« 時刻表ネタ 昭和55年 水郡線を走った急行「ときわ7号」 | トップページ | 廃札券利用? 立川から20円区間 D券 »

2009年2月28日 (土)

「ときわ」 急行券・指定席券・グリーン券

こんばんわ。

先日、水郡線に乗り入れる常磐線急行「ときわ」の記事をアップしたところですが、さすがに水郡線への指定券ではありませんが、急行券・指定席券が出てまいりましたので、この機会にアップいたします。

Photo

昭和59年発行のA券タイプの急行・指定席券です。

過去ログでも述べましたが、首都圏ではこのA券タイプの指定券は結構珍しいようですね。券面には発行駅は表示されていませんが、裏面を見ましたら、なんと、私は勤務していた与野駅で発行されたものでした。今まで裏面を見ていなかったので、全然気が付かなかったのです。まさか、そんな身近にレアな券が存在していたとは思っても見ませんでした。

さすがに与野駅では常磐線関係のゴム印など常備されていなかったようで、着駅である「上野」以外が手書きなのはご愛嬌というところでしょうか。

Photo_2

こちらは常磐線友部駅発行の急行券・グリーン券です。

「ときわ」は基本編成と付属編成にそれぞれ1両のグリーン車を連結しており、座席数はかなり確保されていたようです。しかし、常磐線という路線で、当時それほどグリーン車の需要があったとは到底思えないんですが、個人的に。

現実としてこのような区間が常備印刷されているグリーン券が存在していたのですから、少なからず定期の需要があったのかもしれません。なお、列車名が印刷されていない理由としては、急行「もりおか」が存在していたことによるものと考えられます。※同様式印刷時点においてという意味で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« 時刻表ネタ 昭和55年 水郡線を走った急行「ときわ7号」 | トップページ | 廃札券利用? 立川から20円区間 D券 »

切符(指定券関係)」カテゴリの記事

コメント

>首都圏ではこのA券タイプの指定券
常磐線の駅の例で申しますと、上野着対応となるA型券は結構設備があり、私の実家の最寄り駅では上野までの200km対応の券はA型でしたが、201km以上の区間を購入するとD型の準常備券で出されました。

>列車名が印刷されていない理由としては、急行「もりおか」が存在していたことによるもの
仰る通りと思われ、昭和57年に「もりおか」が廃止となった以降、一部の駅では「ときわ」が印刷された券が出ております。

>少なからず定期の需要があったのかも
友部に関しては、殆どがゴルフ帰りの旅客で帰りにグリーン車で一杯!てなところでしょう。たまに見かける券も殆ど乗車当日に発行されたもので、同駅では前売り発売されたグリーン券はあまり見かけません。

投稿: 菅沼天虎 | 2009年2月28日 (土) 22時41分

菅沼天虎様
私も首都圏発行のA券は数枚所有しておりますが、あまりA券を集めていなかったので、どの程度設備されていたのかが良くわからないのです。
常磐線でも勝田駅発行の「もりおか」のA券を所有していますが、地紋がオレンジ色のものですね。この辺りは追々アップしようと思います。

>殆どがゴルフ帰りの旅客で帰りにグリーン車で一杯!
なるほど!友部にはゴルフ場があるのですね。常磐線事情には疎いもんで、その辺りは知りませんでした。まさか「ゴルフ客用にグリーン車を連結していた」なんてことも無いんでしょうが、週末需要があったのですね。納得です。

前コメントで忘れましたが、乗り入れ「ときわ」のグリーン券、楽しみにしております。

投稿: キハ181つばさ | 2009年3月 1日 (日) 08時30分

当時のときわの編成を見ますと8~11号車が勝田回転のようですが繁忙期にはこれが勝田以北まで行っていたようです。
昔、もりおかに仙台から乗車した時11両で来たように覚えてます。
グリーン車の需要がどの程度有ったかは解りませんが勝田-上野間120km強の距離で2両というのも・・・。

昭和59年というともりおかはときわに併合された時代と思いますが結構平以北、相馬、仙台までのときわも多かったんですね。
原ノ町13.45分発だと旧もりおかのスジではないようですね。
もしかしたら相馬あたりまで普通列車のやつかも知れません。

この当時は普通車はときわ、ひたちとも結構混んでた記憶があります。

投稿: 金太郎 | 2009年3月 1日 (日) 21時37分

金太郎様
57・11の改正規模が大きかったので、後にどう引き継がれたかまでは分かりませぬ。
「ときわ」でも上野に顔を見せないやつもありましたし、分かりづらかったですね。もうちょっと列車名は整理して欲しかったです。
誕生時には期待された451系や453系グリーン車も、勾配抑速ブレーキ付きの455系が直ぐに出てしまって、サロ451の活躍の場がなくなってしまったようです。減価償却しないうちに捨てるわけにも行かず、無理に使っていたのではないか、なんて疑ってしまいます。

投稿: キハ181つばさ | 2009年3月 1日 (日) 23時34分

>友部にはゴルフ場
朝の友部駅では、上野からの「ひたち1号」や「ときわ3号」の到着する頃には、友部、笠間近郊のほか、栃木県の茂木あたりのゴルフ場の送迎バスがズラリと並んでおりました。

金太郎様が仰るように、多客期には付属編成を勝田で切り離さずに、平や仙台まで行っておりました。
勝田区の451系・453系の付属編成にもサロが組み込まれるようになったのは、昭和47年頃からで、当時裾に帯の入った60ヘルツ塗装のサロが組み込まれているのを見た覚えがありますが、昭和47年には山陽新幹線の岡山開業がありましたので、余剰となったサロが転属して来たのかしらん??

なお、「ときわ」が印刷された急行券・グリーン券についても、拙ブログでエントリしたいと思います。

投稿: 菅沼天虎 | 2009年3月 4日 (水) 00時03分

菅沼天虎様
なるほど、ゴルフ需要があるのですね。私は土浦より北で下車したことまるで無く、ゴルフもやらないので全然知りませんでした。
勝田に下帯入りのサロが居たというのも初耳です。国鉄時代は広域移動は茶飯事にありましたし、455系の場合は制御車のHz違いも影響ありませんので、十分可能性があると思いますね。

投稿: キハ181つばさ | 2009年3月 4日 (水) 22時27分

>勝田に下帯入りのサロが居た
当時は小学生でしたので、ヘンだな?とは思っておりましたが、帯の意味が判ったのはかなり後になってからの事です。現在なら所属や全般検査の表記がどうなっているか確かめたのでしょうが・・・

>「ときわ」が印刷された急行券・グリーン券
本日エントリいたしましたので、ご笑覧下さい。

投稿: 菅沼天虎 | 2009年3月 4日 (水) 23時27分

菅沼天虎様
知識が無い時は、今では必然的と考えられる行動も及ばないことが殆どでしょうね。それでも強烈な印象がいつまでも残っているのは、テツの血が濃かったということなのでしょうね(笑)。
後ほど拝見させていただきます。

投稿: キハ181つばさ | 2009年3月 5日 (木) 07時32分

「ときわ」にはお世話になりましたが、指定は1度も利用はなかったでした。
いつも自由席でしたから、自分の乗車の券はないです。
「ときわ」って小さい頃から乗った事がありましたが(田舎に行く時でもたま~にですが)この愛称名は好みです。

投稿: シービー | 2009年3月30日 (月) 22時39分

シービー様
夜行列車は別にしても、急行は基本的に指定を取らないのが普通じゃないですかね。私も田舎に行くときに東北急行に乗りましたが、1度も指定席なんて撮ったことがありません。急行料金が安かったので、指定を取って倍の料金を払うほどまだ豊かな時代ではなかったような気がします。

投稿: キハ181つばさ | 2009年3月31日 (火) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ときわ」 急行券・指定席券・グリーン券:

» 常磐線急行ときわ号 列車名印刷の急行券・指定席券と急行券・グリーン券 [菅沼天虎の紙屑談義]
度々引き合いに出させて戴いて恐縮ですが、キハ181つばさ様のブログ「マル鉄コレクション館 」の2月28日のエントリ「「ときわ」 急行券・指定席券・グリーン券 」にて、常磐線の急行「ときわ号」の急行券・指定席券と急行券・グリーン券がご紹介されておりますので、列車... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 23時15分

» 常磐線急行ときわ号 列車名印刷の急行券・指定席券と急行券・グリーン券 [菅沼天虎の紙屑談義]
度々引き合いに出させて戴いて恐縮ですが、キハ181つばさ様のブログ「マル鉄コレクション館 」の2月28日のエントリ「「ときわ」 急行券・指定席券・グリーン券 」にて、常磐線の急行「ときわ号」の急行券・指定席券と急行券・グリーン券がご紹介されておりますの... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 23時17分

« 時刻表ネタ 昭和55年 水郡線を走った急行「ときわ7号」 | トップページ | 廃札券利用? 立川から20円区間 D券 »