« 2007年8月12日 - 2007年8月18日 | トップページ | 2007年9月2日 - 2007年9月8日 »

2007年8月19日 - 2007年8月25日

2007年8月22日 (水)

小田急電鉄「あしがら」号特急券:新原町田??

こんばんわ。

過去ログで予告していたことがあったのですが、小田急電鉄の特急券の中で、「あしがら」号だけアップしていなかったので、今回アップしたいと思います。

Photo_22 Photo_23

小田急電鉄の特急券は、愛称によって色が違うことを過去ログでご紹介しておりました。
この「あしがら」号と「さがみ」号が黄色地紋で同じものかと思ったのですが、並べてみるとかなり色が違うことが分かりました。口で言うのも非常に難しいのですが、「あしがら」号は明るい黄色で、「さがみ」号はどちらかというとオレンジ色と表現した方が良いかもしれません。

ここで注目していただきたいのは、何といっても発売駅・乗車駅が「新原町田駅」になっていることでしょう。
昭和2年に開設されたとき以来、所在地名から来る「新原町田」を名乗っていましたが、昭和51年に現在の「町田」に改名されています。私は東京都民ではありませんので、いつの間に名前が変わったのかよく分かりませんでした。まぁ、あまり興味も無かったのですが。

この特急券を手に入れたときは、昭和52年くらいのときの話ですから、そのような駅名の話には興味も無く、実は、このブログのためにスキャニングするとき、初めて気が付いたくらいです。(遅すぎる・・・○丁乙)
完全常備の印刷式でもありますので、同列車のコレクションとしては、これ1枚きりでも充分なものと思っております。

| | コメント (2)

2007年8月19日 (日)

「万博中央」駅発行:普通乗車券

いや~。今日も暑かったですね。昼間は何もせずにグッタリしていました。
やっと今、日が翳ってきて涼しい風が吹いてきたので、パソコンに向かい始めました。

以前、過去ログで昭和60年に開催された「科学技術博覧会(つくば万博)」に関する乗車券類をアップしていましたが、この度ひょんなところから普通乗車券が見つかりましたので追加でアップしたいと思います。

Photo_14こちらは「万博中央駅」の自動券売機発行の乗車券です。そんなに気をつけてみていなかったので、どのていどの範囲まで発売していたのか、自由席特急券や入場券類まで発行できる券売機だったのかまで覚えていません。
まだ自動改札機が普及していない頃ですので、裏面は白地です。
埼京線開業の頃にとって置いた券売機の乗車券は、あっという間の期間で表面の印字が消えてしまったのですが、この万博のものはかろうじて印刷が残っています。



Photo_15 こちらは有人窓口における乗車券発行機から発売された乗車券です。当時のメジャーな様式で、こちらも裏面は磁気対応になっておらず、白地のままです。
こちらの乗車券は何が付いたのか分かりませんが、指紋とともに茶色のシミが発生して悲惨な状態です。券面の表示も大分消えかかってきており、いつまで持つか不安です。



Photo_16 こちらは意味不明だった「万博中央駅改札」のゴム印を押したもの。用紙自体は券売機用のロール紙を切って使用しています。
おそらく、閉場の混雑時など、券売機・窓口の行列が捌けなくなったとき、「無札証明」として配布したものと思われます。地方の駅では「無札証明」を印刷常備したところも見受けられますが、万博中央駅では相当な数の券売機・窓口を用意していましたので、そのような準備はされていなかったことでしょう。場合によっては、想定外の事故(停電など)が発生したことも考えられます。かなり雑な切り方になっていることから、緊急対応だったことが覗えます。

| | コメント (0)

« 2007年8月12日 - 2007年8月18日 | トップページ | 2007年9月2日 - 2007年9月8日 »