« 普通乗車券 JR西日本 北小谷から中土まで | トップページ | 鉄道コレクション第10弾 シークレットGETおめ! »

2009年7月31日 (金)

時刻表ネタ 昭和51年 両毛線の不思議2 1往復だけの快速列車

時刻表ネタ『昭和51年 両毛線の不思議1』の続きです。

今日は、両毛線に存在した1往復だけの快速列車です。

19768

上下列車とも、上野~前橋間が急行「あかぎ」として設定されていた列車で、普通区間の延長部分を快速列車としたものです。

しかし、それがそもそもの疑問。

この時刻表を見てお分かりのとおり、小山~宇都宮間を東北本線に乗り入れている両毛線からの直通列車は、この正規の快速列車とほぼ同じような停車駅となっていますし、東北本線側から乗り入れる急行「わたらせ」の延長区間も同様に快速運転となっていますが、「快速列車」としては取り扱われて降りません。

何故このように中途半端な位置付けを行っていたのか考えてみましたが、これといった理由は特に探し出すことは出来ませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

ちなみに、当時の両毛線普通列車は殆どが70系で運転されていましたが、宇都宮乗り入れの列車は115系4連が使用されていたと記憶しています。

|

« 普通乗車券 JR西日本 北小谷から中土まで | トップページ | 鉄道コレクション第10弾 シークレットGETおめ! »

時刻表ネタ」カテゴリの記事

コメント

確かに快速表示が無いのに小駅を通過するのは疑問ですよね。
所要時間も快速並みだし。
両毛線電化前もこういう運転していたようです。
小山からわたらせ1号になる列車の定期券での乗車不可というのは前後に普通があることと、上野までの乗客に配慮した措置なんですかね?
それからわたらせで座席定員制とか何とか時刻表に表示されていた事がありませんでしたか?
座席・・・は記憶が曖昧ですが。

投稿: 金太郎 | 2009年8月 7日 (金) 22時51分

金太郎様
そっちは触れて欲しくなかったな~。次のネタなんで。

投稿: キハ181つばさ | 2009年8月 8日 (土) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 普通乗車券 JR西日本 北小谷から中土まで | トップページ | 鉄道コレクション第10弾 シークレットGETおめ! »