こんばんわ。

テツブログの間では話題騒然ですね。まだ誕生してから大した年月も経っていないのに、東北新幹線の速達列車である「はやて」の愛称が消えてしまうということ。

ただし、開業を前倒ししてしまったために新型車両の製造が間に合わず、「はやて」のまま青森開業を迎えるとのこと。おそらく、この期間は乗り鉄&切符鉄が大量に押しかけるのではないでしょうかね。

さて、今日は「はやて」の特急券をアップしてみたいと思います。

18 是非硬券特急券をアップしたいところではありますが、時代背景の関係で硬券はさすがに存在しないと思います。

かと言って、通常の発券機でないところがまたミソでしょうかね。

実は私、「はやて」には1往復半しか乗ったことが無いんです。それも仕事関係でした。その際、宿泊を伴うため、1度だけ出張パックを使用しています。写真はそのときのものです。

交通公社浜松町支店発行の「エース マイレール」乗車票です。宿泊込みのパック料金ですので、「特急券」ではなく「乗車票」となります。通常はこのような手書きのものではなく、端末による発券がほとんどですが、購入にあたってちょっとしたイザコザがあり、このような手書きの乗車票による発行となったようです。

子供が生まれてからというもの、ほとんど遠出をすることもなくなってしまい、「はやて」の特急券もこの1枚だけしか手元にありません。

特急券が欲しいからというわけではありませんが、新青森行の「はやて」という、限られた期間のレアな新幹線には乗ってみたいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

そういえば、まだ500系「のぞみ」にも乗ったことが無い・・・もうだめかなorz

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

Nゲージ GMキット改造:サハ164-2

こんばんわ。

今日は模型ネタを1発!

過去ログで「サハシ167」なんて恐ろしいネタをアップしてしまいましたが、それに関連したネタです。

167系がNゲージで模型化されていない時代、GMの155系キットから無理無理167系を作ろうと思ったのですが、志半ばで(というよりは初っ端から)挫折。しかし、購入してしまったキットが勿体無いのでなにか作れないかと思案した末に思い付いたのがコレでした。

1642 1642_2

165系列の車両ですが、一族の中でもたった2両しか製造されなかった珍車です。

急行列車増発の際、利用率が伸び悩んでいたサハシに代わり、売店スペースを設備したサハ164という形式が誕生しました。

165系の車両は急行形の標準的な形式ですので、片側のドアが2つとなります。これは、業務用扉を含めると、サハシでさえ例外ではありません。しかし、このサハ164という形式は、客室両端の扉以外に、車端に設けた売店用の扉が独立して設置されているため、片側が3扉という異例のスタイルとなっています。

模型化にあたっては、

GM155系キットの側板をベースとし、妻板と客扉は改造で余剰となったクハ153のものを切り継いで作成しています。また、業務用扉は実車で700mm幅となりますので、GMキットをそのまま流用しています。

公式側、非公式側でドア・客窓配置が全く異なりますので、実車写真のイメージから現物合わせで切り継ぎます。

屋上はクーラー設置の関係があり、売店上のクーラー位置も全く異なった間隔となるため、KATOの余剰屋根をクーラー台座の位置が合うように5分割ほど切り継いでいます。さらには、ベンチレーターの位置も既製品のものが全く合いませんので、全部削り落としてパティと瞬間接着剤で穴埋めを施し、GMパーツから形状の合うものを実車写真にならって設置しました。

台車を除く殆どを余剰パーツでまとめたため、コスト的には非常に安上がりに出来たのですが、切り継ぎ箇所はボディー・屋根ともハンパではない数となったため、エライ苦労した車両でした。

これだけ苦労したにも拘わらず、やはりユニットサッシがはめ込みではないというところが完全にグレードが落ちてしまい、見栄えが非常に惨めになってしまいました。近年、マイクロエースからセット物ではありますが、模型化されてしまって大変ガッカリしたものです。

なお、実車写真については、あまり写りは良くありませんが、マル鉄回顧録『165系 変りダネ車両:サハ164』でアップしていますので、お時間があったら覗いてみてください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

| | コメント (4)

2009年11月10日 (火)

私的名曲選 Vol21 『夜のバス』by井上陽水

こんばんわ。嫌でしょうけど名曲選です。

今日は井上陽水さんも2曲目ですが、『夜のバス』です。LP「センチメンタルⅡ」に収録された曲で、とにかくこの頃の陽水さんの曲では一番ヘヴィな曲だと思います。

当時としても結構な長さの曲なので、時間に余裕のある方にお奨め。

弦楽オーケストラにシンセサイザー、そしてピアノとハードなドラムのコンビネーションが良いです。そして、陽水さんの叫び。絶品だと思います。私はまだ小学生のときでしたが、大好きでした。当時、我が家にはプレイヤーといわれる程度のショボイものしかありませんでしたが、田舎ではちゃんとしたステレオがあり、この曲の重低音を聴くたびに身体が震えたものです。私がドラムを叩きたくなったきっかけとも言える曲です。

ところで、この曲からどんなバスを想像しますか?

私は、この曲を聴く原点が福島だったため、明かりの殆どない、交通量のない夜の国道をひた走る「福島交通」のイメージが湧いてきます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (2)

2009年11月 8日 (日)

国鉄高森線 高森駅 普通入場券

こんばんわ。

切符ネタの用意が少なくなってしまい、やや困っております。今日はこんなのでご勘弁を。

AOL時代の過去ログで『国鉄 高千穂駅:入場券』というのをアップしたことがあるのですが、これに関連して、国鉄時代に訪れた高森線:高森駅の入場券をご覧いただこうと思います。

Photo やはり中学の卒業旅行で九州を訪れた際、購入したものです。

高千穂線を全線踏破、1泊した後に路線バスで高森線高森駅まで到達しました。確か、高森線に乗ろうと思ったものの列車がなく、そのままバスに乗って立野か阿蘇まで行ってしまったような記憶があります。

国鉄高森線は、豊肥本線立野駅から高森駅を抜け、そのまま阿蘇の外輪山を貫いて高千穂線へと直通し、延岡に達する計画でしたが、おそらくコスト的に見合わなかったのでしょう、分断されたまま国鉄時代末期へ時は流れ、第一次地特定地方交通線となって、昭和61年3月31日に廃止となっています。

ただし、これを第3セクター南阿蘇鉄道が継承、そのままの路線で現在も運営されています。

実際に乗車することが出来なかった路線なので、どのような駅で、どのような雰囲気でこの入場券を買ったのかすら全く記憶に残っていません。せめて写真でも撮っておけば記憶を繋ぎ止めることが出来たのでしょうが、もうおそらく思い出すこともないでしょう。

残念ながら高千穂線は完全に消滅してしまいましたが、風光明媚な観光路線として、末永く活躍して欲しいと願います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (2)

« 2009年11月1日 - 2009年11月7日 | トップページ | 2009年11月15日 - 2009年11月21日 »