« これなーーーーんだっ! | トップページ | 西武鉄道×銀河鉄道999 オリジナルピンバッジ »

2009年9月12日 (土)

答え(その1):検札鋏

こんばんわ。

遅くなっちゃったけど、答えを1つご披露いたします。

Photo これは「検札鋏(けんさつきょう)」と言います。

検札というのはご存知ですね。特急や急行列車で、乗客が特急券や急行券、指定席券や乗車券等を所持しているか、或いは、1度使用したものを再使用できないように「使用した」ことを記録する道具です。

Photo_2

デジカメって、結構リアルに映るんですね。普段、あまり写りが良くないと思っているのですが、手のシワまで写ってしまって恥ずかしい。

このように鋏下の溝の中に切符を差込み、ギュッと挟んで使用します。

右手で写真を撮っているので、左手でパンチしています。

Photo_3

このように、1つは紙をプレスして溝紋様を付けます。1度付いたら、これを元通りのサラにすることは不可能です。

そしてもう1つは、その下部に穴が開きます。おそらく、紋様が薄くしかプレスされなかったり、切符の地紋で見づらい場合に判別しやすくしているのでしょう。

ちなみに、検札鋏のデザインは相当数あるものと考えられ、研究したことがないので、どのくらいの種類があるのかわかりません。この「○J」と言うのは上越新幹線用で、東北新幹線が「○T」、東海道新幹線が「○N」でしたね。在来線用には枠も「○」以外に四角や花の模様等いろいろあるようですし、文字部分はひらがなが多いように思います。

昔はこのような金属製の検札鋏が使用されていましたが、現在ではスタンパーが多いようですね。職員だけが認識できれば良かったものですが、今ではお客さんにも判って親切です。おそらく、コスト的な問題ではないかと思われます。

如何でしたか?「検札」そのものは皆さんもご存知だと思いますし、検札を受けたことももちろんあるでしょうが、車掌さんの掌にスッポリと納まってしまう道具だけに、実物をマジマジと見る機会は無かったのでは無いかと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ ← よろしければポチを!

|

« これなーーーーんだっ! | トップページ | 西武鉄道×銀河鉄道999 オリジナルピンバッジ »

鉄道部品」カテゴリの記事

コメント

乗車券や急行券類にも、痕が残っていて文字を見たりしてました。
某車掌区のを持ってましたが、ひらがなの文字でした。
今はスタンパーですから、もし硬券だったら切符面がスタンプされてしまうんで、チョットいやですね。
やはりこの検札鋏は、硬券ならではのものですね。

投稿: シービー | 2009年9月13日 (日) 16時38分

シービー様
面積の広い軟券ならスタンパーでも良いですが、硬券だとどうしても表示を消してしまいますからね。
これも硬券だと結構な力が必要なので、乗車券と特急・急行券を何百枚もプレスすることを考えると、車掌さんも大変ですね。
シービーさんもアップしてみたら?

投稿: キハ181つばさ | 2009年9月13日 (日) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これなーーーーんだっ! | トップページ | 西武鉄道×銀河鉄道999 オリジナルピンバッジ »