« 昭和60年 特急「ひたち」:東海駅発行種別違い2種 | トップページ | 私的名曲選 Vol14 『迷宮のアンドローラ 』by小泉今日子 »

2009年9月27日 (日)

GMキット改造:キハ09形 客車→気動車化

こんばんわ。

このところ切符ネタばかり続いたので、久し振りに模型ネタをアップしてみたいと思います。

JRになってから、余剰となった50系客車を気動車に改造する工事が行われた形式がいくつか存在しますが、その昔、同じように鋼体化オハ60系客車を気動車に改造した例が存在しました。

旧形式で初代キハ45系を名乗っていましたが、称号改正により0形式「キハ09」が与えられ、北海道で活躍していました。

私的には同形式の実物は見たことはありませんでしたが、比較的昔から雑誌等で目にする機会も多く、大変興味のある形式でしたね。

いつの頃からか、GMキットのオハフ61に改造パーツがオマケに付くようになったため、これを製作したことがあります。実車と同じく、客車時代の車掌室をカットして、運転台パーツを切り継いで製作します。

093_2 最初に製作したのがこちらのタイプ。説明書のとおり作成したものです。

運転席側には出入り台が無く、古い形式であることが伺えるスタイルです。何も無かった妻板に無理矢理に窓を開けたようなスタイルは、モハ72をクモハユ74に改造したスタイルに似たような強引さが伺えます。しかし、そのような異端なスタイルが、逆に興味をそそります。

091_2 こちらは非公式側の運転台を示したもので、こちら側には出入り台が付いています。直後には客室扉があり、しかも客車時代のまま手動ドアですから、運転台のドアも何のために付いているのか良く分りませんね。

その後、キハ09改造のトータルキットなんていうものが発売になり、動力車も込みで販売が行われました。動力台車と付随台車が異なる難しい形式なので、これを仕込んだ動力車は魅力的でもあり、思わず購入し、製作することにしました。

しかし、ここで問題が判明いたしました。それは、改造キットの説明にある運転台の形式をもち、前後で異型式の台車を履く車両はキハ091のみであるということが判ったのです。判ってしまった以上はこれに背くわけにも行きませんので、ここで忠実に形を整えることに専念しました。

091_3 その結果、出来上がったのがこちらの車両。これにはちょっと手こずりました。ついでにヘッドライトとテールランプに透明パーツを使用してみたのですが、サイズが合わなかったために、かえってグダグダな造りになってしまいました。

091_4093

比較の大きさが合わなくてすみません。

左がキハ091で、右側がキハ093の運転席側の窓を示します。

右側のキハ093は、客扉より前の部分を切り落として、付属のパーツを切り継ぐだけなので、工作としては非常に簡単なものです。

問題は左側のキハ091の窓です。客車時代の車掌室まどをそのまま使用するので、切り継ぎの工作は一切いらないので楽なわけですが、実車はこの部分にサッシの行き違い窓が施工されているため、これを表現する必要があります。

窓の桟を切り取って、裏から紙を切り抜いたものなどが貼り付けられれば簡単なんですが、プラ独特の厚みがあるために、大変難しいのです。かといって、サッシをプラ板から自作するには、薄いものからの切り出しだとフニャフニャになってはめこみが難しくなります。

ここでは私のオリジナルの方法として、元成型の桟のセンター上下に切り込みを入れ、プラ板を厚み方向に長さをあわせて差込み、ピッタリと上下に張って固着したのを確認してから、表と裏から桟の厚みに合わせて削っていく方法としました。削り過ぎれば薄くなって切れてしまいますので、慎重な作業が必要になります。何度も失敗すると車体ごとオシャカになってしまうところですが、なんとか1発でクリアすることができました。

こうして出来上がったキハ091に念願の前後で異なる異端な動力車を組み込み、やっと完成に至ったわけです。

しかし、喜びも束の間。実際に走らせて見たら、元々設計の異なる台車を無理矢理前後に履かせてしまった設計らしく、真っ直ぐに走らせるだけでも前後で回転差が生じて脱線してしまいます。

GMさんよ、販売するならテストぐらいしろや!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ ま、ポチでも1つ入れてくださいマシ。

|

« 昭和60年 特急「ひたち」:東海駅発行種別違い2種 | トップページ | 私的名曲選 Vol14 『迷宮のアンドローラ 』by小泉今日子 »

鉄道模型(鉄コレ以外)」カテゴリの記事

コメント

キハ181つばささま、ご無沙汰しております。

キハ09とは、奇遇ですね!

私のブログで最近加悦鉄道のキハ08をアップしたところです。
実物は重たそうで、軽快な走りは期待できそうにありませんが、GMキットの模様替えには最適ですね。

投稿: 急行越前 | 2009年9月29日 (火) 21時10分

急行越前様
ブログ拝見いたしました。
高校時代に友人が加悦鉄道に行ったと、切符をお土産にくれて、初めて存在を知りました。
中でも、客車生まれだった両運改造キハ08は、非常に興味がありましたね。この車両をいつかは作りたいと思ったのは、加悦鉄道キハ08の影響です。
キハ08は切り継ぎが多くなるので、作るのに躊躇してしまいました。資料写真も当時はインターネットとかなかったので手に入らなかったんですよね。
いずれ時間が出来れば挑戦したい型式ですね。

投稿: キハ181つばさ | 2009年9月30日 (水) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和60年 特急「ひたち」:東海駅発行種別違い2種 | トップページ | 私的名曲選 Vol14 『迷宮のアンドローラ 』by小泉今日子 »