« 2009年8月30日 - 2009年9月5日 | トップページ | 2009年9月13日 - 2009年9月19日 »

2009年9月6日 - 2009年9月12日

2009年9月12日 (土)

答え(その1):検札鋏

こんばんわ。

遅くなっちゃったけど、答えを1つご披露いたします。

Photo これは「検札鋏(けんさつきょう)」と言います。

検札というのはご存知ですね。特急や急行列車で、乗客が特急券や急行券、指定席券や乗車券等を所持しているか、或いは、1度使用したものを再使用できないように「使用した」ことを記録する道具です。

Photo_2

デジカメって、結構リアルに映るんですね。普段、あまり写りが良くないと思っているのですが、手のシワまで写ってしまって恥ずかしい。

このように鋏下の溝の中に切符を差込み、ギュッと挟んで使用します。

右手で写真を撮っているので、左手でパンチしています。

Photo_3

このように、1つは紙をプレスして溝紋様を付けます。1度付いたら、これを元通りのサラにすることは不可能です。

そしてもう1つは、その下部に穴が開きます。おそらく、紋様が薄くしかプレスされなかったり、切符の地紋で見づらい場合に判別しやすくしているのでしょう。

ちなみに、検札鋏のデザインは相当数あるものと考えられ、研究したことがないので、どのくらいの種類があるのかわかりません。この「○J」と言うのは上越新幹線用で、東北新幹線が「○T」、東海道新幹線が「○N」でしたね。在来線用には枠も「○」以外に四角や花の模様等いろいろあるようですし、文字部分はひらがなが多いように思います。

昔はこのような金属製の検札鋏が使用されていましたが、現在ではスタンパーが多いようですね。職員だけが認識できれば良かったものですが、今ではお客さんにも判って親切です。おそらく、コスト的な問題ではないかと思われます。

如何でしたか?「検札」そのものは皆さんもご存知だと思いますし、検札を受けたことももちろんあるでしょうが、車掌さんの掌にスッポリと納まってしまう道具だけに、実物をマジマジと見る機会は無かったのでは無いかと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ ← よろしければポチを!

| | コメント (2)

2009年9月11日 (金)

これなーーーーんだっ!

とても2つ掛け持ちができない状態です。

なので、今日は写真だけ。

Img_2678

知っている人は知っている、知らない人には分らない・・・当たり前じゃ!

答えは今度の土日に!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

2009年9月 9日 (水)

私的名曲選 Vol11 『青春のいじわる』by菊池桃子

突然ですが・・・

私的に永遠のアイドルと言えば桃子ちゃんです。

私の年代で言えば、おそらく天地真理から始まって、アグネス・チャン、浅田美代子、浅丘めぐみ、南沙織、桜田淳子、山口百恵・・・と数々のスーパーアイドルが誕生し、ピンクレディー、松田聖子、中森明菜、小泉今日子と各時代を隙間無くアイドルたちが世の中を飾ってきました。

でも、私的には、やはり桃ちゃんなんです。美人とかキュートとかそんな色気モノじゃなくて、マジでカワイかったんです。

まあ、歌唱力の良し悪しはこの際どうでも良い。ぽっちゃりとしたお顔、少女らしい声、とにかくカワイいんです。その味が一番良く出ていたのもこのデビュー曲かな?と思います。

デビュー曲にして4分30秒というのは過酷な長さですが、カワイイ声で、一所懸命に唄っている気持ちが伝わってきます。このビデオを編集した方も、桃ちゃんの良さを引き出してくれていますね。

初々しいデビュー時の桃ちゃんにピッタリの楽曲・歌詞だと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ  ← 桃ちゃんだから、やはり桃色!・・・だけど、何でテツ?

| | コメント (4)

2009年9月 7日 (月)

マイクロエース 国鉄70系 新潟色 6両セット

こんばんわ。

先般、マイクロエースから「国鉄70系+クハ68 新潟色・信越線セット」が発売になり、記事をアップさせていただきましたが、その際クハ76の窓の不出来が気になったため、昨日、やっとこさ保管箱の中から探し出して写真を撮ってみました。せっかくですので、この機会にご紹介したいと思います。

Photo

平成18年5月に発売になった新潟色の6両セット。同時にスカ色や阪和色のセットも発売になっています。ケースは昔ながらのグレーのタイプ。まだ個性化される前ですね。

76049 クハ76049。前面が木枠で、耐雪仕様以外の改造がされていないオリジナルに近いタイプです。

76064 クハ76064。こちらは正面窓及び戸袋窓がHゴム化されたタイプとしており、敢えて049と差別化しているようです。この辺りの選択はファンの要望を良く見極めているマイクロエースらしいところですね。

7606476049 正面から見た049と064のお顔。Hゴム化されているかどうかでも随分と顔の印象が変わります。奇数車・偶数車でジャンパホースの有無もキチンと作りわけしていますね。

7606476049_2 同じくサイドから比較してみます。064は、戸袋窓がHゴム化されており、やはり印象が異なります。トイレと配置向きも作り分けされています。※上段の049は反対側がトイレになります。

76064_2 さて、ここで前回気になったHゴムの検証について。写真では判りにくいかもしれませんが、やはりHゴムの合いが非常に悪いです。特に進行方向右側。第1ドアの窓は左上に、第2ドアの窓は右下に、第3ドアの窓は右側にそれぞれがずれてしまっています。ここまで合いの悪い設計のまま製品化→出荷してしまうというのも、会社の姿勢が疑われてしまいますね。中国製だからという理由で妥協しているモデラーも多いと思いますが、価格的には国産と変わらなくなってきており、クレームを付けられても何ら不思議ではないように思います。

今般発売されたクハ68とのセットに組まれたクハ76は、さすがにここまでは酷くない点を考えると、多少は改善する気があったということでしょうかね。でも、ずれ方が似ているので、合わせが組立工程における微妙な差異だけで、根本的な解決は図っていない可能性が高いです。

70022 モハ70022。パンタグラフ側の妻窓が1枚分埋まっているタイプ。他に2両のモハ70が入っていますが、いずれも同系のものとなります。モハ70は、年次によって窓が2枚とも設置されたタイプ、1枚が残されたタイプ、2枚とも廃されてしまったタイプがあります。

75001 サハ75001。サロ46→サロ75から格下げされて地方へ転出した元2等車。この新潟色では、3扉化されなかったオリジナルの姿を唯一見ることができました。

75001_2 こちらはサイドの写真です。さすがに既製品化されたものはきれいに出来上がっていますね。

75004 サハ75004。前回ご紹介いたしましたNゲージ GMキット改造:クハ75006(新潟色)を製作した際に同時に竣工したものです。撮影条件が違うので比較がし難いかもしれませんが、如何でしょうか?やはり、せっかく自分で作ったものが、こうも簡単に製品化されてしまうのはショックですね。

既に発売されてから3年以上も経過してしまった同セット。私がブログを始める前に発売されたものですので、敢えてこの機会にアップさせていただきました。これでまた段ボール箱行きなってしまいますが・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  ←ポチ少ないんで、よろしくお願いします!

| | コメント (2)

2009年9月 6日 (日)

メガライナー運行開始記念乗車券

こんにちわ。

今日は昨夜からの寝不足と、水泳大会送迎のため中途半端な時間の更新となりました。

今日のネタは、実兄からの提供ネタとなります。『メガライナー運行開始記念乗車券』です。

メガライナーは、ドイツのネオプランという会社が製造し、JRバス関東が輸入した、全長が約15mもある日本一巨大なバスです。

まだつくばエクスプレスが開業する前の東京駅~つくばセンター間の需要に対応するため、平成12年に初上陸しています。道路交通法など関連法規に抵触する巨大さ故、特例措置の整備、運転手の育成など、様々な困難を乗り越えて導入が正式に決定、最終的には4台が輸入されました。

計4台輸入のうち、JRバス関東がそのまま2台を使用、残りの2台は関東鉄道バスへのリースという形で運行されました。

本日ご紹介いたします記念乗車券は、JRバス関東が運行を記念して発売した記念乗車券です。

Photo 表紙

Photo_2 裏表紙

厚紙でメガライナーの形に切り取った2枚折の台紙となっており、銀文字で表にはタイトル、裏には社名が印刷されています。裏表紙の右上には、透明?っぽいシールで券番が貼られています。コスト節約の知恵ですね。

Photo_3 見開きでは、上部に路線をイメージしたイラストが入り、下には東京駅~つくばセンター間の記念乗車券が大人・小人用と各2枚、透明袋に納められています・・・

また、乗車券の右側には、メガライナーの性能諸元が印刷されており、一般乗客向けというよりは、かなりバスマニアを意識した作りとなっていますね。

Photo_4 こちらは乗車券で、良く観光地駅で見られるD型の写真(絵)入りタイプのものです。

国鉄時代から続く「□関」や発行箇所の「○自」が昔らしくて良いですね。

私は実際に乗ったことが無いのですが、この手のバスは定員を守らなければいけないんですよね。指定席制ではなかったのでしょうか?

また、発売当日限り有効ですが、日付印は入っておりません。あまり使う人はいないのでしょうが、乗車に使用する際はダッチングや日付印の押印などで対応したのでしょうか?

Photo_5 こちらは乗車券の裏面です。小児用の切り離しは前提となっていないので、片側だけの印刷となります。

で・・・小人券の方ですが・・・ありません。

実はこの記念乗車券、実兄がオークションで手に入れたらしいですが、自分が出品したオークションのオマケとして売り払ってしまったらしいです・・・何ということをする!こういうものは、全部揃っていてナンボというものではないか。

ということで、中途半端なコレクション紹介でした。

つくばエクスプレスの開業により乗客が激減した同路線では、せっかく導入した大量輸送手段も必要がなくなり、西日本JRバスとの共同運行で東名高速バス「ドリーム号」に転用されました。

しかし、不幸なことに、平成20年5月28日、運行中の「青春メガドリーム2号」が出火、車体が全焼するという災難に見舞われた。けが人が出なかったのは幸いでしたが、再起することはできずに廃車となっています。

不幸はさらに続き、平成21年3月18日、またしても「青春メガドリーム2号」運行中に火災が発生し、サービスエリアに避難後、全焼してしまいました。同じくけが人がでなかったものの、やはり再起は不能な模様です。

この2度の火災事故で4台のうち2台が除籍。火災の原因が判らないままなので、残る2台も運用から外れることになってしまいました。

私事ですが、未だにメガライナーの実物を見たことが無く、いつかは写真を撮りたいと思っていたのですが、結局このまま寿命を迎えてしまう可能性も高いわけで、早めに撮影しておかなかったことに悔いが残る結果となってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (2)

« 2009年8月30日 - 2009年9月5日 | トップページ | 2009年9月13日 - 2009年9月19日 »