« 憧れのヘッドマークバッジ(交通博物館) | トップページ | 電車運転士のバッジ »

2009年5月16日 (土)

国労 組合員バッジ 闘争ワッペン

こんばんわ。

今日はマニアネタではありませんが、懐かしいものを見つけたのでアップします。

Photo

ある程度年齢の行ったには言わずと知れた国鉄労働組合(国労)の組合員に配られたグッズです。

右下が襟章で、金属製です。そして、右上がこれよりも目立つように作られたビニール製のバッジ。

服務規程では制服に付けても良いものというのが厳格に定められており、組合を示すこうしたものは本来付けられないことになっています。この襟章なんかは目立たないように大変小さく作ってありましたが、国鉄の分割民営化構想が本格的となり、これに真っ向から反対する国労はさらなる団結を誇示するため、このような大きなバッジを作ったものと考えられます。

左側は、国鉄の分割民営化反対を叫んで作成された闘争ワッペンです。それまでは春闘くらいしかこのようなワッペン闘争は無かったと思いますが、国鉄時代末期は春闘どころではなかったような気がします。国鉄時代の国労では、この辺りが最後のワッペン闘争になったのではないでしょうか。

最後の2年くらいは、国労組合員は民営化後に残れなくなるウワサ、管理職からの攻撃・世間からの風当たりが非常に強くなり、他の組合も立ち上がって非常に混乱したものです。

私は国鉄を退職するまで国労にいたつもりでしたが、混乱の中でいつの間にか脱退したことになっていたらしく、退職の餞別金さえ貰えなかったことを腹立たしく思ってました。←思い出したらまた腹が立ってきた(笑)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« 憧れのヘッドマークバッジ(交通博物館) | トップページ | 電車運転士のバッジ »

鉄道関連グッズ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、
国労・動労で忘れられないのはよく新聞やTVとかで報じられたいわゆる「内ゲバ」事件ではないでしょうか。
なんでも幹部の方が何人かの暴漢に襲撃されたとかでたまにそういうのを報じられる度に、随分ウチワ揉めがあったこと位にしか印象ないです。もと国鉄職員だったつばささんには大変失礼ですが、その辺はシロウトの私なのでごめんなさい。
それでは、この辺にて失礼いたします。

投稿: 宮オオ | 2009年6月15日 (月) 15時56分

宮オオ様
内ゲバ、ありましたねぇ、久し振りに聞きました。
当時、どちらだったか忘れましたが、幹部が襲われて死亡した事件もあったと思います。
今でこそ大人しい世の中ですが、昔は右も左も入り乱れている感じでしたね。そこに警察当局もあり。
デモに参加して危ない目にもあったことがありました。
それも昔々の話になってしまいました。

投稿: キハ181つばさ | 2009年6月16日 (火) 01時23分

私の会社はユニオン制だったので、組合が国関労に入ってました。
ワッペン闘争という事で、時期が来ると付けてました。
国労のデモにも会社の一組合員として、新橋の自動車庫から歩いてデモに参加した事がありましたが、動員費で現金を貰えるのが嬉しかったでした~。

投稿: シービー | 2009年7月 4日 (土) 10時08分

シービー様
私も今の仕事では組合の会計をやらされていたことがあり、動員の回数も多かったので、動員費をもらえるときは嬉しかったですね。
今となっては「懐かしい」というだけで終っちゃいますけど、大宮操のときはエーザイとも共闘で交流がありましたね。

投稿: キハ181つばさ | 2009年7月 5日 (日) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 憧れのヘッドマークバッジ(交通博物館) | トップページ | 電車運転士のバッジ »