« 2009年3月22日 - 2009年3月28日 | トップページ | 2009年4月5日 - 2009年4月11日 »

2009年3月29日 - 2009年4月4日

2009年4月 4日 (土)

時刻表ネタ 昭和55年 急行「ばんだい」だらけの磐越西線

こんばんわ。

今日は久々に時刻表ネタです。

19807

しつこくも昭和55年7月号の交通公社時刻表からです。

私的に磐越西線の優等列車として思い浮かぶのは特急「あいづ」と急行「ばんだい」なんです。「あがの」や「いなわしろ」、「いいで」といった面々もいますが、列車本数の多さからも、「ばんだい」が一番メジャーな存在だったと思います。

上野~会津若松間は、距離にして300km弱、急行列車でも4時間半程度の所要時間ですか、こんな短い区間に定期の夜行列車が設定されていました。この時刻表でいうところの「ばんだい11号」ですが、同区間をわずか10分前後で「ばんだい9号」という列車も設定されており、現在ではとても信じられないような密度でした。

そして、夏休み・お盆休みともなれば、さらに輪を掛けるように臨時列車が設定されます。しかも、各列車の設定も大変バラエティー豊かとなっています。

「ばんだい55号」は、ディーゼル急行としての設定です。定期の11号よりも1時間早く上野駅を発車しますが、会津若松駅の到着はわずか20分差となります。郡山~磐梯熱海間が定期約15分のところを約40分、猪苗代~会津若松間が定期約30分のところを実に1時間15分も掛けています。もちろん、これは行き違いの都合での設定ではなく、お客さんを寝かせるための手段であることに違いありません。おそらく、磐梯熱海駅と磐梯町駅あたりで長時間停車を取っているのでしょう。

「ばんだい57号」は、客車列車の設定です。多分、この頃は既に12系化されていたのではないですかね。こちらも定期11号より約45分早く上野駅を発車しますが、なんとこちらは郡山~会津若松間を普通列車扱いとし、定期の11号より40分も遅く会津若松駅に到着となります。磐梯熱海駅で季節列車9号に道を譲り、さらに猪苗代駅で定期の11号にまで道を譲ってしまいます。そして、この57号も磐梯町駅辺りで30分ほどの停車をしていたようです。

到着時間帯を合わせるにしても、何ゆえこのような大胆なダイヤになっているのか理解に苦しむところですが、閑散線区の閑散時間を巧みに利用したダイヤ設定と言えるでしょう。同じ急行「ばんだい」を名乗りながらも、電車・客車・気動車と全ての列車種別を網羅しているところも面白いですね。

今の時代でこのような設定があれば、撮影のスポットと化していることは間違いないでしょう。しかし、当時はそんなに珍しいことでもなく、走っている時間帯も最悪ですから、おそらくこれらの列車を追っ駆けてバルブ撮影に講じていた、なんてファンは居なかったことでしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (12)

2009年4月 1日 (水)

「ホリデー快速ビューやまなし」 指定席グリーン券

こんばんわ。

先般、Fe4の撮影会に行ってきましたが、その帰りに「ホリデー快速ビューやまなし」に乗りたいと言うことになって、最終撮影地である相模湖駅から乗ることになりました。

しかも、最近の撮影会の帰りはグリーン車の乗るのが定番のようになってしまい、贅沢にも215系グリーン車を体験しました。

Photo

私自身が購入する普通列車の指定席グリーンは生まれて初めてです。よくよく考えてみれば、普通列車のグリーン車で指定席を連結する列車と言うのは限られたものであり、「ムーンライトえちご」「フェアーウェイ」のほか、お座敷車両等を使った臨時列車くらいしか存在しないんですよね。昭和の時代はまず無かったのではないかと思います。

指定券を見てみますと、通常の表記には無い「2階」という表示があります。通常の普通列車グリーンで指定席グリーンは存在しませんから、215系を使用した「ホリデー快速ビューやまなし」ならではの表記となります。平屋席はどのように表現されるのか気になります。

普通列車のグリーン車の場合、指定席でも自由席でも同じ料金が適用になると言うのを、今回購入前に時刻表を見て初めて知りました。ただし、自由席グリーンの場合は、土休に限り「ホリデー料金」が適用となりさらにリーズナブルになりますが、指定席グリーンの場合は適用が無いので、ある意味、指定席料金を取られたような感じに割高になります。

今回は、滅多に利用することの無い「普通列車の指定席グリーン」に乗れたことで、普段は接しない料金制度が解かり、勉強になりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (2)

2009年3月30日 (月)

バスコレ 日野ブルーリボン HU/HT 5台セット

こんばんわ。

コレクションブログとして「模型」のカテゴリに登録しておきながら殆どネタ出ししていなかったのですが、ようやくネタが届きました。

ファンには待望の『日野ブルーリボン HU/HT 5台セット』です。

以前から本体ログの中で「ブルーリボンが好き!」と言っていたことはウソではなく、バスの中で何種類か好きな車体があるのですが、このブルーリボHU/HTのデザインがヒジョーに好きなのです。

今回、バスコレ13弾や鉄コレと同時に予約し、やっと手に入れることが出来ました。

Photo_2

暗いところで撮ったので、手ブレで見づらくなってしまいすみません。

外箱は従来からある5台セットのままの作りです。

Photo_3

裏には説明書きがありますね。

Photo_4

ブック型になっており、中には各車の説明が書いてあります。作成のスタイルは、過去から発売されている5台セットに準じますが、構成として複数の事業者をまとめたセットは、同シリーズ始まって以来初となります。

Photo_5

上から東武バス、京王バス、京浜急行バス、名古屋市交通局、京阪バスの5台セットとなります。

同車はバスコレ第2弾でも製品化されていますが、今回は車体長がやや長いタイプの設定となっているのが特徴です。特に、東武バスと名古屋市交通局は前中後の3扉の設定となっており、関東バスの富士重工7E以来の製品化となります。

今回の事業者設定では、5台のうちの3台が関東の事業者設定であり、人気のある東武、京王、京急をチョイスしているところは売れ筋を狙ったトミーテックらしい姑息なところですね。勿論、関西では京阪が一番人気でしょうし、中京では人口の多い名古屋をチョイスしたのも売れ行きを見込んでの戦略でしょう。

個人的には好きな車種を揃えてあり、尚且つ東武の3ドア車は写真を撮ることのないまま昨年引退してしまったようで、模型でも手に入れることが出来たのが嬉しかったです。欲を言えば、本当は都営バスのバリエーションも欲しかったところですが、過去に都営バスのブルーリボンセットが出ていることと、車体長が合わないところから製品化が見送られてしまったのではないかと思います。

ブラインド方式も良いのですが、欲しくもない事業者ばかりもてあましてしまうのも勿体無いので、要所要所にこのような販売形態を入れていただけると有難いですね。今回は、第13弾のシークレットと並んでヒット作と言えるのではないでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (8)

2009年3月29日 (日)

「勝沼ぶどう郷駅」入場券・普通乗車券

おはようございます。

昨日は、Fe4メンバーで仕事の関係で来れなかったtakeさんを除く3人で中央本線の撮影に行ってまいりました。この際、最遠で下車した「勝沼ぶどう郷」駅で入場券と乗車券を買いましたので、最新ネタとしてアップいたします。

Photo

まずは普通入場券です。有人駅で窓口を備えていますが、硬券は置いておりません。メモ代わりと記念に小児料金70円を支払いました。

このスタイルは券面が広いので、長い駅名が表示されていても違和感が無いですね。ただ、発行駅表示については文字数が足りないのでしょうか、「勝沼ぶど」までの4文字しか表示されていません。

Photo_3 

次に、券売機発行の普通乗車券で、「勝沼ぶどう郷駅」から400円区間です。今回はホリデーパスを使用したので、区間外となる大月~勝沼ぶどう郷間の乗車券が必要なので買いました。

一般的な東日本のスタイルですが、駅名を簡略化できないために非常に窮屈になっているのが笑えます。「ぶどう」の文字も圧縮されたような文字が使われており、硬券時代で言えば特活に該当するような文字が使用されています。

現在はコンピュータでデザインや文字を自由に作ることが出来ますので、昔の「印刷物」のようなレアネタとして取り扱える楽しみはなくなりましたが、今の時代では自動券しか手に入らなくなってしまいましたので、新しい楽しみ方を模索するのも良いかもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

« 2009年3月22日 - 2009年3月28日 | トップページ | 2009年4月5日 - 2009年4月11日 »