« 2009年9月27日 - 2009年10月3日 | トップページ | 2009年10月11日 - 2009年10月17日 »

2009年10月4日 - 2009年10月10日

2009年10月10日 (土)

富士急行電鉄 急行「かわぐち4号」 着席券

こんにちわ。良いお天気ですね。

お昼に歯医者を予約していたので出掛けず終い。仕事疲れもあり、今日はマッタリしています。

更新が遅くなってしまいましたが、今日は変わったモノをご紹介したいと思います。

Photo 富士急行電鉄・河口湖駅発行の国鉄乗り入れ急行「かわぐち4号」の着席券です。

昔は急行列車も多く設定されており、リゾート地や温泉地など、定期的・季節的に国鉄から乗り入れる急行列車も多数設定されていました。

首都圏の急行列車の殆どは指定席やグリーン車を連結していましたが、私鉄に乗り入れる急行列車については、あまり指定席車を連結していませんでした。これは、マルスも未発達の時代ですし、会社間相互で指定席を発券する仕組みがまだ出来上がっていなかったために止むを得なかったものと考えられます。(ちなみに、中央東線に設定されていた急行「かいじ」「かわぐち」の併結列車は、全列車・全車両とも自由席のみでした。)

しかし、時間帯によっては、国鉄と直通する便利な急行列車の利用者は尋常じゃないほど多かったと見られ、客を捌くための措置としてこのような「着席券」により乗車整理を行っていた事例が見られたようです。

図示した着席券は、A型のPJRてつどう地紋です。日付欄がありますが、記入箇所が小さいためか、枠外に大きく日付ゴム印が押印されています。発車時刻と列車名の「かわぐち4号」は印刷常備となっており、需要の多さが見て取れます。

私はこのような券を買い集めていたわけではないので、同例の券は他に所有していません。確か、どこかの駅で偶然拾ったものだったと思います。昔は希少性とかそういうことは考えていなかったので、スクラップブックにボンドで貼り付けてしまい、裏面は見られない状態になってしまいました。今になると「なんてことをしてしまったんだ・・・。」と後悔するばかりです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (2)

2009年10月 8日 (木)

営団地下鉄 定期券購入証明印

こんばんわ。

過去ログ『定期券購入のための乗車票』で、国鉄武蔵野線における定期券購入のための乗車票と言うのをアップいたしましたが、やはり管理駅制度により特定の駅でしか定期券を発売していなかった営団地下鉄(現:東京メトロ)で似て非なる制度があり、この件に該当する乗車券がありますのでご紹介したいと思います。

Photo 昭和55年3月発行で、営団地下鉄(帝都高速度交通営団)の時代になります。

乗車券は極普通の当時の券売機発行券で、上野→100円区間です。

高校1年生のときにクラスメートから貰ったもので、定期券を購入する際に、途中の日本橋で下車したようです。

私は生涯、地下鉄を通勤で使用したことが無いので詳しくは知らないのですが、定期券が切れてから、或いは区間外にある管理駅で定期券を購入する際、乗車駅では通常通り乗車券を購入のうえ乗車。定期券を購入した後に乗車券に証明をもらうことにより、乗車券を手数料なしで払い戻しできたのではないかと思います。

Photo_2 スタンプの角度が悪いので正方向に直してみますと、上に「定期券」、中○に「購入」、下には日本橋というスタンプが押印されています。

この同級生が如何にしてこのように乗車券を持ち帰ったのか、それとも払い戻しをしなかったのか良く分りません。

今はあらゆる駅であらゆる定期乗車券(Suica)が購入できてしまう時代。このように定期券を買うのさえ一仕事、なんて時代があったんですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (4)

2009年10月 6日 (火)

私的名曲選 Vol15 『二重唱 (デュエット) 』by岩崎宏美

こんばんわ。

気持ちの沈んでいるときに響く曲ですね。

今日は、岩崎宏美さんのデビュー曲『二重唱 (デュエット) 』です。

レコードですと、まだ17歳なので声が高いですが、歌唱力は抜群ですね。当時は可愛いアイドルたちが沢山いましたので、特に好きという訳でもなかったのですが、やはり歌が上手いという点では人気がありましたね。

同年代の方でも、おそらく大ヒットした『ロマンス』の方が有名でしょうね。でも、やはり聞き飽きた・・という気がしています。

そんな中、当時は殆ど聞いたことがなかったですが、歌唱力としても曲としても、この『二重唱 (デュエット) 』が素直に良い曲だな、と思えてしまうのです。

アップしていただいているのは、デビューして間もなくではなく、2年くらい後のようです。声に一層ハリが出ていて、二十歳前というのにベテランの風格さえ感じる歌いっぷりです。すばらしいの一言です。

私が岩崎宏美さんの曲を聴くようになったのは、NHKFM「ひるの歌謡曲」で特集を録音してからですが、実際に実力を実感したのは『聖母たちのララバイ』からと、少し遅かったです。『スローな愛がいいわ』なんていうのも、もしかしたら忘れられているかもしれませんが、好きな曲です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (4)

2009年10月 5日 (月)

社線発行の国鉄乗車券(都営地下鉄)

こんばんわ。

かなり長い期間ご無沙汰してしまったのですが、社線発行の国鉄乗車券ネタです。と言いましても、今回のブツは都営地下鉄(東京都交通局)ですので、厳密には「社線」とは言わないですね。

Photo 写真は中央線市ケ谷駅発行の普通乗車券です。

前述のような理由により、通常ならば「○社」表示となるところ、都営地下鉄(或いは東京都?)を示す「○都」となっていることが特徴となります。

都営地下鉄は、国鉄線(現JR線)と接する駅はいくつも存在しますが、乗換口が直接改札口として繋がっている例が少なく、おそらく都内でも市ケ谷駅だけでこのような乗車券が常備されていたのではないかと思われます。(都営地下鉄はあまり詳しくないので、間違っていたらすみません。)

細かいところですが、MS-IMEでは「市谷」と変換しますが、JRも都営地下鉄も東京メトロでも「市谷」と「ケ(大きい文字)」を統一して使用しており、表記としてはこれが正式なもののようです。券面では、発行駅の「ヶ」がかなり怪しい小文字っぽい活字を使用しており、エラーなのか、或いは当時の東京都交通局で「市ヶ谷」と統一されていなかったのか、詳しいところはわかりません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (2)

2009年10月 4日 (日)

夢に終わった「2016東京オリンピック」招致 ピンバッジ

こんばんわ。

バスコレのシークレットをGETして喜んでいる中、一方では海外まで応援に行って東京オリンピック招致を実現しようと様々な方たちが頑張っていましたが、残念ながら2度目の投票で落選という、さびしい結果となってしまいました。

私も個人的には強く賛成していたわけではないので、この結果を冷静に受け止めていたつもりでしたが、「負けた!」と思うと、一日本国民としては悔しいですね。まあ、結果が出てしまった以上はどうにもなりませんが・・・。

以前、もらい物ですが、東京オリンピック招致に関して、こんなピンバッジを貰っていました。

2016 東京招致に関連して作成されたグッズのようです。

こうした作成物に対して「無駄遣い」と直ぐに決め込んでしまう方も多いと思いますが、今回の一件で、オリンピック招致に対する国民の意識が相当強く反映してしまうんだ、とういうことを実感しました。袋にいれたまま未使用になっているグッズを見ると、なんか罪悪感を覚えます。

人に自分たちの姿勢をアピールするには、多少の金銭的な出費は仕方ないですね。ただ、招致に関連して数千億円も使ってしまったとなれば、桁違いな数字にどう反応するか、都民の方々の心情も複雑なことでしょう。石原都知事への責任も問われるのではないか、と新聞にも書いてありましたが・・・。

私も「石原都知事の先走り」的な見方をしていたことは間違いありませんが、アスリートや芸能界、最後は首相まで巻き込んでのアピール合戦。「お祭りだった」と一言で片付けたくは無いですね。それぞれの皆さんが、相当な努力をされていたと思います。

頑張った末の結果、正面から受け止めて、また次のステップへと活かして欲しいですね。次はちゃんと応援させていただくつもりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

« 2009年9月27日 - 2009年10月3日 | トップページ | 2009年10月11日 - 2009年10月17日 »