« Nゲージ GMキット改造 クハ47100番代 | トップページ | 寝台特急「富士」:特急券・B寝台券 由布院駅発行 »

2009年6月16日 (火)

迷惑な形の記念券:その2「東北・上越新幹線 上野駅開業」記念入場券

こんばんわ。

先般、『迷惑な形の記念券:その1「柏まつり」記念入場券』というのをアップいたしましたが、このネタが予想外に好評を得ることが出来ましたので、調子に乗ってまたまた用意しちゃいました。

今日は画像のボリュームありまっせ!

Photo

「東北・上越新幹線 上野駅開業記念入場券」です。その時代を関東で過ごしていたテツなら、買った人も多いと思います。Fe4メンバーのlineさんもお持ちのようですね。

写真では分かりづらいと思いますが、結構大きいんですよ。ちなみに、A4判対応の私のスキャナでは、天地が収まりませんでした。もうちょっとタテが大きいと思ってください。

昭和57年6月に東北新幹線、半年遅れて同年11月に上越新幹線が大宮暫定開業いたしました。某有名な所在地で用地買収が難航し、約4年遅れて上野駅までの乗り入れが実現、東北・上越の大動脈としての面目がたちました。

表紙は、鮮やかな空色をバックに、凛々しい、そして優しい顔立ちをした200系が飾ります。

Photo_2

こちらは裏表紙になります。

新幹線のダイヤグラムを模した背景と、沿線各地の名物などをイラストで紹介しています。

裏表紙ももちろん、スキャナからはみ出ていますので、タテ方向にもう少し高さがあります。

Photo_3

さて、タダでさえ大きくてスキャニング出来ない厄介者なんですが、見開きは倍に厄介になるわけです。

スキャナには全く取り込めませんので、開いた状態をデジカメで撮影いたしました。

この厄介な大きさの原因はこれです。

Photo_4

昔懐かしい「ソノシート」です。

CD(コンパクトディスク)プレーヤーを家電店で見掛けるようになったのがちょうどこのくらいの時代だったと思います。ただのプレーヤーでも20万円を超えていたのではないでしょうか。既に20年以上前ですから、25歳よりも下の方は、ソノシートどころか「レコード」という名前すらご存じないかもしれませんね。

ソノシートは安価な音楽媒体として、雑誌の付録などに良く利用されていました。当時は『レコード針を傷める』との理由から、あまり歓迎はされていなかったようですが・・・。

新幹線が開業した頃は、各駅の到着放送の前に、各地にまつわるメロディーを流していたのです。それを全曲ここに取り込んだわけですね。(←実はまだ聴いていない。)

Photo_10Photo_2

  そして、またまた厄介・迷惑極まりないのがこの入場券です。何故か無意味に並べられた6枚の入場券。キレイに並べてスキャンするのは大変でした。(←ウソ!)

全部繋がっているからB券6枚分の長さがあるんですよ。昭和60年3月14日、開業当日の日付が印刷されています。しかも、先日ご紹介したような期間を設けている表示がなく、無常にも『発売当日限り』となっています。

ちょっとお待ちくださいよ。上野と大宮はまだしも、小山・宇都宮・那須塩原・新白河の各駅で、しかも大人・小児を使い分けて1日で使えるわけ無いじゃありませんか。→と思ったら、裏には4月13日まで1ヶ月間有効の表示がありますね。紛らわしい!

しかも、点線は入っているのにミシン目もなく、ハサミがなきゃ切れないですよ。

もうこうれはレコード代としてお飾りの入場券ということで、『買って何もしないで帰ってください』というわけですね。

私は大宮駅で購入したような気がするのですが、各駅でも販売したのでしょうかね。循環番号の○14という、とてつもない大きな数字が付いています。どのくらい売れたんでしょうね。

大き過ぎてホルダーにすら入らない、迷惑な記念入場券でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

lineさんが『聴く手段が無い!』とおっしゃっていましたが、今は便利な世の中で、レコードをSDカードに落とせるレコード・CDプレーヤーが発売されています。実は、我家にはあるんです。普段使わないので荷物置き場になってますが、時間があるときにデジタル化して、ここにアップしてみようかなんて考えております。

|

« Nゲージ GMキット改造 クハ47100番代 | トップページ | 寝台特急「富士」:特急券・B寝台券 由布院駅発行 »

切符(記念切符・記念券関係)」カテゴリの記事

コメント

レコード付きは他にも例があったのですかね。
私は買って早々玩具のようなプレイヤーで再生した覚えがあります。
このソノシートはEP盤と同じ大きさなのに、33.3回転なんですよね。当時のレコードプレイヤーはその他に3個ぐらいの速さがありましたね。今では思い出せないですけど。
中に入ってる入場券は全部同じだったのかな。今度見てみます。

投稿: line | 2009年6月18日 (木) 15時02分

ソノシート・・・確かに雑誌のおまけで見た気がしますが、当時家にあったレコードプレイヤー(っていうんでしたっけ)では針が飛んでしまって聴けなかった記憶が。
結局、それが目当てで買ってもらったのに聴けずじまい・・・

投稿: | 2009年6月18日 (木) 21時30分

line様
昔のシングル版でも、1枚に4曲入っているヤツは33回転がありましたね。ドリフのレコードは4曲入りが多かったです。他にも45回転と78回転がありましたが、我家には78回転のレコードはありませぬ。
入場券は一緒じゃないですか?造り分けはしていないと思いますよ。何せこれから推測しても15万枚以上発売したと言うことですからね。

投稿: キハ181つばさ | 2009年6月18日 (木) 23時26分

舞様
昔の学習誌の付録で付いていたのがありましたね。蕨市の市歌なんていうのもあったような気がする(笑)。
出来が悪いと針が飛ぶなんて言うのもあったかもしれませんね。キズが付くと「ボチッ!」とか言ったり飛んだりね。それも懐かしい思い出ですわ。

投稿: キハ181つばさ | 2009年6月18日 (木) 23時29分

これも買いましたよ。
ソノシートは一回も聞かずに押入れの中に眠っています。
この連続印刷入場券は、やはり手抜きって思ってます。
まぁ~記念だから実用できでなくてもいいですが、やはり切断しておいてもらいたかったです。

投稿: シービー | 2009年7月14日 (火) 19時40分

シービー様
私も未だ聞いていないのですが、プレイヤーがあるので何れ電子データ化使用と思っています。ただ、時間がございませぬ。
この入場券は手抜きですね。取り敢えず入れてあるって感じです。

投稿: キハ181つばさ | 2009年7月15日 (水) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nゲージ GMキット改造 クハ47100番代 | トップページ | 寝台特急「富士」:特急券・B寝台券 由布院駅発行 »