« 私的名曲選 Vol3 『手紙』by由紀さおり | トップページ | F・toys ニッポンの建設機械 1/150 建機シリーズ VOL.1 »

2009年7月25日 (土)

時刻表ネタ 昭和51年 両毛線の不思議1 1駅だけのグリーン車

こんにちわ。

このところテツネタよりも「懐メロ」にハマっているつばさです(ワラ1)。

先日、ある調べモノをするために昭和51年の時刻表を見ていたのですが、何気に開いた両毛線のページがあまりにも面白かったのでご紹介したいと思います。

まず、第1回目は『1駅だけのグリーン車です。』

19768

昭和51年8月号 交通案内社発行 日本時刻表から

青枠で記しましたように、新前橋→前橋と、たった1駅だけの運転区間なのに、敢えてグリーン車を営業している変わった列車です。

この時代はまだ、各線においても急行形でグリーン車を連結している場合は営業を行っていましたので、両毛線内では他にも例が見られます。ただし、1駅間のみの運転でグリーン車を営業している例はありません。

この列車を運転した後、一体何に運用されるのか気になるところですが、この時刻表を見る限りはその後の動きが予測できません。

実は、これは同社の時刻表の作成方法に見られるマジックでした。前橋~高崎間が無停車となる急行「あかぎ」の時刻を省略してしまっているだけでした。

実際には、前橋9:45発の上野行き急行「あかぎ3号」に続いているようです。つまり、新前橋電車区から急行の始発となる前橋まで車両を送込みする際、普通列車として営業するだけに留まらず、車掌も乗っているので締め切り扱いとせずにグリーン車まで営業していた、ということのようですね。

その後は徹底的な合理化攻撃により、東北・高崎スジの普通列車はグリーン車を普通車扱いとし、車掌業務を減量化して人員削減を行っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 私的名曲選 Vol3 『手紙』by由紀さおり | トップページ | F・toys ニッポンの建設機械 1/150 建機シリーズ VOL.1 »

時刻表ネタ」カテゴリの記事

コメント

数本、普通グリーンが運行されていたので、普通グリーン券もこの線内発行駅のは貴重ですね。

投稿: シービー | 2009年8月 8日 (土) 09時09分

シービー様
確かに貴重でしょうね。常備券はあったと思いますが、グリーン車を繋げている以上は7両編成。両毛線でグリーン車に乗らなきゃ行けないほど混雑しているとは到底思えませんし。おそらく殆ど発行された実績がないのでは?

投稿: キハ181つばさ | 2009年8月 9日 (日) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私的名曲選 Vol3 『手紙』by由紀さおり | トップページ | F・toys ニッポンの建設機械 1/150 建機シリーズ VOL.1 »