« 時刻表ネタ 昭和51年 両毛線の不思議2 1往復だけの快速列車 | トップページ | 私的名曲選 Vol5 バーディー大作戦『愛と死のパスポート』 »

2009年7月31日 (金)

鉄道コレクション第10弾 シークレットGETおめ!

こんばんわ。

昨日は風邪で仕事を休んでしまったので、発売日であったろう「鉄道コレクション第10弾」を買うことが出来ませんでした。

どうも最悪の発熱状態で仕事を終らせ、帰り掛けに1BOXと2個買ってきました。駅からの帰り道、我慢できないでバラの2個を開けてしまったのですが、なんと、そのうちの1個がシークレットでした。

おめ!←自分で言うな!!

だってさ、先般購入したトレコレもカーコレもシークレットでなかったし・・・。

そして、今回のシークレットは欲しかったし

やったね!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

取り敢えずご報告まで。写真は土日にアップしたいと思います。今日は病気なのでご勘弁を・・・。

|

« 時刻表ネタ 昭和51年 両毛線の不思議2 1往復だけの快速列車 | トップページ | 私的名曲選 Vol5 バーディー大作戦『愛と死のパスポート』 »

鉄道コレクション」カテゴリの記事

コメント

管理人様、加越能組の歴史は先ず加越能色から鉾田線転入時は茶色とクリームの細帯が入った初代関鉄色でした。二代目となる次に塗り替えしたのは現存する北海道組の細帯省略カラーで通称ツートンと呼ばれる車体でした。此処までは更新を行わず張り上げ屋根と呼ばれる雨樋が天井にある形状でした。
昭和も後期に近づいた58年頃にワンマン化と同時に更新工事で雨樋を幕板まで下げて外板に排水管移設を行った模様でこの時から前面窓が切れ長になりました。
その後石岡南台、玉里、小川高校下の各駅が開業した時に関鉄カラーから初代鹿島鉄道色とも呼べるKRカラーに変更されましたが塗装の煩雑さが災いして関鉄カラーに近い二代目鹿島鉄道色でおでこの銀色を省略したツートンに戻されました。
以降は最終全般検査で赤/緑の金太郎となりましたが赤は関鉄として、緑は北海道組の内、既に廃車されて久しい三井芦別から来た車両の再現を狙った物です。
更新前後では警笛の位置も違う様で以前は裾部分に取り付けていた様です。

投稿: 電気釜56号 | 2009年8月 4日 (火) 14時15分

電気釜56号様
解説ありがとうございます。
鹿鉄の古い写真を見たことがあるのですが、各車両ともかなり印象が違うんですよね。それだけ弄っているということなんでしょう。老朽化のための更新なのか、使い勝手の問題なのか、知る由もないところですが、このように時代と共に刻々と変わる記録と言うのは、身近な存在じゃないと残すのは難しいですね。

投稿: キハ181つばさ | 2009年8月 5日 (水) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時刻表ネタ 昭和51年 両毛線の不思議2 1往復だけの快速列車 | トップページ | 私的名曲選 Vol5 バーディー大作戦『愛と死のパスポート』 »