« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月14日 (日)

新宿駅 お客様流動調査カード 解答編&前回との比較

昨日アップいたしました「新宿駅 お客様流動調査カード」クイズの解答編です。
沢山のご応募ありがとうございました・・・


って、たった3人かい!! 



いえいえ、携帯メールで1人の回答をいただいたので、計4人でございます。

もう皆さんお解かりですね。

Photo_21 湘南新宿「ライン」→「ランイ」になってになってしまっているんですね。
各配布場所によって記号が違いますので、配布したすべての版が間違っていたのかどうかは不明ですが、ちょっとヌケてましたね。

もう一つ、重箱の隅を突くような話ですが・・・

Photo_22お済」というのは人名だったらこれで良いと思うのですが、動作に対する呼称を丁寧語にしたわけですから、「済む」の活用で「お済」という具合に送り仮名があるのが正しいでしょう。


これだけでは1日置いた意味がありませんので、前回の調査で使われたカードとの比較をしてみましょう。

201210_2 平成20年12月10日配布分

200701 平成20年7月1日配布分

色は、今回がオレンジ色で、前回がピンクです。ただ、いずれも1箇所でしか貰っていないので、配った場所ごとに色に差があったかどうかは不明です。

たまたま今回は通った階段が違ったので、記号はもちろん違っています。前回と場所ごとに記号が固定されていたかは不明です。


記述で気になる点としては、前回は標題以外の場所の「新宿駅」という表記が「JR新宿駅」に改められています。新宿駅では、小田急電鉄と京王電鉄が連絡改札で結ばれているため、各社線に持っていって出す人が居たのかもしれませんね。「JR」だけで行っている調査であることを強調する必要があったのかと思われます。


もう1箇所違っていたのは、「埼京線・湘南新宿ライン・・・」の発着ホームの表現が、前回が「南行ホーム」であったのに対し、今回は「南行ホーム」に改められています。
実際の内部では「北行(ほっこう)」「南行(なんこう)」と呼ばれており、これがもちろん正しい表現であるわけですが、どうも一般のお客さんには理解し難い(漢字が浮かばない?)ようで、天下のNHKでさえも報道では「北行き」「南行き」と表現しています。


ちなみに、東京駅を中心として東京方面を「上り」、その逆方向を「下り」と表現するわけですが、東京駅を通過して発着する列車である場合には到着は全部「上り」、発車は全部「下り」になってしまうことから、混乱を避けるために別の表現をしています。

都心で言えば、京浜東北線が「北行(ほっこう)」「南行(なんこう)」、山手線が「内回り」「外回り」というように区別されています。


東京駅を通るわけではありませんが、湘南新宿ラインがスルー運転を実施するにあたり、やはり同じように区別が困難になってしまったため「北行(ほっこう)」「南行(なんこう)」という呼称を使うようになったようです。埼京線についても準じていると思いますが、私は新宿駅から北方面しか使用しないので、あまり意識したことはありません。


また、東京駅を基点としてスルー運転を行っている「横須賀線←→総武快速線」は、昔からの呼称が根強いためか、そのままの呼び名と「下り」「上り」の組み合わせで呼ばれているようです。もっとも、「南行(なんこう)」に対して、北ではない「東行(とうこう)」という言葉が対になっていないし、馴染みが無く言いづらいかもしれませんね。

| | コメント (0)

2008年12月13日 (土)

新宿駅 お客様流動調査カード エラーを探せ!

オハようございます。

今日は「EF55みなかみ」やらリバイバル「あまぎ」やらの撮影に出掛けている人が多いんでしょうね。私は風邪が完治していないし、明日は娘の水泳大会の送迎があるために、今日は十分に養生しようと思っています。それにしても、予報に反して天気が良くないですね。

さて、12月10日(水)に通勤の際、新宿駅でまた流動調査を行っていました。前回『新宿駅 お客様流動調査カード』でアップしていますので、これを参考にしていただくとして、今回はちょっと変わった趣向でご紹介します。201210

エラーを探せ!←威張っている訳ではありません。タイトルコールです。

余りにも簡単なんでヒントは出しません。解答とネタはまた次回ということで・・・。

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

急行「佐渡」:急行券・指定席券・グリーン券

こんばんわ。
今朝、せっかく早起きして記事をアップしたにも拘らず、強度の頭痛と身体のダルさに襲われて已む無く欠勤。夕方まで殆ど寝たきり状態。
暗くなってからとりあえず耳鼻咽喉科に言ってきたのですが・・・

鼻が炎症を起こしているようです。
喉が激しく膿んでいるらしいです。
癌の疑いがあるらしいです・・・

どうしましょ・・・

ということでネタです。

過去ログ http://diary.jp.aol.com/jzbrjvmab/715.html で上野~新潟間を走っていた急行「佐渡」の記事をアップしたことがありますが、当方で2枚だけ急行「佐渡」の指定券がありましたのでご覧下さい。

Photo_19

D型準常備式 「佐渡6号」指定席券

新前橋駅発行の準常備式急行券・指定席券です。主要記載事項はゴム印が用意されています。
特に変わった様式ではありませんが、国鉄末期の頃に用意されたもので、50kmの距離区分が加わっています。

Photo_20 D型常備式 「佐渡2号」グリーン券

こちらは与野駅発行の常備式急行券・グリーン券で、復路用に発行されたものです。
比較的遅くまで硬券の残っていた与野駅ですが、「六日町」や「佐渡 号」のゴム印まで常備されていたのは意外でしたね。時代背景的にも特急や急行の利用者がうなぎのぼりだった頃ですから、ゴム印常備は必然的措置だったのでしょう。

これら2枚とも上越新幹線大宮暫定開業後の発行のものですので、実質急行「佐渡」というのは時代的には亡き列車だった筈ですが、上野開業までの乗り換え不便対策として暫定的に残っていた時の列車ですね。

この頃も「急行列車」の斜陽化が始まっていましたが、今は全国でも片手に入るだけになってしまったというのも、当時では信じ難いことでしょうね。

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

オレンジカード 「プリンセス・プリンセス」 1990年

日曜でお休みなので、午後のネタ振りを考えていたのですが、午前中の町内会餅つき大会で疲れてしまったのか、それとも昨日のインフルエンザの注射の副作用か、非常に身体がダルくて思考能力も低下、準備ネタが沢山あるのに考えがまとまりません。

そんな中、先程Fe4メンバーのさんのブログを訪問したら、女性ロックバンドとして人気を博した「プリンセス・プリンセス」をご紹介されていました。

私自身、この頃は新たな音楽というのは開拓していなかったので、古い曲を聴き漁るだけのオジサンと化してしまっていたようで、「プリンセス・プリンセス」の曲自体はあまり知りません。ま、ボーカルの奥居香さんが俳優岸谷五郎さんの嫁さんであることくらいはもちろん存じておりますが・・・。

で、この記事を拝見して、むかし手に入れたオレンジカードを思い出したんで、早速スキャンしてみました。

Photo_18

発売は1990(平成2)年3月となっていますので、ちょうどバブル絶好調の頃でしょうか?私が27歳の頃で、プリプリが完全に定着してきた頃でしょうかね。実はあまり良く覚えていません。いつか価値が上がるだろと思って2枚買って取って置いたのですが、その後オレンジカードの乱発、さらにSuicaの導入などもあって、今やこのようなコレクションも原価割れの時代。そのうちホリデーパスとかの購入費として使われて、穴が開いて終わり!となってしまうんでしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
プリ・プリを応援します!

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火)

富山ライトレールもなか

先週になりますが、同じ係の女の子から帰郷土産といってこれを貰いました。

Photo_9

『富山ライトレールもなか』・・・そのまんまです。
7両くらいのセットで外箱に入っていて、それぞれの車体色が揃っています。
なかなかキッチリとしたデザインですね。



さすがに1人に7両セットは貰えません。(笑)
私はむらさき色の「しそ味」。カラーリングにあった材料や風味にしてあるようですが、他人に配られたのまでは探るわけも行かないので未確認です。

Photo_10 前面がボーン!と開き、中身を出します。
もなかはやや小振りですが、大雑把に電車の形をしています。
味の方は味覚音痴の私がお話することでもありませんので、直接お試しいただいたほうがよろしいかと思います。

ごちそうさまでした。

| | コメント (2)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »