« リゾート特急「そよかぜ」:完全常備式特急券 | トップページ | 普通乗車券 国鉄バス 高萩駅→20円区間(昭和49年) »

2009年6月28日 (日)

サボ 愛称板 急行「狩勝」

こんにちわ。

昨日はスンゴク疲れちゃって更新できませんでした。それにも拘らず、一昨日の実訪問者数128人、昨日は154人と、2日間続けて訪問者数の記録を更新してました。嬉しい限りですね。

当ブログを分離立ち上げてから半年、相変わらず毎日更新は出来ませんが、取って置きのネタをご紹介していきたいとおもいますので、今後もよろしくお願いいたします。

さて、今日は久し振りにサボネタです。

以前、『うさぴょんのマル鉄回顧録』で、『オハネフ12形 急行「狩勝」』や『キハ56系 急行「狩勝」』といった今は無き急行「狩勝」の記事をアップいたしましたが、実際に同列車に使用したサボを手に入れておりました。

Photo

Photo_2

どちらが表でどちらが裏かはわかりませんが、愛称名のみの面と、指定席を表わす面で表裏が構成されています。

材質はホーロー製で重厚感があり、形状は北海道オリジナルの取っ手が大きく付いたものとなっています。冬期に凍結することが多いため、指を引っ掛けやすくしているのでしょう。

「指定席」表示はグリーン車や普通指定席車に用いられたものと思いますが、写真を見る限りでは、寝台車は「指定席」側になっていなかったようですね。車内に入って明らかに自由席ではないことが判るからか、それとも偶然差されていたのか、写真が1枚しか無いので判断はできません。

高校生2年生の時に2回も狩勝峠の区間で写真を撮ったこともあり、大変馴染みのある列車名です。急行列車が消滅の危機にある今となっては、懐かしい時代の遺物となってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

↑これをポチしていただけるともっと嬉しいです!

|

« リゾート特急「そよかぜ」:完全常備式特急券 | トップページ | 普通乗車券 国鉄バス 高萩駅→20円区間(昭和49年) »

鉄道部品」カテゴリの記事

コメント

狩勝は何回か乗ってますが、夜行急行時代に白糠線に乗るのに、白糠駅で下車した時、指定券(マルス券でしたが)を回収された思い出が。

投稿: シービー | 2009年7月18日 (土) 13時32分

シービー様
白糠線は乗りたかったんですけどね。狩勝峠の撮影を優先してしまって乗ることができませんでした。
私も札幌駅で問い詰められた上で取り上げられてしまいました。せっかくの硬券だったのに・・・。

投稿: キハ181つばさ | 2009年7月18日 (土) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リゾート特急「そよかぜ」:完全常備式特急券 | トップページ | 普通乗車券 国鉄バス 高萩駅→20円区間(昭和49年) »