« Nゲージ GMキット改造:スユニ61 | トップページ | 国鉄 普通乗車券 高崎→東京山手線内 微妙な違い »

2009年7月 7日 (火)

謎の多い『茨城交通 湊鉄道線潮風号運転記念乗車券』

こんばんわ。

今回はスキャニングしておいた記念乗車券から、謎の多い茨城交通時代の記念乗車券をご紹介したいと思います。

Photo_4

平成7年発行の茨城交通時代「湊鉄道線潮風号運転記念乗車券」です。

写真は冊を開いた状態を指し、右側が表紙で、左側が裏表紙になります。キハ3710形を導入した際に発行された記念乗車券で、同時に人気のあった元国鉄のキハ10形の淘汰が始まった頃ですね。裏表紙には中の乗車券と同じ発行ナンバーが印刷してあります。

Photo

こちらは見開いた状態を指します。左側にはキハ3710形の写真とスペックの紹介、右側には茨城交通の路線図と、下部にD型の硬券乗車券が2枚セットになっています。

記念乗車券はビニールケースに挿入したものを台紙に貼り付けてある親切設計となっています。

Photo_2

こちらは記念乗車券を直接スキャニングしたものです。

ところで、この乗車券は謎が多いのです。

①乗車駅が「当駅」と表示されていますが、発行駅の表示も無く、また、乗車駅をスタンプで表示する等のスペースも設けていません。したがって、乗客がこの乗車券を見せても、車掌・運転手・駅員は「何処から乗ってきて、金額が正しいのかどうか」の区別が付きません。また、記念に持ち帰ったとして、何回でも使われてしまうことも考えられます。

②タイトルが『キハ3710形運転開始記念乗車券』となっており、表紙に書かれているタイトルとはあからさまに違っています。何故統一しなかったのか、謎です。

③乗車券には2枚とも小児料金が表示してありますが、特に小児用として発売できる様式にはなっておらず、何のために表示されているのかわかりません。

日付印はダッチング然としていますが、発売日初日である7.11.-1.のものを表示の上、全体を写真製版しているようですね。トータルデザインは非常にキレイで、記念乗車券としては申し分無いように思います。

Photo

こちらは乗車券の裏面になります。券番は記念入場券ように良く使われるスタイルのもので、硬券に使用されるそれとは違います。

こちらも小児券としての断片が使用されていないのにも拘わらず、左右に券番が振ってあるのはある意味不明な動作ですね。

最初に記しましたように、裏表紙に印刷してある番号と一致するものがセットしてあります。

現在は『ひたちなか海浜鉄道』として再出発した茨城交通ですが、キハ3710の誕生から既に12年以上も経過したのですね。確かに、ここを訪れた時には我が娘もまだ誕生しておりませんでした。

このスキャニングを行うまでは購入したことすら忘れていました。それにしても、謎の多い記念乗車券です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« Nゲージ GMキット改造:スユニ61 | トップページ | 国鉄 普通乗車券 高崎→東京山手線内 微妙な違い »

切符(記念切符・記念券関係)」カテゴリの記事

コメント

管理人様、登場当時の状況は失念してしまいましたが有人駅も多く存在していましたし、またワンマン化も現在程ではなかったと記憶しております。売り出し箇所が限定されている為、購入駅からの使用を前提としてこの様な様式になったのと推測しております。

投稿: 電気釜56号 | 2009年7月 7日 (火) 11時59分

謎ですね。
当時を知る者に聞いてみましょうか。
(吉田)

投稿: ひたちなか海浜鉄道 | 2009年7月 7日 (火) 17時30分

電気釜56号様
私はむしろ「何処からでも乗れるように」このスタイルにしたのではないかと推測したのですが、やはり自己申告を信用するしかないので、実際のところ確認は難しかったのではないのでしょうか?もっとも、殆どの購入者は「この乗車券を使わない」と思いますので、多少悪意に使われても、損害より売れた利益の方が多かったかもしれません。
ちなみに、私は那珂湊駅で購入していますが、他の駅で発売されていたかまでは調べていないのでわかりません。

投稿: キハ181つばさ | 2009年7月 7日 (火) 23時33分

吉田様
ご無沙汰しております。
謎が多い乗車券ですが、やはり「当駅」とした趣旨が一番気になりますね(笑)。
しかし、このような経緯まで憶えている方がいらっしゃるのでしょうか?
もし何かお解かりでしたら、コメントをいただけますと幸いです。

投稿: キハ181つばさ | 2009年7月 7日 (火) 23時43分

当駅という印刷にすれば、印刷の合理化という事にもつながりますね。
でも収集する側とすれば、駅名が入ってないのは、ちょっとマイナスでしょうか。

投稿: シービー | 2009年7月20日 (月) 09時38分

シービー様
もし1箇所でしか売っていなかったらあまり意味は無いですよね。むしろ「どこからでも乗れるように」という考えが強かったのではないかと。できれば、乗車券として発行駅は入れて欲しかったですね。

投稿: キハ181つばさ | 2009年7月20日 (月) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nゲージ GMキット改造:スユニ61 | トップページ | 国鉄 普通乗車券 高崎→東京山手線内 微妙な違い »