« 社線発行の自由席特急券:伊豆箱根鉄道 三島→150km | トップページ | 「大雪」:急行券・B寝台券 »

2009年2月12日 (木)

サボ 愛称板 「急行」&急行「津軽」

こんばんわ。

今日のネタはこちら。

Photo Photo_2

ある程度こうした部品を集めている人なら大概の人は持っていそうな急行のサボです。手に入れたのがもっとも古いので、買ったのか貰ったのかすら憶えていません。まだ中学になったばかりの頃ですかね。

質感は写真で表現しづらいのですが、ホーロー製と違って薄っぺらで軽い感じです。試したら磁石が付きませんので、アルミ製ではないかと思われます。

塗装の乗りが悪いらしく、キズが付いたところからパリパリと剥がれてしまい、保存が難しい代物です。

Photo_3

Photo_4

こちらは急行「津軽」に使用されていた愛称板です。これは中学1年のときに同級生から貰ったものと記憶しています。

前述の「急行」と同様のアルミ製で、製作時期が同じくらいのものと推測されます。

いずれも□尾久客の所属名が入っており、サボの運用が尾久持ちであったことが分かります。

貰った時点では、裏側に画用紙が当てられており、おかしいと思って剥がした結果、こんな状態になっていて非常にショックでした。火で炙られたようなコゲがあり、塗装もボロボロになっています。ホーロー製はこんな状態になることはありません。こうした安価な製法で製作されたものならではのお怪我ですね(笑)。

私が中学生の頃は、サボが一般的に販売されることはあっても非常に高価で、たいしたものではなくても1か月分の小遣いが飛ぶほどでした。タダでくれるくらいでしたから、同級生も余程気に入らなかったんでしょうな(笑笑)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« 社線発行の自由席特急券:伊豆箱根鉄道 三島→150km | トップページ | 「大雪」:急行券・B寝台券 »

鉄道部品」カテゴリの記事

コメント

アルミのでもプラスチックのよりいいような気がするけど、ここまで傷んでしまうとなると考えちゃいますね。
プラスチックのイベント列車記念サボでも、あれば嬉しいけど、やはり、見るからにチャチ。ほうろうのが一番でしょうか。

投稿: | 2009年2月13日 (金) 23時16分

舞様
やはり基本はホーロー製でしょうね。重み、質感が違います。でも、飾るんだったらプラスチックの方が軽くて安全です。
サボは適度な傷があった方が味があります。プラスチックだと、未使用はキレイ過ぎて、使用品はメチャクチャ汚いです。いずれアップしますけど。

投稿: キハ181つばさ | 2009年2月14日 (土) 01時34分

こういった愛称板も所持してましたが、全部売ってしまいました~。
アルミだと印刷されてるので、まだいいのですがプラだとやはえい味気ない感じでしたね。
客車のサボ受けに納まっている状態で、撮っておけばって思いますね。

投稿: シービー | 2009年3月12日 (木) 23時32分

シービー様
プラ製は汚れが酷いんですよ。それと、傷が付くんじゃなくて割れてしまうんですよね。使い古しだと結構悲惨な状態になっています。いずれアップしますけど。

投稿: キハ181つばさ | 2009年3月13日 (金) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社線発行の自由席特急券:伊豆箱根鉄道 三島→150km | トップページ | 「大雪」:急行券・B寝台券 »