« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »

2008年9月7日 - 2008年9月13日

2008年9月13日 (土)

青春18のびのびきっぷ・青春18きっぷ

今日は撮影にも出掛けず、1週間の疲れを癒すためにメチャクチャまったりに過ごしています。

さて、この夏一連の撮影で「青春18きっぷ」をフルに使い、やっと使い終わりましたので、これにあわせて「青春18のびのびきっぷ」をご紹介したいと思います。

Photo_68

まずは、今夏使用した「青春18きっぷ」です。現在は殆どの駅でマルスが導入されていますので、発券機によるものが一般的です。一部発券機が導入されていない駅で印刷式のものが使用されているようですね。
昔の「青春18きっぷ」は、5枚つづりで1枚づつ使用することが出来たため、乗下車駅の違う仲間同士でも予め分けて使用することが出来たのですが、現在の方式だと集合場所まで別途負担になってしまうのが不便だし、損な感じがします。

Photo_69

こちらは国鉄時代に発行された「青春18きっぷ」です。
この頃は、発券機に企画切符を組み込むなど至難の業という時代ですので、周遊券とかも含めて印刷されたものばかりでした。
当時は未だ青函・宇高連絡船があった時代ですので、急行列車扱いであるホーバーには乗れない旨の記載があります。これも一つの時代表現になっていますね。

Photo_70

こちらは国鉄時代の発行ですが、「青春18のびのびきっぷ」となっています。
当時はラジオコマーシャルでも流されるほど力を入れた商品だったんです。昭和57年といえば私が国鉄に入社した年です。
どのくらいのときに「のびのび」が消えたのか記憶が定かではないのですが、使用されたのは比較的短い期間のようでしたね。窓口で言いづらいとかの事情があったようで、これに当時の国鉄が応えた形になったのでしょう。
これとは別に「18歳までしか使えないの?」という質問も多かったようです。


実のところ、私が購入した18きっぷは2回だけ。1度目はこの「のびのび」時代で、富山での撮影から飯田線に移動する際、この乗車券を使用した方が安かったので、わざわざ出先の富山駅で購入しています。要所で特急や新幹線も使ったので、ややお得な切符程度しか使っていません。
そして今回が2度目ですので、実に25年以上ぶりに購入したことになります。
これには、国鉄時代に職割が利くようになったことと、社会人になってそんなにノンビリした旅が難しくなってきたこと、そしてクルマでの撮影が多くなったので普通列車に乗る機会が減ったことにあります。

そんなことで、あまり使う機会が少なかった「青春18きっぷ」でしたが、ガソリン代の高騰や高速料金の負担増、単独行動による負担増、そして、駅撮りパターンが増えたための便利さなど、今年は鉄道利用を見直す良い機会だったと言えます。

| | コメント (0)

2008年9月10日 (水)

鉾田駅保存会発行 鉾田駅入場券

こんばんわ。
残業でへにょへにょなんですが、あまりにもアクセスが少ないので、この時間に一発投入します。

過去ログ『夏休み11発目 旧鉾田駅跡 ライトアップの夜』 http://diary.jp.aol.com/jzbrjvmab/932.html でご紹介のとおり、8月30日に鉾田駅保存会主催の夜間イベントに参加することが出来たわけですが、事前の告知のとおり、来場者には硬券入場券を模した切符が配布されました。

Photo_66 

これからのイベントの為に、数少なくなった乗車券類を印刷してくれる会社に発注して作って貰ったそうで、限りなく現役に近い形状・材質になっています。
さらには、小児用の入場券を作り分けているところはさすがですね。

無料で配布されるので、本来金額が表示されるべきところは「入場無料」、現在だと「当日1回2時間限り」となるところが「ごゆっくり車内をお楽しみください」という、鉄道業界には有り得ない暖かい言葉となっています。

Photo_67 

裏面は、何の変哲も無い普通の入場券ですが、番号はちゃんと連番を組んであります。
無料配布の記念券ですと、「SLみなかみ号」のように「51498」のようなシャレで済ませてしまえばコストも安くなりますが、カシテツを愛する保存会のこだわりが、この辺りも含めて溢れていることが感じ取れます。

配布する時にはダッチング(日付印)も入れてくれるので、訪れた日が記されて良い記念になります。

多分、この後のイベントでも配布してもらえる可能性が高いので、切符ファンの皆さんも含めて、イベントに参加されてみては如何でしょうか?

| | コメント (0)

« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »