« 飯田線 中部天竜駅・下地駅 硬券入場券(国鉄時代) | トップページ | GMキット改造:キハ09形 客車→気動車化 »

2009年9月26日 (土)

昭和60年 特急「ひたち」:東海駅発行種別違い2種

こんにちわ。

娘の運動会が終わり、やっと帰ってきました。アップが遅くなっちゃいましたね。

この間の5連休に、少しだけ切符を整理していたんですが、差異のある面白い事例を見かけたのでアップしたいと思います。

Photo 常磐線の特急「ひたち」の時代の特急券です。まだ「スーパーひたち」は誕生していません。

両方とも東海駅発行で、地紋が同じ色をしていますが、上は繁忙期、下は閑散期としての違いがあります。

上の特急券は、東海駅で発行して、自駅東海から乗車しています。一般的な繁忙期の特急券で、150km:2300円に料金変更されています。ちなみに、通常期であれば2100円と言うことにまでなりますね。

一方、下の特急券ですが、東海駅で発行しているものの、乗車は水戸から上野までとなっております。おなじ150kmまでですが、閑散期で1500円、通常期ならば1700円と安くなっています。これは、上野~水戸間がB特急料金の適用となる区間であるため、割安な特急料金で利用できることに起因しています。

この時代の時刻表を見てみますと、東海駅に停車する特急「ひたち」は少ないため、東京方面に急ぐ場合は、勝田始発または水戸停車の特急に乗り換えた方が便が良かったと推測できます。そんな事情もあり、水戸から上野寄りでしか使えないような「ひたち」の列車名常備券が設備されていたのではないかと思います。

ちなみに、東海~水戸間は14.7km、普通列車でも15分。当時の「ひたち」でも12分の所要時間が掛かるので、乗り継ぎのタイミングさえ良ければ、水戸から特急列車に乗車した方が、本数も多いし、安いし、便利だったのではないでしょうか。そんなことで、水戸からの乗車利用の方が多かったのではないか、と推測できます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« 飯田線 中部天竜駅・下地駅 硬券入場券(国鉄時代) | トップページ | GMキット改造:キハ09形 客車→気動車化 »

切符(指定券関係)」カテゴリの記事

コメント

確かに、以前は勝田も特急は止まらないものがあったので、水戸乗り換えもよくやりました。今は勝田に全便停車するのでとても便利です。
この頃の特急券・・・どうしたかなぁ。確か、何が何でもくれないようになって、そのあたりだったような気がします。だから、鉄道関係ブログを見るようになったときに、無効印なんてものを押してもらえば持ち帰れると知ってビックリしたんですよね。

投稿: | 2009年9月27日 (日) 21時36分

舞様
昔から無効印を押してくれる例はあったのですが、特急券や指定席券など、どうしても欲しいものに限って貰えなかったケースがありましたね。それでアタマに来たことが何度かあります。
JRになってからは磁気情報が発達したせいですか、まず丁寧な態度でくれるようになりました。それとも「トラブルを起こさない」ための教育なんでしょうか。
テツブームで「記念お持ち帰り」が増えたのも一因かもしれませんね。

投稿: キハ181つばさ | 2009年9月27日 (日) 23時10分

ひたち、この特急に乗ったのも社会人になってからでした。
それまでは、ときわ利用か普通列車を利用してました。
ひたちの指定に乗ったのは、20代の頃で植田駅から乗った事がありました。たしか硬券の指定券だったと思います。

投稿: シービー | 2009年10月 8日 (木) 20時45分

シービー様
新幹線が開業するまでは、基本的には急行列車が優等だったですね。中学生や高校生の分際では、なかなか特急列車なんて高級な列車に乗れるもんではありませんでした。
私は「ひたち」「ときわ」「もりおか」といった優等列車には乗ったことが無かったですね。常磐線ですと、唯一「みちのく」の最終日、急行は北海道からの帰りに14系「十和田」に乗ったくらいです。

投稿: キハ181つばさ | 2009年10月 8日 (木) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飯田線 中部天竜駅・下地駅 硬券入場券(国鉄時代) | トップページ | GMキット改造:キハ09形 客車→気動車化 »