« 私的名曲選 Vol10 『たそがれマイ・ラブ』by大橋純子 | トップページ | 青空フリーパス(JR東海) »

2009年9月 2日 (水)

豊橋鉄道 新豊橋駅 硬券入場券

こんばんわ。

うさぴょんのマル鉄回顧録』で連載しております、Fe4の撮影会の模様。

先日アップいたしました豊橋鉄道を訪れた際、新豊橋駅で硬券入場券を手に入れました。

Photo

まさかとは思ったんですが、窓口の方を覗いてみると、硬券入場券を発売しているというお知らせがありました。

各駅では無人駅も含めて券売機が設けてあり、当然、新豊橋駅も券売機が設置されています。硬券入場券を常備しているのは、どう考えてもテツ対応ということですね。常備すればコストが掛かりますが、その分、何に使われることも無く売り上げが入るわけですから、鉄道側にとっても勿論プラスになります。

入場券はデスクの引出に入っているらしく、改札氏は後ろ向きに引出を開け、硬券を取り出し、ダッチングをして渡します。ダッチングも、おそらくこの入場券だけのために維持しているのでしょう。

今や地方私鉄でしか手に入らない硬券キップ。明治から始まる伝統ある方式ですから、末永く維持していただきたいものですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« 私的名曲選 Vol10 『たそがれマイ・ラブ』by大橋純子 | トップページ | 青空フリーパス(JR東海) »

切符(普通入場券関係)」カテゴリの記事

コメント

ここで硬入が手に入るとは思わなかったから、よけいに嬉しかったでしたね。
硬入を駅に設備してると、売れるという事で今後も積極的に購入したいです。
また訪れても硬入を購入します←寒いですかぁ~(笑)

投稿: シービー | 2009年9月 8日 (火) 23時41分

シービー様
やはり昔ながらの硬券が良いですね。紙が大きいとかさばりますし、劣化の具合も良くわかりませんしね。今ではなかなか手に入らないですから、できるだけ買ってあげて、いつまでも残して欲しいものです。
もう夜もかなり涼しくなってきたことですし、無理に冷やさなくていいです。

投稿: キハ181つばさ | 2009年9月 9日 (水) 23時41分

こんばんは。
熊谷のCTK秩父鉄道のりばの入場券は未だに硬券なので、機会あったさいに購入するとイイかも知れないです。
首都圏にありながら健在だったのには、昭和時代の匂いが残るCTKならではの雰囲気があって良いのではないかと思います。
それでは、この辺で私は失礼します。

投稿: 宮オオ | 2011年12月12日 (月) 17時35分

宮オオ様
秩父鉄道はかなり硬券が残っているのでしょうかね。乗車券類は高くなってしまうので、やはり入場券が集めやすいです。
近くなのですが、なかなか行く機会がありませんね。

投稿: キハ181つばさ | 2011年12月15日 (木) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊橋鉄道 新豊橋駅 硬券入場券:

« 私的名曲選 Vol10 『たそがれマイ・ラブ』by大橋純子 | トップページ | 青空フリーパス(JR東海) »