« 寒河江駅発行 在来線特急「つばさ」:特急券・グリーン券 | トップページ | 私的名曲選 Vol20 『木枯らしに抱かれて』by小泉今日子 »

2009年11月 2日 (月)

こんなのあり? サハシ167 修学旅行色???

こんばんわ。大変な時間です。

ネタを色々と加工していたら、こんな時間になっちゃいました。取り急ぎですが、飛びっきりバカバカしいネタを。

1671

1671_2

かなり昔ですが、まだ167系がNゲージで製品化されていなかった頃、なんとか修学旅行色の167系を手に入れたくて、GM155系キットから改造してみようと思っていました。しかし、サッシ窓をはめ込みにしないとグレードが落ちるし、かといって狭ドアだけの切り継ぎは種車製品の違いから合いが悪く、中間車を製作したのみで挫折してしまいました。

そんなとき、余ったサハシ153を見て『修学旅行列車にビュッフェが連結されていてもいいんじゃないかな?』という発想で誕生したのがこの車両です。

実際には全く改造をしていません。サハシ153の塗装をシンナープールで落とし、修学旅行色に塗ってみただけです。でも、なかなか新鮮じゃありません?修学旅行引率の教諭などが打ち合わせや一服の控え室として使用するために連結されていたという想定。

しかし、驚きました。今月号の鉄道ピクトリアル誌で修学旅行列車Ⅱの特集だったのですが、昔々、山陽本線の急行列車で153系の代替で167系が運用に入り、167系8両の中間にサロ+サハシを連結した10両編成で運転されたことがあったのですね。写真を見て驚きました。もちろん、サロ+サハシは湘南色なんですけどね。

今は鉄道模型で遊ぶことがなくなってしまいましたが、マイクロエースの167系も我が家で待機していることですし、運転会でもする機会があれば、湘南色サロを挟んで実現してみたいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

|

« 寒河江駅発行 在来線特急「つばさ」:特急券・グリーン券 | トップページ | 私的名曲選 Vol20 『木枯らしに抱かれて』by小泉今日子 »

鉄道模型(鉄コレ以外)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
こういうのステキです♪

投稿: とと | 2009年11月 2日 (月) 10時53分

こんばんわ。
>サハシ167
昔のTMS増刊「プレイモデル」で筆一塗りで
修学旅行色塗れる塗料のなんちゃって紹介表紙
覚えておられますか?それ思い出しました。
実は東京時代に113を修学旅行塗装にして
レンタルレイアウトで走らせている猛者を
見た事あります。中々素敵なフリーだなと。
鉄ピク最新号は友人が155系好きなので大喜びでした。
失礼します。

投稿: kyoeijiro | 2009年11月 2日 (月) 18時37分

こうしてフリーランスを楽しむのも一興ですよね。
台車がTR58なのでサハシ153からの編入といった所でしょうか?
実際長州あたりの長距離に挟まっていても違和感なさそう。
ついでにサロも・・・。
しかし165系→167系にするにはドア幅の違いが製品のない時代はネックだしこれを再現しないと167系になりませんから。
わたくしは58系気動車で冗談でキハシ28を作ろうと思ったことがあります。
しかし値段その他の理由で作っておりません。

投稿: 金太郎 | 2009年11月 2日 (月) 21時55分

とと様
コメントありがとうございます。
夢とか理想とか、無意味な想像とか、何でも形に出来るのが模型の良い所だと思います。
もっとスゴイのも用意してありますので、また時々覗いて下さいませ。

投稿: キハ181つばさ | 2009年11月 2日 (月) 23時51分

kyoeijiro様
Nゲージのキットを組むようになって、改造する楽しみが出来ました。しかし、現実には不器用で根気も無いことが分かったので、いい加減なりにも楽しむ方法を見つけたのがフリーランスでした。余剰車両をどう生かすか考えるのも楽しいものです。
修学旅行色を1度に塗れる塗料、覚えているどころか、その本は今でも所有しています。ほんとにそんなのがあるのか目を疑いましたが、騙されたと分かったときはかなり悔しかったです。まだ高校生くらいのときだったと思います。

投稿: キハ181つばさ | 2009年11月 2日 (月) 23時55分

金太郎様
山陽急行が廃止となり、余剰となったサハシ153は169系化されたり、クヤ153・165教習車になりましたが、その流れで167系に転用したと想定しています。したがって、台車も種車のままというのがポイントですね。
キサシ58はNゲージでは雑誌に発表されていたと思います。それと、オハシ12なんていうのもあったような・・・。こういのは発想の転換ですね。現実味はありませんが、運用担当者の発想次第では、もしかしたら実現していたかもしれないところが面白いと思います。
HOで敢えて改造するとなると、出費が大変そうですね。やはりNゲージだからこそのお遊びと言えるでしょうか?

投稿: キハ181つばさ | 2009年11月 3日 (火) 00時00分

この修学旅行色って好きだなぁ~。
実物を見た時には、本当に鮮やかで綺麗って思いましたから。
田町電車区に止まっている姿、思い出します。

投稿: シービー | 2009年11月 4日 (水) 21時03分

シービー様
私も好きでした。湘南色に塗り変わったり、シールドビームになったときはガッカリしましたね。

投稿: キハ181つばさ | 2009年11月 4日 (水) 23時35分

こんばんは、
この記事を読んでて思い出したことですが、私が関西在住の一学生のころ、Nゲージのキハ58[28]の運転台を潰して完全なる中間車化改造をして楽しんでた先輩がいたのを憶えてます。
それにしても写真のサハシ167、生徒さんや引率の先生たちのお弁当調製やお茶の提供などと、国鉄さんのアタマがもう少し柔らかったら実際にあり得たかも知れないですね。
それでは、この辺にて失礼いたします。

投稿: 宮オオ | 2009年11月 8日 (日) 17時48分

宮オオ様
修学旅行用車両の場合、殆どが鉄道債権(利用債)によって、受益者負担のもとで製作された経緯もあり、極力コストダウンされているようです。コイルバネ、非冷房も然り、ですから、このような贅沢品は有り得なかったのでしょうね。
しかし、そこはNゲージだからこそ、フリーランスだからこそ叶えられる夢でもありますし、精密さを追求するだけではないという楽しみがあります。

投稿: キハ181つばさ | 2009年11月 8日 (日) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒河江駅発行 在来線特急「つばさ」:特急券・グリーン券 | トップページ | 私的名曲選 Vol20 『木枯らしに抱かれて』by小泉今日子 »