« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »

2008年10月19日 - 2008年10月25日

2008年10月25日 (土)

「北陸」 特急券・急行券・寝台券・指定席券 いろいろ

明るさ的にはもう「こんばんわ!」でしょうか。
メッチャ暗い天気の1日ですね。

さて、本日アップいたしました特急「北陸」に関連したしまして、私のコレクションから「北陸」に関係するものを拾い集めてみました。

Photo_5A型 特急券・B寝台券

北陸地方では一般的なA券です。松任駅発行。この地域では常備券というのは見たことがなく、ましてA券だとまず存在していないのではないでしょうか。表示がゴム印で揃っているだけマシな方かもしれません。
金沢発の時間が21時00分になっており、現在の時刻と比べると1時間以上も早かったのですね。

Photo_6D型 準常備 特急券・B寝台券

西金沢駅発行の準常備式特急券・B寝台券です。北陸地方では珍しいのではないでしょうか?或いは、この国鉄末期の頃にA型から切り替わった可能性もあるのですが、他に北陸方面の寝台券をもっていないので詳細は分かりません。
金沢駅発が21時40分になっていますが、それでも現在より40分近く早い出発です。

Photo_7マルス券 B寝台券個室 

こちらは今年の4月に突如思い立って北陸に行ったときに使用した特急券で、往復とも個室が取れました。行きも帰りも同じ部屋番号です。到着した日に帰ってきたので、車両も全く同じでした。

Photo_8個室 カード・キー

そのときに乗った際に使用した個室キーです。キャッシュカード型ですが、厚紙で磁気を使用したものです。「北斗星」のカード・キーと同じタイプですね。
このようなカードは保存性も良く、記念として残るので良いお土産ですね。
往復して2枚あるべきところ、往きの分は大宮からの乗車前に盗まれたらしく、帰りの1枚だけになってしまいました。

Photo_9

A型 急行券・指定席券 「北陸1号」

こちらは急行2往復時代の「北陸1号」の座席指定券です。
上下1号は座席主体の季節急行で、B寝台と指定席・自由席のみの簡易な編成です。季節急行とは言え、オフシーズンの平日以外は運転されていたようです。
北陸地方では、昔からA券が多用されていたことが伺えます。
急行「北陸1号」は、後の上越線経由金沢行き急行「能登」の前身となった列車です。
※現在の「能登」は、信越本線経由の福井行き「越前」が金沢行きに短縮の上「能登」と改称、横軽の廃止と共に経由が上越線となったもので、血筋が異なるものと考えられます。

Photo_10

D型 準常備 急行券・B寝台券 「北陸2号」

こちらは定期寝台急行「北陸2号」のB寝台券です。D型準常備券で、北陸本線泊駅の発行。何故か発駅のみ常備表示となっています。

急行「北陸2号」はA寝台、B寝台、グリーン車で構成された全車指定の寝台急行で、現在の特急「北陸」の前身となる列車です。

昭和50年3月に20系化にあわせて特急列車に格上げ、全国的に廃止傾向にある寝台特急の中でも、後発の割りに長生きして今なお走り続けています。

| | コメント (0)

« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »