« 迷惑な形の記念券:その2「東北・上越新幹線 上野駅開業」記念入場券 | トップページ | トレコレ改造:重機運搬用 16輪中低床トレーラー »

2009年6月20日 (土)

寝台特急「富士」:特急券・B寝台券 由布院駅発行

こんばんわ。

このところ変わりモノネタばかりだったので、久し振りにフツーの切符をアップしたいと思います。

平成21年5月2日付け当ブログにおいて『寝台特急「富士」:特急券・B寝台券、立席特急券 D型常備券』をアップいたしましたが、準常備券1枚の掲載漏れがありました。

Photo

九州地区に良く見られたタイプの準常備式硬券特急券・B寝台券です。九州からの寝台特急は、新大阪や京都から新幹線の乗り継ぎが想定されることから、このように乗継割引の特急料金が段組されているため、切断面が大きく面積を取っています。よって、肝心の指定事項の券面が非常に狭く、列車名が入らないほどのスペースになっています。

日付印のスペースを考えると、これでは1文字か小さく手書きして2文字しか入りませんね。「特急券・B寝台券」の表示をもう少し小さくするとか、或いは2段表示にしてスペースを確保するとか、もう少し考えても良さそうなものですが、古くから慣例的にこのようなスタイルとなっています。

発行駅ですが、表示は裏面にかなり遠慮がちに表示してあります。昭和23年に由布院村から由布院町となり、昭和30年に由布院町と湯平村が合併し、このときに両方の文字を充てて湯布院町となりました。

さらに平成17年、平成の大合併を期に湯布院町・挾間町・庄内町の3町が合併し、由布市となります。しかし、現在の由布院駅の住所は「由布市湯布院町」という、知らぬ人からすれば非常にややこしい表示となっており、JRの「由布院駅」はその伝統ある名称をひたすら守り続けています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« 迷惑な形の記念券:その2「東北・上越新幹線 上野駅開業」記念入場券 | トップページ | トレコレ改造:重機運搬用 16輪中低床トレーラー »

切符(指定券関係)」カテゴリの記事

コメント

列車名のゴム印、富の字、上に点がない冨の字体ですね。
こういったのを発見するのも楽しみです。

投稿: シービー | 2009年7月15日 (水) 20時32分

シービー様
それは気が付きませんでした。「冨士」だと見慣れているので気が付きにくいかも。

投稿: キハ181つばさ | 2009年7月15日 (水) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 迷惑な形の記念券:その2「東北・上越新幹線 上野駅開業」記念入場券 | トップページ | トレコレ改造:重機運搬用 16輪中低床トレーラー »