« 国鉄時代の道具:ホイッスル&列車の鍵 | トップページ | 国労 組合員バッジ 闘争ワッペン »

2009年5月15日 (金)

憧れのヘッドマークバッジ(交通博物館)

こんばんわ。

更新が滞りがちですみません。

今日は、知っている人は知っている、多分『懐かしい~!』という方も年代的に多いかもしれません。

Photo

交通博物館で売っていた、ブルトレのヘッドマークのバッジです。

私が小学生の頃買ってもらった物で、確か交通科学館と共通で売られていたと思います。

もう35年位前になりますが、果たしていつ位まで売っていたのでしょうね。当時で200円だったと思いますので、ラーメン1杯よりも高かったかもしれないことを考えると、結構良いお値段だったと思います。もちろん、1回で4個も買ってもらえたわけではありませんから、2~3回と行っては1個づつ買ってもらいましたね。

東京駅発着のブルトレ以外はヘッドマークの取り付けが廃止されていた頃でしたので、この中でも「日本海」や「ゆうづる」というのは憧れのマークでした。「瀬戸」は個人的にデザインが好きだったのです。

こんなものでもコンプリートしていれば立派なコレクションだったかもしれませんが、昔はアポロキャップに飾りとして付けて使っていたので、傷+劣化で結構悲惨な状態になってしまったのが残念です。「あかつき」や「彗星」も欲しかったな・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« 国鉄時代の道具:ホイッスル&列車の鍵 | トップページ | 国労 組合員バッジ 闘争ワッペン »

鉄道関連グッズ」カテゴリの記事

コメント

どこかで見た気がする・・・
弟が持っていたのかも。
「特急スプーン」なるものを交通博物館で買ってきて欲しいと頼まれた記憶もあります。
あれ、どうしたかなぁ・・・まだ持ってるのかしら・・・

投稿: | 2009年5月15日 (金) 11時55分

管理人様、東京発着の列車で一番のお気に入りは最後に【出雲】に吸収された【いなば】で牽引もゴハチことEF58でしたし、ヘッドマークは因幡の白兎伝説にあやかり小生の干支にあたる兎のデザインでした。
流石に全盛を極めた20系客車に揺られたのは急行【銀河】だけでしたが多少なりともその影に踏み入れた事は幸いと思います。
そう、因幡の白兎伝説では調子の良い事を言って鮫に皮を剥かれるシーンがありますが果たしてその頃も海上では鮫に悩まされていたのでしょうか?

投稿: 電気釜56号 | 2009年5月15日 (金) 18時49分

舞様
スプーンもあったかもしれない。小学生の頃はそういったものに興味なかったけど。
やはり手頃なところでバッジと下敷きでしたね。

投稿: キハ181つばさ | 2009年5月15日 (金) 21時00分

電気釜56号様
「いなば」のヘッドマークですか?特別製作や○○友の会特製とかは「紀伊」や「つばさ」「北星」などで見られましたが、「いなば」は記憶に無いですね。
作り話は基本的に興味無いのですが、サメという魚も名前があったかどうか解りませんし、江戸時代くらいに作られた話なんじゃないですか?皮だけ剥ぐ器用な鮫が居たら国宝級ですね(笑)。

投稿: キハ181つばさ | 2009年5月15日 (金) 21時06分

これ、「ゆうづる」のは買いました。
やはり帽子かバッグに付けてたんですが、いつのまにかとれちゃって失くしちゃいました。
確か缶コーヒーのオマケでキーホルダーが付いていたのでも、集めたりしてました。ダブっていたのをオフ会で持っていきましたが。
今ではこういったバッジって売ってないのでしょうね。

投稿: シービー | 2009年6月27日 (土) 12時13分

シービー様
最後に交通博物館に行ったときは、売店に群がる客が凄過ぎて、売っているものが殆ど見えない状態でした。最後まであったのでしょうか?
こうしたグッズというのは、私らに撮っては懐かしい、憧れを感じますが、今のギンギラギンを普通だと思っている世代にウケるのか、難しいところでしょうね。

投稿: キハ181つばさ | 2009年6月27日 (土) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国鉄時代の道具:ホイッスル&列車の鍵 | トップページ | 国労 組合員バッジ 闘争ワッペン »