« 私的名曲選 Vol19 『なみだの季節』byキャンディーズ | トップページ | キハ181系「いそかぜ」・・・チョロQですけど »

2009年10月29日 (木)

特急「おおぞら2号」:函館~旭川間 特急券・グリーン券

こんばんわ。

切符ネタを載せておかないとアクセスが極端に減るので、極限に眠いのですが頑張ってアップします。ちなみに、夕食を食べたのは23:30過ぎです・・・

Photo 国鉄時代の「おおぞら2号」のD型特急券・グリーン券です。

発行はなんと大阪の天王寺駅旅行センターです。「白鳥」からの乗継ですかね。1号じゃないから、函館で1泊したのでしょうか?

昭和51年で5400円もするのですから、かなり高価な乗り物ですね。当時は立喰いうどんでも120円程度で食べれた筈ですから、その金額の高さがわかります。

当時はまだ飛行機が高価過ぎて需要が無い時代。北海道に行くのも基本は列車でした。そのような時代背景でもあり、北海道の特急列車は「オホーツク」を除いて全て函館発着です。もちろん、青函連絡船と合わせて重要な輸送幹線でした。

「おおぞら」も3往復全てが函館発着であり、函館~東室蘭~札幌~滝川~帯広~釧路という経路で結ばれていました。このうち1往復については函館~旭川間の列車が設定されており、函館~滝川間を釧路行きに併結されて走っていました。この列車のみは併結区間で13両編成にもなり、北海道の特急としては最長編成となっていたことも特筆できます。この特急券も、その旭川編成のグリーン車ということで、ある種、貴重なものであると言えます。

駅旅行センターは日本旅行であるため、発行駅の前に「○日」の表示が入っています。ただし、小児断片の表記については「○セ天王寺」という表記になっており、面白さを見せています。この「○セ」表記について見てみたのですが、あまり数的に持っていないので不明確です。関西地域でもう1枚「○セ」の表記が見られましたが、首都圏では小児断片自体にこのような表記はしていなかったようです。

しかし、グリーン車・食堂車付と言えども、コレだけの距離を異動するのも大変だったでしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« 私的名曲選 Vol19 『なみだの季節』byキャンディーズ | トップページ | キハ181系「いそかぜ」・・・チョロQですけど »

切符(指定券関係)」カテゴリの記事

コメント

函館発の特急も札幌着に整理されてしまって、乗換えという不便になってますね。
車両の運用面などもあるのでしょうが、札幌で区切ってしまえば、2つの特急列車の料金を収入になるのもあるからなのでしょうね。

投稿: シービー | 2009年11月 1日 (日) 10時01分

シービー様
今や北海道の玄関口は千歳空港ですから、函館~旭川にスルーする人なんて殆ど居ないんじゃないですか?特に千歳線経由だと札幌折返しのタイムロスもありますから、結局乗り継ぎにしても時間ロスは変わらないということなんでしょうね。

投稿: キハ181つばさ | 2009年11月 1日 (日) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私的名曲選 Vol19 『なみだの季節』byキャンディーズ | トップページ | キハ181系「いそかぜ」・・・チョロQですけど »