« 東京メトロ スマイルフェスタ’09 来場記念頒布品 メモパッド | トップページ | 切符入れ Vol.2 JR北海道「北斗星」 3往復時代 »

2009年12月 9日 (水)

GMキット改造 謎の急行形 455系800番代(その1:クモハ455-801)

こんばんわ。

以前、予告をしたきり放ったらかしにしたままであったネタ。もう忘れられているかもしれません。

455801 急行形とともに人生を歩んだ世代の方は、きっとこの異様さがご理解いただけると思いました。

なんといっても、列車種別の表示がないこの顔。これが正面からの最大の特徴となります。また、時代設定の関係で、クーラーはAU12分散型となっています。さて、その正体とは・・・。

455801_2 ビジネス急行用に製造された、455系急行形電車です。

ビジネス急行と言う性格上、2ドアで窓の開閉も出来る構造となっていますが、新製時から冷房を搭載し、車内は転換クロスシートとしています。157系の交直両用版というところです。

455801_3 455801_4

冷房用のサービス電源を確保するため、運転台直後のスペースにMGを搭載しているのもクモハ157に準じています。

下回りは455系ですので、DT32台車を履いているところは共通仕様となります。

初回ですのでコンセプトを説明しておきますと、

東北本線は、上野発、上野着を基準にした優等列車のダイヤが組まれており、仙台以北の区間を見ると、下り初発の特急「やまびこ1号」でも10:50、上り終着の「はつかり5号」でも18時台となっており、仙台から見た青森での滞在時間が殆ど確保されません。

そのため、これよりも早く仙台を出発し、夜に帰着する優等列車として活躍したのが急行「くりこま」でした。

特急退避の無い時間帯に設定された「くりこま」は、他の気動車急行や臨時の客車急行を退避させてしまうほどの俊足振りを発揮していました。

編成は仙台区の455系でグリーン車を含む一般的な6両編成でしたが、ビジネス需要の増加に伴い、ビジネスライクな設備の導入を望む声が多くなってきたことから、このニーズに応えるために誕生したのが455系800番代です。

という感じかな?

模型的なところでは、キットを買ってきたその日にKATOから157系の製品化告知があり、全く製作を意欲を失ったまま放置。勿体無いので何とか活用できないか・・・ということで考え出したもの。言わば全てが余剰活用となっています。

製作は、GM157系キットをフル活用。前面のみ余剰となった115系キットの運転台を取り付けたもの。これは、当初3両編成で製造された800番代に、通常の455系を併結するために貫通型としたためです。ただし、急行専用であり、ヘッドマークの取り付けも予定されていたことから、前面種別窓(方向幕)は未設備となっているのが特徴となります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  ← ポチが入ると疲れが取れるかな・・・。

今回は5号車(元3号車)をご紹介いたしました。

最近疲れ気味なので、気力があったら次をアップいたします。

|

« 東京メトロ スマイルフェスタ’09 来場記念頒布品 メモパッド | トップページ | 切符入れ Vol.2 JR北海道「北斗星」 3往復時代 »

鉄道模型(鉄コレ以外)」カテゴリの記事

コメント

ほほう~。
列車種別表示が無いので気にしてましたがそういうことでしたか。
スカートも157系と同じだしシールドビームなら417的にも見える気がします。
密連の下は電気連結器でしょうか?
TC無しでMC+Mが基本の中間にTSかT車をはさむ形ですかね?
くりこまとは意外と盲点かも?

実際のくりこまは確か仙台7.00発と青森16.30発が俊足のやつで特に上りは瀬峰で「たざわ」その他の何階建てかのキハ58を抜くんでしたよね。
表定速度80オーバーとはアッパレでした。
他に俊足急行は「さちかぜ」臨時の「エコーもりおか」がありました。
「さちかぜ」は旭川-札幌間無停車、札幌-小樽間普通でしたが711系に小学生時代惚れて以来ずっと模型が出ませんでした。
ここ何年で発売されたもののすごい値段で止めました。
昔から出ていればおもちゃ的なところは手を加えればいいだけなのに。
9mmやっとけば良かった。
製品も16番より豊富だし。
ただ、加工はしんどそうですが。

投稿: 金太郎 | 2009年12月 9日 (水) 21時43分

金太郎様
北東北からストレートに「くりこま」が出てくる方は、やはり仙台以北に馴染みのある方か、時刻表で旅をしていた方だと思います。
私は乗ったことがないので思い入れがあったわけでもありませんが、特急形を急行転用するとして真っ先に思いついたのが「くりこま」だったわけです。
コンセプトとしては、あくまでも一般型の455系と同じレベルの運用・整備を考慮して、Mc+M’の背面連結とはしませんでした。ただし、片側は先頭専用となるため、非貫通型構造として157系のデザインを活かしているところが特徴になると思います。カプラーはカトーカプラーのクオリティなので気にしないでください。
いずれ順を追ってアップしていきます。途中は想像通りだと思いますので、あまり楽しめないかも。でも、最後はビックリさせますよ。

投稿: キハ181つばさ | 2009年12月 9日 (水) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京メトロ スマイルフェスタ’09 来場記念頒布品 メモパッド | トップページ | 切符入れ Vol.2 JR北海道「北斗星」 3往復時代 »