« Nゲージ GMキット改造 クモハ54129+クハ68409 | トップページ | 国鉄乗入れ切符(京浜急行電鉄) 地図式3等券 »

2009年5月25日 (月)

「くろいそ」 特急券 D型準常備

こんばんわ。

『うさぴょんのマル鉄回顧録』で183系1000番代「くろいそ」という記事をアップしたところ、ウソネタであるにも拘わらず結構な反応がありましたので、今日はこれに関連して特急「くろいそ」の特急券を所有しておりますのでアップしたいと思います。

Photo

昭和45年の上り特急「くろいそ2号」の特急券で、乗車区間は黒磯から上野までのフル区間となっています。

発行は発駅となる東北本線の黒磯駅です。当時でも東北本線には多数の特急列車が設定されていましたので、常備券ではなく準常備となっているのでしょう。それでもレアな「くろいそ2号」というゴム印が用意されているのは嬉しい限りです。

私が鉄道に興味を持ち始めたのが小学2年生の頃で、時刻表を初めて買ってもらったのが小学3年生のとき、昭和47年でしょうか。ただし、あまり列車には興味が無く、駅名を覚えるために買って貰ったもので、当時どのような列車が走っていたのか全く記憶がありません。

そこで調べてみたところ、特急「くろいそ」は昭和44年10月、181系電車により季節列車として運転を開始、定期化されることなく昭和48年10月に廃止された、となっています。私が初めて写真を撮り始めたのが昭和47年末頃でしたから、この記録が確かであれば、「くろいそ」が走っていたことになります。

ただ、時刻表は最初に買って貰った1冊だけであり、時刻表を基に写真を撮るようなことをしていませんでしたので、特急「くろいそ」が走っていたという記憶は全くありませんでした。季節特急であったと言うのもネックになっていた可能性が高いですね。それでも、何故か157系「白根」や181系「そよかぜ」は時刻表を基に写真を撮りに行ったことがありますので、これらの行動が昭和49年というギリギリ間に合わなかった時期の記憶なのかもしれません。

せっかく時代的にリンクしていたにも拘わらず、記憶の片隅にも残っていない特急「くろいそ」。まぼろし且つ憧れの特急列車でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« Nゲージ GMキット改造 クモハ54129+クハ68409 | トップページ | 国鉄乗入れ切符(京浜急行電鉄) 地図式3等券 »

切符(指定券関係)」カテゴリの記事

コメント

管理人様、【くろいそ】と言う特急列車ですが管理人様が今回の御掲示頂くまで存在すら解りませんでした。
確か幕張の183系の70コマ電照サボのフィルムにも入っていたと記憶してまして本当に存在したんだと確信しました。
黒磯と言えば「クレしん」のお嬢様のボディガードの名前も確かそうだったと思いますが…(笑)

投稿: 電気釜56号 | 2009年5月25日 (月) 21時51分

電気釜56号様
意外ですね。ご存じなかったですか?
昔は東北特急において「くろいそ」じゃ短距離過ぎ!と思いましたが、今では宇都宮発着でさえ特急になっちゃいますからね。「くろいそ」を使わなくなったのは、やはり国鉄バスで塩原温泉に誘致したい思惑があったのでしょう。やはりイメージとしては「なすの」の方が良かったのでしょうね。
おっしゃるとおり、幕張の0番代には常備されていました。写真もキレイなヤツを撮ってあるんですが、まあ、ちょっと出しづらいんです。ネタが無くなったら出すかもしれません。
クレしんで黒磯っていましたっけ?もうしばらく見ていないので忘れちゃいました。

投稿: キハ181つばさ | 2009年5月26日 (火) 00時04分

今では東北線に直流用特急が走っていても普通の事ですが、当時の東北線の特急といえば交直両用しか走っていなかったです。
それが181系の電車が走らせたというのも、温泉、ゴルフ客を見込んでの事だったのでしょうね。
「くろいそ」実物は見た事がなかったでした。

投稿: シービー | 2009年7月 4日 (土) 14時13分

シービー様
全盛期に東北本線の直流型は考えられなかったですね。黒磯まで150kmしかないですから、特急列車が走っていたなんて信じられませんでした。
「しおさい」「あやめ」が登場して特急の格落ち感が強まりましたね。「あまぎ」も似たようなもんですが、「温泉特急」的な高級感がありました。

投稿: キハ181つばさ | 2009年7月 5日 (日) 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nゲージ GMキット改造 クモハ54129+クハ68409 | トップページ | 国鉄乗入れ切符(京浜急行電鉄) 地図式3等券 »