« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »

2009年3月15日 - 2009年3月21日

2009年3月21日 (土)

「はつかり」 特急券・立席特急券(上野時代)

おはようございます。

昨日3月20日はリバイバル「はつかり」が運転されました。この列車に乗ったお客さんは、JR北海道の協力で運転される「おおとり」に乗り継いで網走まで行くという、昔ならば極当たり前、今で言うところの『無謀』で過酷な旅を続けているわけですね。今日の20時頃の到着とか・・・お疲れ様です。

さて、今日はリバイバル運転を記念して、上野発着時代「はつかり」の硬券特急券をご紹介いたします。

Photo

まずは上の2枚ですが、偶然にも八戸駅の同じ窓口で発行された特急券です。53・10以前の特急券ですので、号数に拘わらず上り列車となっています。

いずれも発駅だけが常備されており、他は記入式となっています。当時八戸駅を通る昼行特急は「はつかり」以外にも「みちのく」がありますので、列車名は常備されていないものと考えられます。

この2枚で気になる点は、偶然にも八戸駅を15:05に発車する同じ列車にも拘わらず、3号と4号で号数が異なることでしょうね。当時の時刻表は持っていないので詳細は不明ですが、この1年間の中に改正があり、3号以前の時間帯に1本増発されたのではないかと推測します。

一番下は「はつかり5号」の立席特急券で、まだ「はつかり」に自由席が連結されていない時期のものです。やはり発駅だけが印刷されております。

当時としては極一般的な様式で特徴はありません。気になるとすれば、発行駅の前に表示されている「○み」って一体何のことでしょう。

「はつかり」には直接乗ったことがありますが、小学生の時に乗った特急券は改札で出してしまいましたし、大人になって乗ったのは東北新幹線開業後で自由席のみだったので、残念ながら想い出に残るような硬券特急券は手元にありません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (2)

2009年3月20日 (金)

マルス券 「シュプール蔵王2号」指定券

こんばんわ。今日の日中は暑いくらいでした。夏日になったとか・・・。3月にこんなアツくていいのか?と思うものの、日が沈んだら急激に寒くなってきました。体調管理に気をつけましょう。

さて、先般lineさんちにお邪魔しましたときに、色々お土産をいただいちゃったんですが、その中にレア品がありましたのでご紹介いたします。

2

スキー列車である「シュプール蔵王」の上り列車の指定券です。

「指定券」か「指定席券」かビミョーなところではありますが、その辺は気にしないことにしておきましょう。←と言いつつも気になっている。

シュプール号はクーポンとして旅行会社が発行するため、この指定券は本体のクーポンと同時に発行されます。ですので、金額欄も¥***になっています。発行は東急観光の蒲田支店でしょうかね。

この辺りの切符類は、実際に乗った方でないと、なかなか手に入りづらいと思います。

そしてこの指定券のレアな点は、発行年月日ですね。昭和64年1月7日であり、昭和天皇が崩御された日です。昭和63年末から天皇危篤の報道で緊張する日々が続き、年が明けてからの突然の訃報でした。そんな昭和最後の日に発行された指定券なんですね。

line様、貴重な切符をいただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

2009年3月18日 (水)

社線発行の国鉄乗車券(東武鉄道:東上線)

こんばんわ。更新が滞ってすみません。

今日は久し振りに社線発行の国鉄乗車券をアップいたします。

Photo 230

年代は若干違いますが、いずれも東武東上線と国鉄川越線の接点である川越駅発行の金額式普通乗車券です。

以前からアップしている同類の乗車券と何ら変わることのない、一般的な様式です。

川越駅は、古くから国鉄川越駅の管理業務を東武鉄道が受託してしており、運転業務(信号・ポイントの扱等)以外に営業職員は配置されていなかったようです。

私も国鉄職員時代の末期、同駅に特別改札業務に行ったことがあります。当時、乗換改札の無い川越駅では、乗客が事前に乗車券を買わずに東武から国鉄へ乗り換えることが多く、多人数の職員がホームに立って乗車券をチェックするのです。

既に開業した埼京線が直通運転を始めて電車化もされており、東武東上線の乗車券を池袋駅まで購入し、気が変わって「埼京線経由で」なんて不届きな乗客も多くいました。一般人にとっては、私鉄だろうが国鉄だろうが「電車」でしかないのですかね。

話が脱線してしまいましたね。

2枚の乗車券は様式としての違いが殆ど見受けられず、唯一指摘するとすれば、規則改正に伴って矢印の形が変化したことくらいでしょうか。この乗車券も、○社の次に○Aとありますが、この○Aの意味が良く分かりません。

可能性としては、通路を渡った国鉄側にこじんまりとした改札口があり、ここに東武鉄道の社員が1人で窓口業務を行っていた記憶があります。おそらく、こちら側では硬券が発売されていたのではないか、と推理してみます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (2)

2009年3月15日 (日)

レアグッズ? 帝都高速度交通営団 06系・07系定規

こんばんわ。

私が今の仕事のセクションに就いてから丸4年になろうとしています。

普段、仕事で何気なく使っている文房具。いま改めて見て『こんなんだったんだ・・・』みたいに改めて感心してしまいました。それがコイツです。

0607

文字が見えづらいと思いますが、帝都高速度交通営団(現:東京メトロ)の千代田線06系と有楽町線07系のデザインが入った定規です。いつ誰に貰ったかすら憶えていないんです。

昨年は、常磐緩行線のレアな車両としてJR207系900番代、東京メトロ6000、そして1編成しかないこの06系や、結果的に逢えず終いになってしまった東西線色の07系確保に奔走しました。そんなタイムリーなネタだったのに、まるで意識しないで使っていたんですからどうかしてます(汗)。

こうしてみると、営団から株式会社に変わり、07系は有楽町線から撤退し、06系は相変わらず1編成のみのレアな形式として活躍を続けており、そういう意味ではお宝的なグッズになってしまったわけですね。

ただ、この間仕事の相棒として毎日使っていましたので、かなりキズだらけになっています。とても価値を評価することは出来ませんが、今の仕事が続く限りは手放すことはないのでしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (4)

« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »